煮込みは人生だ! 毎日を面白いばら色にする楽笑

人間、生きているうちが華 ・・・楽しんでこそ、人生です。 美味いものを、安く食べられるところを探します。

Firi Firi V3(札幌)

〒060-0032 札幌市中央区北2条東4丁目 
サッポロファクトリー二条館B1F

CIMG2942 2

◇ビール
CIMG2949 2

◇骨チキチキン950円
CIMG2953 2
辛さは、ちょい辛目の3を選びました。

スープカレーの場合は、ライスは右側に置かれるます。右利きの場合は、これをスプーンにすくって食べるですが、今日のは具だくさんでもあり、ライスが足りなく感じました。

CIMG2954 2
チキンレッグは、正々堂々と骨付きですが、よく煮込まれていて、肉はいとも簡単に骨からはずれました。
なす、ピーマン、パプリカ、卵、ブロッコリー、ポテト・・・すべてが美味いんです。

ここには「ラッシー」という一風変わった飲み物があります。

CIMG2959 2
インドでは、辛いものと一緒に飲むということですが、表面にシナモンパウダーのかかった乳酸飲料は、ヨーグルトといった感じでした。
※2014.6.10一部改訂 ※2015.7.19 改訂

【閉店】木多郎@横濱カレーミュージアム

!このお店は現在閉店しております。


桜木町の駅から、イセザキモールまで歩きました。橋の上からは、途中「ホッピー仙人」のある飲食ビルが遠巻きに見えました。このモールの入り口近く、有燐堂隣のビルに、このフードテーマパークがあります。
 

実は、ここへ来るのは、開業直後に来て以来のことで、本当に久しぶりです。行列に加わり、専用エレベーターに乗って、フロアへと向かいます。

CIMG2541 2

前回訪れた時と、かなり雰囲気が変わっています。開業直後は、女性はみんなアラビア風装束に身を包み、迎えてくれたものです。現在は、レトルトカレーがずらりと並ぶお土産コーナー「マサラヤ」に、わずかにその名残をとどめるのみです。
CIMG2548 2

店の構成もまったく変わっていました。よこすかカレーも今はありません。
CIMG2542 2

7Fは、屋台コーナーとなっていて、椅子とテーブルを囲むように店が配置されていました。
CIMG2544 2

久しぶりに、スープカレーが食べたくなり、◇「木多郎」のチキンカレー お試しセット600円を頼みました。
CIMG2545 2
中には、チキンとにんじんが入っていました。なかなかスパイシーでした。堅めのライスをスープにくぐらせ、口へと運びます。至福の瞬間です。
 

ふと周りを見回すと、縦に長いフラスコ状のものが見えました。どうやら「パウエルクワック」というオリジナルカクテルというらしいです。ベースボールカフェといい、高いタワー状のものは、見た目にウケルのです。


木多郎のを食べてから、8Fの「パク森」か「湘南カレー 紅」に行こうと思ったら、すでに、ここは行列が出来てました。20分待ちでしたが、次の予定があったので、この店を出ました。
 

エレベーターの前には、まだ長蛇の列が出来ていました。やはりここは、ラーメン博物館と並ぶ2大フードテーマパークなのは間違いないようです。

CIMG2549 2
※2014.6.1 一部改訂 
※2015.7.18 改訂

【閉店】 SPICE BOX(札幌)

!このお店は現在閉店しております。

ここは、初めての人には、なかなか見つけにくいでしょう。

まず、スガイ会館を目指して行き、すぐ横の小さな路地に入ると、夜なら看板が見えます。すぐ近くの階段を登っていくと、玄関があります。

CIMG0574 2

店の入り口です。奥行きが深い構造となっています。右手がカウンター、その隣が小テーブル。左手が座敷です。インテリアの民具が、エスニック気分を誘ってくれます。
CIMG0584 2

◇宇宙源水ナラ チキン 30番 880円

CIMG0582 2
サフランライスを、さじですくって、食べます。

一般的にはチキンスープカレーの場合、骨付きが多いようですが、この店は、チキン身だけが入っています。女性でも食べやすいことは間違いないでしょう。

CIMG0581 2

他には、玉子、ナス、パプリカ、ピーマン、にんじん、いんげんが入っています。白いのは、揚げた春雨? 分かりません。

旨味が凝縮された味わいが何とも言えず美味しくて完食しました。器がどんぶりなので、最後は行儀悪くどんぶりを持ち、最後の一滴まで飲んだのです。満足でした。
※2014.6.10 一部改訂 ※2015.7.18 改訂

【閉店】スカイホール レストラン531(札幌)

!このお店は現在閉店しております。


藻岩山展望台にあるレストランです。


CIMG0664 2
名前は、藻岩山の標高から、名づけたものであろう。玄関には、お年のボウイさんが正装していて、案内してくれる。たかが、展望台の食堂などと侮ってはいけない。

しっかりした接待術と料理が出る。スープカレーもあった。
自分は、小腹がすいたので、

◇生ビール(サッポロ生クラシック)500円と手作りポテト440円を注文した。


CIMG0662 2
ポテトは、ダイナミックなスライスで、大小さまざまなの大きさだ。 素材が良いので、とても美味かった。


大きな窓に面するようにして、座席が設けられている。また、階段を上がると、少し高めの席も設けてある。
夜になると、札幌の夜景を見ながら、ムーディーな雰囲気で、恋人同士が愛を語らいあうのであろう・・・と想像した。

もちろん、中年男子一人でも、十分楽しめるレストランである。

※2015.5.4 改訂 ※2015.7.18 一部改訂

村上カレー店 プルプル@札幌

札幌市中央区南2条西9丁目
011-272-1190


店の前には、既に行列が出来ていました。
地下にありますから、そこへと続く階段には、約20名弱の客が、今や遅しと待っていました。

CIMG0666 2
30分ほど待って、やっと店に入ることが出来ました。

入り口からすぐが逆L字のカウンターになっていて、右手が、小テーブル、さらにその奥がやや大きいテーブル席になっています。BGMには、レゲエの音楽が、流れ続けています。

◇キーマカレー 950円 辛さは5番です。

CIMG0667 2
中の具は、挽肉、ナス、ニンジン(これは半分にしたものがそのまま)、じゃが芋、グリーンピース、ピーマンです。

美味すぎて、言葉が出ないんです!


ハマるスパイスが確かにあります。並ぶ価値が必ずある。病みつきになったら最後、ここに通い詰めるでしょう。

ご飯は普通が270グラム。増減は出来るから、気兼ねなく頼むことです。

札幌市内には、スープカレーを扱う店が100件あるそうです。ここは、あるアンケートで一位になったという。自分も、喜んで一票を投じます。
※2014.6.10 一部改訂

※2015.7.17 改訂

自己紹介です。

趣味は、美味い煮込み探し、SF映画鑑賞、漫画を書くこと、園芸、テレビドラマ、80年代アイドル歌舞伎町定点観測、ご飯おかわり自由の店探しなど。 好きな言葉…根性 持ち歌…マジンガーz、オレンジの雨

飲酒開始まで、もうすぐだ!
ギャラリー
  • 毎年恒例の松茸土瓶蒸し@近くの築地日本海
  • 毎年恒例の松茸土瓶蒸し@近くの築地日本海
  • 毎年恒例の松茸土瓶蒸し@近くの築地日本海
  • 毎年恒例の松茸土瓶蒸し@近くの築地日本海
  • 毎年恒例の松茸土瓶蒸し@近くの築地日本海
  • 毎年恒例の松茸土瓶蒸し@近くの築地日本海
  • 毎年恒例の松茸土瓶蒸し@近くの築地日本海
  • 毎年恒例の松茸土瓶蒸し@近くの築地日本海
  • 毎年恒例の松茸土瓶蒸し@近くの築地日本海
ブログランキング、クリックしてね
メッセージ
記事検索
もしかして参考になるかも。
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ