煮込みは人生だ! 毎日を面白いばら色にする楽笑

人間、生きているうちが華 ・・・楽しんでこそ、人生です。 美味いものを、安く食べられるところを探します。

最高品質 樽生ホッピーをとことん堪能@ホッピーハウス 美好(住吉)

生ホッピーが飲めると聞いて、以前から行きたくてたまらなかったお店に、親友を誘って、ようやく訪問することが出来ました。
場所は、江東区扇橋ですが、一番近いのは、メトロ半蔵門線と都営新宿線が乗り入れしている住吉駅。ここから、徒歩で7分ほどです。
ホッピーハウス 美好
住吉 美好
ホッピーのファンなら、泣いて喜びそうな目を引く外観です。自分も、雨の中に、これを見た途端に、テンションが上がりました(^^)

縄のれんをくぐり、扉を開けると、そこは、落ち着く空間です。こういう雰囲気は、一朝一夕には出来上がるものではなく、貴重なものです。店内には、カウンターとテーブル席が備わっていますが、予約しておいたので、一番、いい四人がけテーブル席に着座出来ました。

壁一面には、多くの短冊が所狭しと貼ってあり、ノンベエの心をくすぐります。
IMG_1041 2

さっそく、 ◇樽生ホッピー(白) 380円(税込、以下同じ)で乾杯です。突き出しは、キャベツです。
IMG_1026 2
一口飲んでみると、これが、実に、素晴らしい樽生ホッピー! いろんな店で、生ホッピーを飲んでいますが、間違いなく、最高品質でした。口当たりが、実にまろやかで、ノドごしが抜群にいいのです。こういう良品で、友と語らえるなんて、もう、ただただ嬉しい限りです。同時に、この樽生ホッピーを、ぜひ全国のみなさんにも、飲んでいただきたいと思いました。

アテは、いろいろ揃っていますたが、400円台が中心で、気安い品ばかりです。
◇にんにくの芽レバー炒め 420円
IMG_1028 2
◇川えび 420円
IMG_1029 2
どちらも、ホッピーに合うアテです。美味い!

ここで、◇樽生ホッピー(黒) 380円 をおかわりです。何しろ、美味すぎるので、ぐびぐび飲んで、すぐにジョッキが空になるのです。
IMG_1032 2

◇ゲソバター 400円 半生っぽい食感が心地よく、塩味が程よく効いて美味い。
IMG_1033 2
◇牛もつにこみ 400円 元にこけんですし頼みました。下町の食べやすい煮込みです。
IMG_1038 2

◇樽生ホッピー(ハーフ&ハーフ) 380円 ここには、この品まであるのですから、すごいです。
IMG_1036 2

◇ポテトフライ 400円
IMG_1045 2

楽しく語り合うと、ホッピーも、おのずとすすみます。一杯380円という気安さもいいし、女将さんの接客も最高なので、ここから、バンバンと、ホッピーを追加注文しました。親友も、この美味さが気にいってくれて、良かったです。

結局、二人で、計12杯くらい飲んだのではないでしょうか? 気持ちよく酔っ払っていたので、正確に覚えていません(^^;)

まあ、とにかく、楽しくて仕方のない、特に、ホッピーファンならば、ぜひ、足を運ぶ価値のある素晴らしいお店でした。会計は、ひとり 5000円ほど。あー美味かった。ごちそうさんでした。 また、行きたいお店です。

店のすぐ目の前は、バス停となっていて、住吉駅は、ふたつ目、錦糸町駅まで 四つ目で着きます。次回は、このルートを逆にして訪問すれば楽です。
結局、錦糸町駅まで行って、総武線に乗って、帰宅しました。いい夜になりました。

美好居酒屋 / 住吉駅菊川駅

エビ天むすもホタテ、カニも美味い

アトレ吉祥寺にある、おむすび屋「百千」で、買ってきたこのエビ天むす 280円(税込)
IMG_0910 2
店員のオネエサンが「しっぽまで召し上がれます」とアドバイスしてくれました。

これが本当の海老反りです(^^)v
IMG_0911 2
お米も、モチモチしていて、とっても、美味いです。買ってみる価値は、十分あります。

また、これは別の日に買ってきた吉祥寺某スーパーの弁当
IMG_0947 2

IMG_0949 2
酢飯に乗ったカニ、タレに漬け込んで煮てあるホタテ(キモ、ヒモ付き)が、またまた美味いです。 

美味いものを食べていると、幸せになります。同じものばかり食べるんじゃなく、いろんなものを食べてみるのがいいと思います。

きりたんぽ鍋が美味い。   面白い番組2つ

家族のひとりが、秋田に行ってきて、その土産として、きりたんぽセットを買ってきました。
きりたんぽを食べたのは、かなり前、赤坂見附「稲庭」のこと。それ以来です。
IMG_2097 2
当時5000円コースの最後に出されたのが、きりたんぽ鍋で、めちゃくちゃ美味かったのを覚えています。今は、同じ内容のコースなら、7000円します(^^;)

それはともかく、ワイフがいろいろ具材を用意してくれて、食べることにしました。
IMG_0920 2
これが、まためちゃくちゃ美味かったんです。酒は、ホッピー、続いて、芋焼酎を合わせました。

一緒に買ってきたのが、お寿司
IMG_0922 2

この鰯の寿司が意外に美味かったです。
IMG_0925 2
やはり、生きている以上、美味いものを食べておかねばなりません。



超能力ファミリー サンダーマン seazon 2 が、いよいよ、始まりました。

前シリーズが終わった時は、とても寂しかったんですが、新シリーズを見て嬉しくなりました。
あの面白い家族が帰ってきたという気がしたのです。

このドラマは、脚本が実に素晴らしいものです。笑いの種が随所に散りばめられていますが、決して押し付けがましいものではないのです。

本人はいたって真面目だからこそ、しでかすヘマが余計におかしく思えるんです。

日本だって、面白い番組があります。
 
となりの関くんとるみちゃんの事象 が結構いけています。

「となり・・・」の方は、あの清水富美加さんが、朝ドラ「まれ」とは全く違うメイクで出ていますが、これからしておかしいし、「るみちゃん・・・」は、トミタ 栞さん演ずるるみの的外れの言動がとてつもない可笑しさです。笑い転げます。

探せば、いろいろ面白い番組があるもんです。

仮面ライダー味噌、 映画館のビールの値段考

先日、池袋にある宮城ふるさとプラザに行ってきました。
アンテナショップですが、最近、リニューアルしたそうです。そういえば、以前は一階店の奥が牛タン屋さんだった気がします。
IMG_0828 2
その場所には、日本酒や名産品が並んでおり、酒飲みには、嬉しい造りになっています。
というわけで、酒のアテを隅々まで見て回りますが、美味そうなものばかりで、目移りなどがしてしまいました。

そこに、ぽつんとあったのが・・・ 仮面ライダー辛子味噌 324円
IMG_0863 2
石ノ森章太郎先生のふるさと登米で作られたものです。
さあ、これに合いそうな日本酒を買ってきて、ちびりちびりやりましょうかね。


九州にいた時の大きな楽しみと言えば、映画でした。デートには、必ず、組み入れておりましたし、ひとりでもよく行きました。

一人で行く時、必ずといっていいほど、売店で買っていたのは、"ビール"と"さきいか"でした。これがないと、なんか物足りなく感じたのは習慣というか儀式になっていたせいでしょう。

当時は、まだ自由席が主流で、たまの平日夜の回には、500席の劇場に、客が3人ということもありました。

こんな中で見た ゴジラは 怖かった です。

■映画館でのビールというもの
最近までは、缶ビールを除いては、500円が標準だったんじゃないでしょうか? ワンコインというのが潔いものでした。

ところが、先日、TOHOシネマズ新宿のコンセッションを見ると、生ビール720円でした。ちなみにメガサイズというのもあって、こちらは 850円でした。長年のデフレに慣れきっていたせいか、どうもこの値段が割高に感じてしまいました。 新宿だから特別な値段設定かどうかは不明です(^^;。

最近は、館内上映中には飲食しない主義なのですが、これは映画に集中するためです。
ですから、買って飲むという点では、値段は関係なくなったわけですが、もともと、売店のメニュー自体を見るのは大好きです。 ホールで、入場前の待ち時間を利用して、コンセッションのパネルを眺めています。 

ビールの値段がどうのこうのとかは、シアター9 にあるプレミア ラグジュアリー シート(3000円追加料金)にいるお方なんかは、どうでもいい些細な話なんでしょう。

・・・・・ファーストデーとかTOHOシネマズデーとかで映画を見る自分はそう考えたのでした(^_^;)

映画「TED2」の前に、もやしラーメンとビール@ラーメン小次郎(歌舞伎町)

毎月1日は、ファーストデーです。それならと、マイシアター、TOHOシネマズ新宿で「テッド2」を見ることにしました。上映開始までは、2時間もの時間がありましたので、まずは、歌舞伎町定点観測を少々やりました。

おっ! 歌舞伎町一番街、俺のイタリアンKABUKICHOの隣に、一軒め酒場が出来ています!
IMG_0873 2
今年7月8日に出来たそうです。朝10時まで営業っていうことは朝飲みも出来ますから、いいですね(^^)

旧ミラノ座の前に、オープン直前のAPA HOTEL 歌舞伎町タワー(仮)
IMG_0879 2
よくぞ、あの敷地内に、こういうタワーを建てられました。感心です。

この時点で、まだ、1時間半くらいあり、腹ごしらえをすることにしました。場所は歌舞伎町で、怖いというイメージがありますが、エリアを選べば大丈夫です。
今回は、百人が百人、絶対的安全を信じて疑わない店です。何しろ、交番の真ん前なんです。日本広しといえども、こんな安全な中華料理店はないでしょう。店の中からは、赤い門灯が見えます。

ラーメン小次郎
IMG_0881 2
この店は、比較的大箱ということもあってか、隣のテーブル席では、合コンなんかも行われていました。羨ましい限りですが、お一人様は、カウンターへ案内。ところが、ここが塞がっており、四人がけテーブル席を案内された次第です。こちとら、1時間は長居する身の上で、嬉しい半面、なんか悪い気もしました。

まずは◇瓶ビール 520円(税込) ここらあたりじゃ、良心的な価格で、しかも、赤星。何も言うことなしです。本当に美味いです。映画が控えているのを忘れそうになりました(^^;)
IMG_0889 2

映画の前に、飲み過ぎ食べ過ぎると、自分の場合、寝る確率、ほぼ100%です。ですから、麺類に決め、ここから、大好きな◇もやしラーメン700円にしました。手際がいいので、あっという間に、供されました。美味いものは、見かけがいいものです。今回も、艶やかな姿です。
IMG_0890 2
サンマーメンと違い、餡にトロミがありません。具の種類は、もうやし、人参、玉ねぎ、にら、きくらげ、そして豚肉です。700円でこの内容なら満足です。

麺の箸上げです。
IMG_0895 2
麺自体ももちもちしているんですが、これにスープが、絡んでくるので、ずっしりとした重量感があります。食べごたえがあります。

スープはさらさら醤油ベース、これに鶏がらスープが加わったもので、味わい深いです。
IMG_0897 2

探っていくと、豚肉を見つけました。もやしラーメンでも、これがあるのとないのとでは大違いです。
IMG_0899 2
入店前は、軽くラーメンでもと思っていたですが、予想以上のボリュームでお腹が膨れました。大満足です。正直、食べすぎた感もありました。 ここで、時間を調整するのに都合のいいカウンター席へ移動、上映開始30分まで店内におりました。


さあ、劇場へ行きましょう。 テッドが出迎えてくれました。
IMG_0901 2

IMG_0906 2
期間限定で、TEDシネマレージカードを発行していました。欲しかったです。

館内は、平日ながら七分の客入りでした。客層は男女同じくらいで20から30代が多数派でした。
 
この映画のスタートからして、驚きました。度肝を抜くようなミュージカル仕立てで、観客の目をすぐに釘付けにする手法は、インディージョーンズ魔宮の伝説みたいです。テンションも上がります。さすが大ヒット映画は違います。

本編に入るやいなや、一転して、これって大丈夫なの?という下ネタの炸裂。これが、陰湿に感じられないのは、テッドや取り巻くキャラあってこそでしょう。ハチャメチャな展開は、その後も続き、子供を作れない身のテッドは、優秀な遺伝子を求め、大胆な行動を起こすのですが、これも笑えます。

テッドが人間かどうかの裁判が行われた一番大事な場面あたりでのこと。

あろうことか、なんと、急にお腹の調子が悪くなってきました。先ほど、小次郎で食べ過ぎたせいだったのでしょうか。
こらえきれず、席を立ち、やっと戻ってきたら、コミコンのシーンになっていました。

ここからが一番いいところ。間に合ってて良かった。いろいろな有名キャラを茶化しているので、いいんだろうか?と考えましたが、これは洒落で済ませましょう。

クライマックスで、テッドの大活躍もあり、ハッピーエンディングとなり、テッド夫婦は養子をもらうことに。そこで、小さいテディーベアを送るのですが、これは、タブン、次回作 TED3 の布石ではないかと思わせるようなものでした。考え過ぎかもしれませんが、これだけ人気があるのですから、続編もありうるでしょう。

この日は、いろいろあったけど、終わりよければ全てよし。面白い一日でした。 次回からは、映画前は、軽食で済ませようと思い、床につきました。
自己紹介です。

趣味は、美味い煮込み探し、SF映画鑑賞、漫画を書くこと、園芸、テレビドラマ、80年代アイドル歌舞伎町定点観測、ご飯おかわり自由の店探しなど。 好きな言葉…根性 持ち歌…マジンガーz、オレンジの雨

飲酒開始まで、もうすぐだ!
ギャラリー
  • 毎年恒例の松茸土瓶蒸し@近くの築地日本海
  • 毎年恒例の松茸土瓶蒸し@近くの築地日本海
  • 毎年恒例の松茸土瓶蒸し@近くの築地日本海
  • 毎年恒例の松茸土瓶蒸し@近くの築地日本海
  • 毎年恒例の松茸土瓶蒸し@近くの築地日本海
  • 毎年恒例の松茸土瓶蒸し@近くの築地日本海
  • 毎年恒例の松茸土瓶蒸し@近くの築地日本海
  • 毎年恒例の松茸土瓶蒸し@近くの築地日本海
  • 毎年恒例の松茸土瓶蒸し@近くの築地日本海
ブログランキング、クリックしてね
メッセージ
記事検索
もしかして参考になるかも。
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ