ここのホッピーは、一風変わっている。

みかげ メニュー第一に、
巷間で「白」と呼ばれるホッピーを
「赤」と言う。

最初は、
「赤にしますか?黒にしますか?」
と聞かれ、戸惑ったものである。

この赤ホッピーとの呼び方は、噂に聞いていたが、埼玉・上尾で存在していたのである。


みかげ ホッピー第二は
ホッピーのサーブされる方法だ。
これも、初めての経験であった。

カウンターの上に並ぶのは、この
三つである。

これを、ぼくは
TWO-STEP HOPPYと命名した。

ホッピーの人気の理由は、飲み手がひと手間かけるところにあると思う。
カレーライスのルーと同じで、主導権が自分にあるのである。
自由に調整できるのが良い。

そういう点から言えば、ここのホッピーは、ふた手間かかるわけだ。
裁量権が大いに増すのである。


後回しになったが、モツ煮込み 380円も頼んだ。

みかげ 煮込み

みかげ 煮込み2

 

 

 

 

 

 

味噌の風味は香ばしく、下町より濃厚な感じである。
それでいて、あっさりした汁に、しろモツがたっぷり入っている。
下のほうには、大根やにんじんがあるがこれは少なめ。
こんにゃくは、細切りになっている。