当ブログの人気記事です。
レディース居酒屋「湯」を出た後は、成り行き任せです。このあたりは、フーテン、一人身のゆえ、誰に気兼ねせずにすむ気楽さのたまものです。
わずか、数十歩すすむと、こういった風景に出くわしました。

CIMG3548 2
女性のいるところに行くには、まだ酔いの勢いが足りません(;´Д`)
・・・それならと、10年ほど昔には決してなかった、こじゃれた鹿児島の立飲み屋へ入ります。

立ち呑み酒場 竿どん
CIMG3536 2
中に、足を一歩踏み入れると、渋いカウンターがあって、先客4名が飲んでいました。
カウンター内は、先ほどのレディース居酒屋とは、うって変って真反対の男の世界です。イケメンぞろいです。

まずは、◇巨峰サワー320円からのスタート(写真クリックで拡大)
CIMG3537 2
こういうジュース系が大好きです。

何か、つまみを探しましょう。
フードメニュー(写真クリックで拡大)
CIMG3544 2
串揚げから、おでん、一品料理・・・なんでもござれのラインナップは素晴らしい。

今回は、軽く食べようと思い、◇サラミとキューリ 320円を注文。
店の人が目の前で作ってくれるのですが、やたら量が多いので、他の人も注文したものも一緒にと思い込んでいたら・・・
一人前でした\(◎o◎)/!
CIMG3542 2
ホントに食べごたえあります。
CIMG3543 2
つまみが余ってしまうと困るので、ここいらで、焼酎を注文。
これも驚きの安さです!! (写真クリックで拡大)
CIMG3540 2

◇三岳のロック 250円  お湯割りと違った美味さがあります。
CIMG3545 2

つまみを食べたら、長居は無用です。この次も控えていますからね。

「お勘定 お願いします」

890円です。

( °O °;)エッ!!

そうなんです。ここの値段は、なんと、税込みだったんです。この安さには、オドロキです。

三岳は、有楽町某居酒屋では、一杯900円したりもしますから、それを考えると、東京なら、全部で二倍近くかかるのではないでしょうか? ここでの滞在時間は、30分ほど。

さあ、次はどこに行きましょう。

※2014.11.8 一部改訂  ※2015.3.17一部改訂

2015年1月にも再訪

相変わらずの大盛況です。 店内も満員でした。
IMG_7651 2

この日は、2人の店員さんが、休む間もなく、忙しく仕事をしていました。
前も紹介しましたが、おつまみメニューは手がこんだものが多いからなんです。時間がかかるのも仕方ないです。

結局、 ◇三岳のお湯割り250円だけを飲みました。
IMG_7652 2
せっかく鹿児島に来たからには、プレミアム焼酎を飲まないと損をする気がするんです。

この日は、三次会に行こうか迷いましたが、オ〇カーのネオンも消えているし、ロ〇ールは閉店しているみたいだし、暖〇もクラブから業態変えたみたいだし、結局、ホテルに戻ることにしました。

※2015.3.17 追記
※2015.6.3 改訂