吉祥寺で好きな小路があります。名前が付いているかどうかは知りませんが、ここには、ホープ軒とアリババが仲良く並んでいます。
CIMG0341 2
ホープ軒は、有名なラーメン屋、アリババは、知る人ぞ知る大人の店です(^^)

吉祥寺が、オサレになっていくのは構いませんが、一方で、こういう場所もしっかり残していくのも大事なことだと思うのです。

ここを通り抜けて、向かった場所というのは、伝説のすた丼 吉祥寺店。消費税増税後初めての訪問になります。

CIMG0342 2

ヨドバシ手前の横断歩道を渡らなければならないんですが、待ち時間は、結構長いです。腹が減っているから余計長く感じるのかもしれませんけど。

CIMG0343 2
階段を上った先は、ガッツリ系男子の聖地です。ここで、お一人様女子を見たことはありません。

メニューは一新されています(写真クリックで拡大)。

CIMG0344 2

こんな期間限定モノも、ありました。
CIMG0345 2

でも、やっぱり、ここで注文してしまうのは、◇ピーカラ丼(飯大盛りサービス)720円
CIMG0346 2
実は、この味、35年前の大学時代、近くの喫茶店で出ていた焼肉丼(当時、500円くらいだった)によく似ているのです。大学生協食堂の定食が、200円前後の時代のこと。アルバイト料が入った後などの懐が温かい時しか食べられない贅沢な一品だったのです。

ですから、これを食べるたびに、若かったころを思い出すのです。ビンボー話を、言い出せばキリがないので、ここらでやめときます。
CIMG0347 2
こういう食べ物は、ワシワシと食べるのが、正しい食べ方です。

店中央の島状テーブルで食べるのが好きですが、相手の顔が気になる方は、壁際のカウンター席がいいでしょう。思う存分、がっつけます。
次回は、新メニューに挑戦したいと思います。
※2015.7.18改訂