この日は、かねてから、食べたかったゴーヤチャンプルーが目的で、沖縄料理「琉歌」 に向かったのですが、ランチがあるのは、土日のみということでした。うかつでした。

どうしよう???

胃腸は、すっかり、ゴーヤ受け入れ態勢万全だったので、コッテリ系は、NGです。
ならば、麺類にしましょう。

あまりに暑くて、うろつくのも、だるいので、気になっていた店に行ってみることにしました。

 ぶぶか 吉祥寺北口店 武蔵野市吉祥寺本町1-7-1
CIMG2854 2
特徴ある名前だけに、知ってはいたんですが、入るのは、今回が初めて。油そば初心者としては、緊張します。

店に入るや否や、強烈な冷気が、体を襲ってきました。実は、この時、薄手の半そでシャツ一枚を着ていただけだったのです。

うー 寒い!{{{{(+ω+)}}}}

ようやく着座出来たカウンター席の体めがけて、エアコン吹き出し口から、猛烈な冷風が容赦なく吹きつけてきます。

車で例えるなら、まるで、空冷システムのラジエターのように、両腕から、熱が奪われていくのが分かります。体の芯まで冷えてしまい、辛くなりました。

しかし、席の移動は、ままならない中で、じっと耐えるしかありません。ましてや、店を出るわけにもいかず、とにかく、注文して食べなければなりません。

油そばください!

目の前には、このような貼り紙があります。油そばの食べ方指南書です。
CIMG2839 2

予習をした上で、体を丸め、待っていると、届きました。
◇油そば 630円
CIMG2843 2
麺と具(ナルト、チャーシュー、メンマ、海苔)が、綺麗に整えられた外観です。

これを、マイ箸で、よくかき混ぜて、わざわざ、ぐしゃぐしゃにするわけです。
CIMG2845 2
納豆を食べる時の快感に似ています。

まずは、そのまま、食べます。
c497224d
多加水麺なので、もちもちしています。これに、辛めの醤油タレが、絡まってきます。最初に、口に入れた食感もいいし、のど越しもいいので、すんなり胃に収まり、美味い!

ラー油をかけると、また美味い
CIMG2850 2
次に、お酢をかけました。 油そばというものは、自分なりのアレンジが出来るところが、魅力ですね。

あー それにしても 寒い!
中年になって、さらに、寒さに弱くなっています。

次に、チャーシューをやっつけましょう。
CIMG2852 2
油が、たんまりと絡まった姿が、何ともセクシー。もちろん、美味い!
これから、超特急で、麺を平らげました。ごちそうさん。

今回は、寒さのために、ゆっくり味わう余裕がなかったので、次回からは、上着持参で参ります。
※2014.11.14 全面改訂 ※2015.8.1改訂