【!販売終了しています】

今年の紅白歌合戦のサプライズは、中森明菜というもっぱらの噂です。

マスコミに姿を現さないのにもかかわらず、CD発売すれば売れるし、また、パチンコ台でも人気を博しているわけで、これはすごいことでしょう。

個人的に言うと、「トレシーハイド」「ノラミャオ」と同じくらい好きな女性です。

彼女の40代最後の年越しの夜の姿を楽しみにしたいものです。



この日の吉祥寺は晴れ。数日前の厳しい寒さからは、幾分解放されました。
CIMG0002 2

まだ、何を食べるか決めていないので、ブラブラして、適当なところに入りましょう。

小さい路地というのは、面白いものです。
CIMG0007 2

ここにあるのが、
大戸屋 吉祥寺店
CIMG0009 2
大戸屋の大きな置き看板がなければ、見過ごしてしまいそうな、多少不利な立地にあります。

階段を降りて、地下一階がお店の入り口です。
CIMG0012 2

意外にも、店内は、ゆったりとした造りになっています。
好きな席にお座りください・・・とのことで、お言葉に甘えて、四人掛けテーブルに陣取りました。

この店で大好きなものと言えば、チキンかあさん煮定食なのですが、たまには別のものにしてみようと思いました。

やはり、店のチャレンジメニューというのは気になります。
好評であれば、レギュラーになれるかというような野球のテスト生みたいなもんです。

今回は、大戸屋の本分、和食からかけ離れたものを試します。

◇大戸屋仕立ての鶏と野菜のグリーンカレー鍋定食(ご飯大盛り無料) 898円
CIMG0014 2
土鍋に、ぐつぐつと煮えたぎる状態で供されます。

猫舌でない身でありますが、さすがに、このまま食べると、やけどは必至ですから、少し冷ましていただきます。

CIMG0017 2
他のタイ料理店では、小さい器で供されることが多いのですが、今回は、大きな土鍋での提供。
量的には、そんなに変わらないでしょう。
鶏肉、なす、じゃがいも、パブリカ、ピーマンが入っています。

パクチーは、別皿です。全然気になりません。
CIMG0018 2

お味の方はと言いますと、まさに、ゲーンキョウワン。ココナッツミルクも入って、あのスパイシーさも再現されています。
CIMG0021 2
これを、ジヤポニカ米と一緒に食するわけですが、この辺は、和風といっても良いでしょう。

中盤戦に、パクチーを一気に投入です。
CIMG0022 2
緑が映えますね。

もったいないので、最後の最後まで、掬って食べました。ご飯には、備え付けのゴマ塩をかけて。
CIMG0024 2

あー美味かった。ごちそうさんでした。

それにしても、大戸屋さん、どうして、このようなタイ料理を出そうと思ったのでしょうか?

ブロガーとしては、ネタが出来て有難かったんですけどね(*^о)ゞ