いよいよ、17日午後3時から、吉野家の牛丼が値上げされました。
並盛300円から380円へ。約三割の値上げは、かなりインパクトがありますね。

今回は値上げが見送られた牛すき鍋膳に割安感が出ました。もっとも、この品だって来年は700円台、もしかして800円台になるかもしれません。怖いです(ll´д゚ノ)ノ

今年は、まだ一回しか食べていないので、今のうちに、食べておきたいものです(。-∀-)ニヒッ



この日の吉祥寺は、雨のち曇り
CIMG0054 2
冬は、こういったぐずついた天候が多い気がします。

元気をつけようと向かった先は、ちょうど1年ぶりになる
麺屋武蔵 虎洞  前回の記事は、こちら
CIMG0055 2

消費税増税をはさんで、どう変わったのかと思いつつ、眺めてみると、大きく変わっていたのがシステム。
CIMG0076 2

つけ麺 同料金!!
特盛 1キロまで スープ一杯までおかわりできます!!


これは、ものすごいサービスです。前回、麺の量が足りなくて、泣きの目を見た身には朗報です。

※券売機(写真クリックで拡大)

ちなみに、これが、2013年12月のもの(写真クリックで拡大)
ずいぶん、メニューが絞られました。

この日は、ヘタレで、一番人気メニューはやめました。

◇角煮つけ麺 大300g 850円(あつもりにするのを忘れました)
CIMG0060 

トッピングは、角煮、穂先メンマ、海苔 
CIMG0061

前回と同じ「大」なのに、今回の方がボリューム感があるように思えるのは、麺の太さと加水率が違っているからでしょう。
CIMG0066
このつけ麺のつけだれは、あっさりとしていて、ドロリと麺にまとわりつくことはありません。
だから、さっさと食べたい派の人にはいいでしょう。

角煮は、この店のウリでもあるわけで、好き好きは分かれるところ。
CIMG0065
チャーシューの方に慣れている身としては、どうもしっくりこなかったけど、それはそれで美味いです。

最後は、卓上のポットで、スープ割を作って、飲みました。
CIMG0069

ここで、昨年のつけ麺と自分なりの比較をしてみました。

麺は、より太く平らに、スープの濃さは、あっさり目に、角煮は、幾分、ぶ厚くなり、新しく、穂先メンマが乗るようになりました。

"つけ麺"と言っても、別物と呼んでもいいでしょう。もちろん、好き好きがありますから、評価はわかれるところでしょうが、自分は、前の方が好みでした。

注文システムも、麺やスープの味も、絶えず、変えていくというのが、この店のモットーなのでしょう。
今後も、注目していきたいものです。ごちそうさん。
CIMG0067