NHKで放送されている「ちゃんぽん食べたか?」を知ったのは、最近のこと。民放ドラマばかりチェックしていたせいです。

このドラマは、さだまさしさんの自伝をドラマ化したもので、主人公を演じているのは、
菅田 将暉(すだ まさき)
さんです。髪を長髪にしての熱演にはみいられます。
そして、長崎にいる父親を演じているのは、遠藤憲一さんです。こわもてながら、優しい性格です。

さだまさしさんのライブに毎年行っているワイフは、ドラマのストーリーの大半は知っているそうですが、自分は、初めてなので、極貧生活を送りながら、苦悩の日々を送っていたことに感銘を受けました。

まあ、そういうことはともかく、

先週、テレビ朝日で始まった新番組「民王」を見て、驚きました。

この中で、先ほどの「ちゃんぽん・・・」と同じく、
菅田 将暉さんと遠藤憲一さんが親子を演じているのです。

同じクールで、テレビ局は違えど、こういうことは、異例ではないでしょうか? 企画の段階で、キャストが決まり、ほぼ同時にドラマ撮りをしていたかどうかは分かりませんが、いささか、頭が混乱してしまう自分であります。

「民王」の筋は、昔からよくあるニンゲン入れ替わりものです。そうして、総理大臣の親とお気楽な息子が、お互いの立場になって、難問に立ち向かっていくわけです。

こういうドラマは、片手に、焼酎のグラスを持ち、見るのがいいと思います。

元の話に戻りますが、親子配役かぶりは、この二人は、今や、ドラマに欠かせない俳優だから起きたこその出来事でしょう。たまたまかどうか、クールもかぶってしまったわけですね。




「戦後70年 一番電車が走った」というNHK番組の予告がありました。

阿部寛さんに引き続いて、堂々とクレジットされていたのは、黒島結菜さん。
今年だけで、6本の映画に出演するというとても勢いのある女優さんですが、これほど、活躍するとは予想以上でした。

映画だけでなく、NHKでは、朝ドラ「マッサン」を始め、今の「花燃ゆ」では、高杉晋作の妻を好演しています。
そして、今回の「一番電車・・・」では、ヒロインとなったのです。どんな役柄でも、きっちりと演じられるというのは才能です。

この大出世には、本当に驚きます。同時に、嬉しくもあります。
実績を重ねて、大女優になることを期待するものです。