先日の「吉田類の酒場放浪記」で、生ホッピーが飲めるという店が放送されており、生ホッピー愛好家としては、いてもたってもおられず、さっそく行ってきました。

場所は秋葉原、10年ほど前は、カプセルホテルに寝泊まりしていた場所でもあります。久しぶりに行ったので、迷ってしまいました。スマホが調子悪く、ナビが出来なかったせいもあります(言い訳がましいですが)。

ようやくたどり着いたのは、とり善
IMG_0101 2

入店時、一人ですと伝えると、カウンターを案内されましたが、肥満体にとっては、窮屈でした。
さあ、気を取り直して、生ホッピーを注文です。すると、「ナカはキンミヤでいいですか?」と聞かれ、もちろんそれにしました。

◇キンミヤ200mカップ 400円?が出てきて、客は、ホッピータンブラーに好みの量を入れ、店員さんに手渡すと、このサーバーに生ホッピーを注いでくれるという未だかつて経験したことのないシステムです。
IMG_0106 2

IMG_0136 2

これが、星二つ分、110mlのナカを入れて作ってもらったものです。
IMG_0107 2
いつもながらのまろやかな口当たりは、信頼の証です。美味すぎて、ぐびぐび飲んでしまいます。

◇お通し は、海藻の和え物というかお浸しです。ひじきとか、もずくに比べ、馴染みがない初めてのものをしみじみ食べました。
IMG_0110 2

間もなく、 ◇Bセット 750円が登場。焼き物です。
IMG_0119 2
左から、つくね串(160円)、しそ巻、チーズ巻、ぼんじり(各200円) ()は単品価格ですから、10円の得。最近、 10円ずつ値上げしたらしいですから、こうなったんでしょう。
おお振りで食べごたえもありますし、味もいいですから、満足です。

ここで、もう一杯、生ホッピーのお替りです。ナカの残りも、90mlでちょうどいいです。
IMG_0118 2
再び、美味しと唸ってしまいました。モタモタしていると、せっかくの焼き鳥が冷めてしまうので、パクパク食べました。

ふと、栄養バランスを保つために、炭水化物を取らねばと思い、 
◇じゃがバター 380円を注文。
IMG_0134 2
この時点で、お隣さんが店を出て、席に余裕が出来て、ゆっくりと食べることが出来、良かったです。

美味い生ホッピーを飲んで、幸せ気分。会計は、2500円ほど。楽しい夜でした。

とり善焼き鳥 / 秋葉原駅岩本町駅末広町駅