煮込みは人生だ! 毎日を面白いばら色にする楽笑

人間、生きているうちが華 ・・・楽しんでこそ、人生です。 美味いものを、安く食べられるところを探します。

牛の煮込み

新25 串かつでんがな(新宿・ハルチカ)

「串かつでんがな」は、たびたび、ブログで紹介していますが、
渋谷店、歌舞伎町店には、どて焼きはあっても、煮込みはなかったので、
この品を紹介するのは、今回が初めてになります。

小田急ハルク地下二階にあるハルチカの「串かつでんがな 新宿西口ハルク店」です。
435b42f5

まずは、ホッピーと串かつ
IMG_1764 2
腹ごしらえは、うまくいっています。

ここには、他店とは違った品が数多く存在するのです。
2214c749

どうです!すごいでしょ? なんだってありますぞ!(*´▽`*)

しかし、旧270マンとしては、これを頼まないわけにはいかないでしょう。
82ff3f98


15c53098
外見を、一言で例えるなら、”お新香的”な煮込みです。
そうです。お新香とは、居酒屋などで出されるお漬物のことです。

一般に、煮込みというと、多種多彩な具が、鍋で一色単に煮込まれて、それが、ダイナッミックに皿に盛りつけられて供されるというものが多い中で、ここの煮込みは、実にお行儀よく、盛り付けされています。

具に施された仕事が、実に細やかで丁寧ですから、余計にそう思うのです。

背筋を伸ばして、この煮込みを食べ、ホッピーを飲んで、さくっと帰りました。

※2014.11.20 一部改訂

【不明】旧#22 これぞ埼玉代表ホッピー! やきとりの店 南銀

!現在 営業しているかは確認しておりません。


ホッピーを出す店は増えてきたが、昔ながら、本物の昭和の空気でホッピーを出してくれるところは少ない。

きっと、あるはずと歩きづめて、やっと探し当てたのがここだ。

南銀玄関この店先のなんと素晴らしいことか。
ため息が出るほどである。

「ホッピーの主張」
というものが前面に出ている。

そして中に足を踏み入れても、その期待は裏切られなかった。



長いカウンターに、テーブル・・・まさにここは昭和である。
そりゃそうだろう。聞けば、出来て50年経つ老舗だそうだ。

南銀ホッピー

ホッピー320円(黒は340円)

このように差し出された
グラス入りのホッピーの美しさを見てほしい。

この写真を撮るときも、飲みたいという、はやる気持ちを抑えるのがやっとであったのである。


突き出し(無料)は、お新香である。
これも美味。

 

 

 

 

酒肴は、この店の中の造作、空気で十分過ぎるのであるが、何か一品は頼まないと思い、煮込み(320)円を頼むことにした。

南銀 煮込み


 

 

 

 

 

 

 


牛もつ、豆腐に、こんにゃく、ねぎ、にんじんが、辛味の効いた味噌味の汁と
絡まりすぎほど馴染んでいる。
少々七味唐辛子をかけることが多い煮込みだが、必要はないだろう。

ぼくは、ここで横須賀の興津屋を思い出していた。
ここも、ホッピーの楽しめる名店である。昭和の雰囲気を色濃く残している点では似ている。

このような店が大宮に存在することは本当に稀有なことである。
いつまでも、親子でがんばっていただきたいものである。


※2015.5.26改訂

自己紹介です。

楽笑

毎日をどうしたら楽しく過ごせるか?を、日夜、追及しています。

趣味は、美味い煮込み探し、SF映画鑑賞、漫画を書くこと、園芸、テレビドラマ、80年代アイドル歌舞伎町定点観測、ご飯おかわり自由の店探しなど。 好きな言葉…根性 持ち歌…マジンガーz、オレンジの雨

飲酒開始まで、もうすぐだ!
ギャラリー
  • 毎年恒例の松茸土瓶蒸し@近くの築地日本海
  • 毎年恒例の松茸土瓶蒸し@近くの築地日本海
  • 毎年恒例の松茸土瓶蒸し@近くの築地日本海
  • 毎年恒例の松茸土瓶蒸し@近くの築地日本海
  • 毎年恒例の松茸土瓶蒸し@近くの築地日本海
  • 毎年恒例の松茸土瓶蒸し@近くの築地日本海
  • 毎年恒例の松茸土瓶蒸し@近くの築地日本海
  • 毎年恒例の松茸土瓶蒸し@近くの築地日本海
  • 毎年恒例の松茸土瓶蒸し@近くの築地日本海
ブログランキング、クリックしてね
メッセージ
記事検索
もしかして参考になるかも。
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ