煮込みは人生だ! 毎日を面白いばら色にする楽笑

人間、生きているうちが華 ・・・楽しんでこそ、人生です。 美味いものを、安く食べられるところを探します。

そば

きっちりとした料理です@坊野(中野新橋)

久しぶりに、中野新橋で下車です。今回は、この地に、美味い天ぷらを食べさせてくれる店があるというので、訪問したのです。
IMG_9999 2

ここから左手、すぐ神田川を越えたところにあります。
坊野
IMG_0007 2

一人なので、当然ながら、カウンター席に案内されました。正直な話、冷房の効きがとても悪く、しかも、目の前が、天ぷら鍋という状況。しかし自分が選んだのですから文句は言えません。しかしながら、店のおねえさんは、とても朗らかな癒し系でもあり、すぐに心和みました。

まずは、 ◇瓶ビール 713円(税込)です。ここには、お通しがありません。
IMG_0009 2
手酌で飲もうとしたら、嬉しいことに、最初の一杯は、お酌してくれました。こういったサービスで、いつもより、一層、美味しく感じます。

食べるものはというと、入店前から、決めていた天ぷら。 ◇天ぷら盛り合わせ 1080円を注文です。まず、天つゆと大根おろしが出て、メインの登場です。
IMG_0012 2
ざるを180度回転したところです(^^)
IMG_0016 2
こういう場合、何から食べるか考えるのも一興です。大好きな海老は、2匹ありますから、まず1匹食べます。これ確定です。
IMG_0017 2
衣は硬めながら薄いので、気にならず、中の海老は半生で、いいの揚がり具合です。美味い!
このあとの順番は、最後にした海老を除き、意味がありません。
しし唐
IMG_0021 2
ナス
IMG_0023 2
いか
IMG_0025 2
春菊
IMG_0028 2
かぼちゃ
IMG_0031 2
最後の海老も入れて、どれも美味かったです。

さあ、ここらで、しめのそばで参りましょう。
◇とろろそば 713円
IMG_0039 2

まずは、そばつゆに浸していただきます。蕎麦の味と香りを楽しめます。
IMG_0046 2

山芋は、非常に粘りがあるもの。
IMG_0049 2

うずらの卵を溶かし、そばと一緒に食すれば、のどごしも格段に良くなり、美味です。
IMG_0048 2
700円ちょっとという値段で、この内容は素晴らしいです。量の方も十分にありますから、付け加えておきます。

あー 美味しかった。ごちそうさん。

会計時に少し難がありましたが、あの愛想のいい明るいおねえさんには癒されましたから、良しとしましょう。またぜひ訪問したいお店です。

坊野天ぷら / 中野新橋駅新中野駅中野坂上駅

改装で、座れるようになりました@吉そば(西新橋)

某アーティストのライブで、愛媛松山に行ってきたワイフが、のたまいました

物価が安かったわ
・・・居酒屋に行き、鯛めしを食べて、そう感じたそうです。 

日頃、物価の高い都内にいるからかどうか分かりませんが、安いにこしたことはないのです。

こちとら、来年早々、四国に旅行する予定の身。
前回は、20年前の香川と愛媛で、生まれて二回目の四国です。居酒屋を楽しみにしているので、価格というものは気にはなります。
ライフワークである全国女子のいる店巡りもそうですけど(^^;;


この日の夕食は、ワイフ手作りおでんの予告です。
これを、ホッピーと焼酎で、さらに美味く食べるために、昼から体調を整えましょう。

新橋は、抜けるような青空でした。
CIMG1949 2
こういう日は、部屋に閉じこもっていないで、ハイキングした方が良さそうです。

思い起こせば、数年前、青空ホッピーと称して、戸外でホッピーを飲むという企画をしていたのが懐かしいです。
といっても、①青森②深大寺の2回だけで終わってしまったんですけど(^^;)

今回、向かった先は、先日、改装オープンしたばかりの
吉そば 西新橋店
CIMG1952 2
吉"そば"となっていますが、うどんも置いてあります。

まず、真新しい券売機で購入するわけですが、最近まであった"大盛り無料が廃止されたのは、ちと残念です。

卸したてのような、こぎれいな作務衣を着た店員さんに券を手渡し席を探すと、奥の方に座席が6席ありました。立ち食いだった旧店舗に比べ、大きく変わったのが、ここです。

ほどなくして、出来上がりです。

◇コロッケそば 360円
CIMG1953 2
今回は、オープン記念の粗品付きです。

CIMG1958 2

目の前に書かれた"こだわり"
CIMG1961 2
これを見る限り、体に良さそうなものばかりで、安心できます。

CIMG1959 2
ずずずっーと、音を立てて、啜りこんだ方が美味しく感じるのは間違いありません。他のチェーン店に比べて、つゆが薄く感じるのは、無化調ゆえでしょう。

コロッケを、二つに割ってみましょう。
CIMG1960 2
柔らかめだけに、中身のじゃがいもが、つゆに溶け出します。これって、いい感じです。

ごちそうさんでした。普段づかいにいいお店です。

※2015.6.23 一部改訂

季節そばがいいんです@そば田(新橋)

SL広場で、競輪のイベントをやっていました(現在、終了しています

CIMG1458 2


写真を撮っていたら、オネエサンに、鉛筆とクイズ用紙を手渡され、競輪をまったくしたこともないドシロウトですが、クイズに挑戦することになりました。

CIMG1457 2

注)これは、自分が答えたクイズではありません。撮影用にしただけのもの(汗)

まぐれで、三問正解し、福引の機会を与えられましたが、結果は白玉(ビリ)。 

CIMG1459 2

でも、この景品をもらい、なんか、得した気分になりました。


それから、ランチタイム。 このところ、肥満気味であることだし、軽い麺類にしようと思いました。

新橋には、数多くの麺屋があるので、迷いますが、今回は、久しぶりの店。


そば田 新橋店

CIMG1472 2

以前は、「丸山製麺」で、その前は「天久利」だったところです。

ちなみに、その時の写真は・・・

IMG_4971 2

基本的なレイアウトは、変わっていないようです(-ー-)

外の券売機で購入してから、店内に入り、着席するシステム。

CIMG1465 2


店内は、カウンターのみです。正直、この幅は、かなり狭いですし、荷物を置くスペースもないので、不自由ですが、これが新橋スタンダードと思えば、苦にはなりません。


水は、給水器まで、自分で汲みに行きます。

他の(立ち食い)蕎麦屋に比べて、待ち時間が長いようですが、これは、田舎そばを真剣に茹ででいるからなんです。ダシも、日高昆布や鹿児島産鰹節、さば節から取った本格派。

CIMG1473 2


期待に胸を膨らませながら待っていると、届きました。

◇鴨南蛮そば(温) 580円

CIMG1467 2

鴨南蛮そばは、いわゆる季節そば。 冬が一番美味いとされています。


鴨肉もネギ(南蛮)も、そばの上に乗っていて、このさまは、いいです。


鴨肉の脂がいい味を出してくれるんです。液面には、油が浮いているのがお分かりでしょう。

CIMG1470 2


そばは、粗挽きそば粉を使っているから、コシがあります。

CIMG1471 2

ずずずずーと啜りますと、そばの豊かな風味が味わえました。


あー 美味かった。 ごちそうさん

旬の食べ物を摂ることは、本当にいいもんですね。

期間限定メニューも、なかなかのもんだ@大吉田(西新橋)

SL広場の蒸気機関車も、クリスマスバージョンになりました。
CIMG1452 2

夜は、こういう感じです。
CIMG1524 2
新橋クリスマスイルミネーションという催しです。

1年というものは、早いものです。ぼやぼやしていると、あっという間に、足腰立たない年齢になってしまいます。
悔いのないように、毎日を面白おかしくいきたいもんです(^m^)ムフフッ



この日の新橋は、曇り
CIMG1324 2
街路樹には、イルミが施されています。夜になると、綺麗なんです。

こんな感じです。
CIMG1475  2


この日は、夜にヘビーなものを食べる予定があったので、軽くすませようと、久しぶりにあの店に行くことに。

今回で三回目の登場。七ヶ月ぶりになります。

大吉田
CIMG1329 2
(超大吉田そばなんていうのも登場)

店先の置き看板には、二つの期間限定メニュー
ooyosi
どちらも美味そうです。 「そば処」と名乗っていますが、うどん、飯類も揃っています。


ここは、入口の券売機で購入後、自分で席につくシステム。
残念ながら、訪問時、「鶏水菜」の方は売り切れており、「根菜特選」にしました。

ここの天ぷら類が美味いのは、以前食べた「大吉田そば」で実証済みです。期待できます。
そして、卓上の七味唐辛子も、心憎いばかりのもので、これをかければ、そばつゆの風味が格段に増すのです。

待つこと5分ほどで、供されました。

◇根菜特選 490円
CIMG1334 2
どこを正面としたらいいのか悩みましたが、ごぼう天が一番後ろになるように撮ってみました。

レンコン天は、ほっこり(マイ箸使用)
CIMG1335 2

人参天、少々ふやけましたが美味いです。
CIMG1336 2

ごぼうのかき揚げが、メチャうまい
CIMG1337 2

普通、野菜天というと、しっとりした食感のものを想像しますが、ここのは全くの別物。
衣はサクサクで、歯ごたえがとてもいいんです。大吉田流といってもいいでしょう。

今回は、写真撮影という手間がかかったため、衣に汁が滲み込んでしまいましたが、配膳されてすぐに食べれば、このサクッと感を存分に味わえます。

もちろん、肝心のそばと汁の方も美味いです。かえしが、なんとも言えない、いいお味です。

体に悪いかなと思いながらも、完飲してしまいました。 ごちそうさん。

今後も、ここの期間限定メニューは要チェックです。

とてつもなく幸せな気分で、そばを食べる@ゆで太郎(新橋)

とかく都会の空は狭いものですが、ここからでも、秋の気配を感じ取ることは出来ます。
CIMG4194 2
”ひつじ雲”と言ってもいいんじゃないでしょうか?

食いしん坊にとっては、食欲の秋です。

九州に住んでいた頃は、事業所から近いということもあり、西郷隆盛像のすぐ隣の割烹「S」に良く行ったものです。1万円も出せば、秋ならではの季節物の類がいろいろ楽しめるところで、大のお気に入りでした。

そこで食事を済ませ、数軒のパブやクラブで飲んでから帰るのですが、飲み屋街から自宅まで近いので、秋風に吹かれながらの歩きは気持ちいいものでした。

昔話をしたところで、何にもならないのですが、幸い、近日中に訪問予定があるので、できる限り、飲み食いをしてきたいと思います。


このところ、ヘビーな食事が続いたので、胃腸を労ろうと、訪問したのは、
ゆで太郎 新橋赤レンガ通り店
CIMG4198 2

おおお、ここにも、秋の味覚があるじゃないですか!
CIMG4200 2

秋メニューになるのか分かりませんが、

◇豚天ごぼう 480円
CIMG4202 2
パッと見ただけでは、分かりにくいですが、一番大きいのが豚天です。

食べかけで恐縮ですが、中は、こんな感じです。
CIMG4203 2
つゆを適度に吸い込んで美味いです。

ごぼう天といえば、ごぼうの旬を調べてみると、本当は冬ということになります。かたいことは、抜きにしましょう。

ゆで太郎は、汁のかえしがとても美味いんです。厨房近くには、かえしの入った大きなパックをいれた段ボールがあるところをみると、本部管理で品質管理がなされているのでしょう。

美味かった。ごちそうさん。

この日、淡路町に行った帰り、ゆで太郎の前を通ったら、こういう看板がありました。
CIMG4245 2

え? メニューが違うな?

調べてみると、「ゆで太郎」という屋号は同じでも、二つの違うグループがそれぞれ経営しているんですね。納得しました(^^)
※2015.7.24 一部改訂
自己紹介です。

趣味は、美味い煮込み探し、SF映画鑑賞、漫画を書くこと、園芸、テレビドラマ、80年代アイドル歌舞伎町定点観測、ご飯おかわり自由の店探しなど。 好きな言葉…根性 持ち歌…マジンガーz、オレンジの雨

飲酒開始まで、もうすぐだ!
ギャラリー
  • 毎年恒例の松茸土瓶蒸し@近くの築地日本海
  • 毎年恒例の松茸土瓶蒸し@近くの築地日本海
  • 毎年恒例の松茸土瓶蒸し@近くの築地日本海
  • 毎年恒例の松茸土瓶蒸し@近くの築地日本海
  • 毎年恒例の松茸土瓶蒸し@近くの築地日本海
  • 毎年恒例の松茸土瓶蒸し@近くの築地日本海
  • 毎年恒例の松茸土瓶蒸し@近くの築地日本海
  • 毎年恒例の松茸土瓶蒸し@近くの築地日本海
  • 毎年恒例の松茸土瓶蒸し@近くの築地日本海
ブログランキング、クリックしてね
メッセージ
記事検索
もしかして参考になるかも。
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ