煮込みは人生だ! 毎日を面白いばら色にする楽笑

人間、生きているうちが華 ・・・楽しんでこそ、人生です。 美味いものを、安く食べられるところを探します。

そば

坦々麺が満員なので、ぶっかけそば@つるまる饂飩(新橋)

今年の雨は、例年より強く降る気がします。
寝ていると、強い雨が、庭のフェンスに当たる音が、ピタピタ  ピタピタと、枕元まで響いてきます。

こうして、夜中に目覚めた時は、ホッピーを飲んでから寝ることにしています。別に詩人ではありませんが、雨音を聞きながら飲むホッピーも風流なものです。



さあ、お昼は、何をたべましょうか?

昨年の今頃、食べたのが、小諸そばの季節メニュー「揚げ茄子おろしそば」。今年も、20円値上がりしたものの再登場しています。

これも候補に上げましたが、多少、寒かったので、見送り。温かい坦々麺を目指して、匠心に向かいましたが・・・ 
あいにく 満席 (ToT)
CIMG2624 2
値上がりしたとは言え、510円で、坦々麺とジャージャ御飯が供されるのですから、当然と言えば当然です。

さあ、困った! どうしましょう?

足は、自然と、銀座ナインの方へ向かっていました。 もしや「天狗」なら間に合うか?と思っていたのですが、残念ながら、タイムアウト。

空振りばかりという日は、こんな日をいうのですね。もう、こうなれば、あそこしかありません。

つるまる饂飩 新橋店
CIMG2642 2
前回3月訪問時に比べると、各品、20から30円値上がり

うどんを食べるつもりで来たのに、突然、そばが食べたくなった、この気まぐれぶりは、今に始まったことではないのですが、われながら、あきれます。

◇ぶっかけそば 310円 +ナス天 120円
CIMG2630 2

あれ 汁がない! 忘れたのかな?

・・・自分でぶっかけを頼んだのにもかかわらず、かけそばと勘違いしていました(^^;)

そばを持ち上げると、下から、あたたかい汁が絡んできました。同時に湯気も立ち上りました。
CIMG2634 2
しっかりした濃厚な汁ですから、味に、とてもコクがあります。そば本来の食感を楽しむという点では、こちらの方がいいでしょう。

次は、なす天にまいりましょう。
CIMG2636 2
こちらは、醤油をかけたら、そのまま、ガブリと、かぶりつきます。
揚げているのに、なぜか、さっぱりした味がするのが、不思議。決して、蕎麦の味をじゃまなどはしません。 だから、ナス天そばというジャンルも存在するのでしょうね。

ここで、トッピングのラインナップを載せておきます(写真クリックで拡大)
CIMG2638
どれも美味そうですが、やっぱり、えび天が一番の王様のようです。

今回の流れは、 揚げ茄子おろしそば → 坦々麺 → ぶっかけそば+なす天
相変わらず、行き当たりばったりの展開。 自分の人生そのもののようです。

まあ、終わりよければ、すべて良し。 ごちそうさま。
※2015.7.7 改訂

特売日で良かった@そば処 大吉田(西新橋)

価格改訂されています

この日は、夜に飲みに行く約束があるので、ランチは、軽めのつけ麺でいこうと二代目つじ田へ行ってみることにしました。
CIMG2890 2

日比谷通りを越えると、開店したばかりのラーメン屋がありました。
麺屋7.5Hz・・・ユニークな店名です。

CIMG2892 2

ここでもいいかな・・・ 相変わらず、心変わりしやすい性格です。店内をのぞきこむと、満席でしたので、あきらめて、ほとぼりの覚めた頃に、訪問することにしました。

先を急ぎましたが、例のつけ麺屋は見つかりません。どうやら、道を間違えたようです(TT)

困り果てて、立ちすくむ目の前には、そば処 大吉田がありました。
・・・ここは、5ヶ月前に、”大吉田そば”という逸品を記事にしたところです。

CIMG2895 2

店先のタペストリーには、”本日 大吉田の日”と大きく書かれております。
なんかの記念日なんでしょうか?


ともかく、
普段は、350円の天ぷらそばが、250円になるんですから、嬉しいの一言に尽きます。
CIMG2896 2
(ランキング 5位)

水を飲みながら待っていますと、5分ほどで届きました。
◇天ぷらそば 250円
CIMG2899 2

CIMG2903 2
わかりにくいですが、イカげそ入りです。

ここの汁は、かえしがいいので、美味。そばも、ツルツルイケます。

CIMG2902 2
美味い!!

今回は、たまたま、特売日に当たってラッキーでした。

なお、4月1日からは、申し訳ないですが、値上げします。との張り紙がありました。
具体的には、何が、いくら値上げされるかは不明ですが、極力小さいものであって欲しいものです。

帰り道には、二代目つじ田の場所を確認出来ました。一本裏にありました(^^;)

CIMG2909 2

また、裏道には、こんな店もありました。
CIMG2906 2
写真を撮っていると、ランチタイムが過ぎているのに、「どうぞ」と声をかけられました。

こういう面白い店名のうどん屋もあります。 閉店しています。
CIMG2907 2
他にも、この近辺は、飲食店が多いので、宿題が多くなって、困ります(^^;)

※2014.12.2 一部改訂
※2015.7.1 改訂(閉店)

春メニューが嬉しい@小諸そば(新橋)

この日の夕食は、肉メニューが確定しているので、ランチは、麺類と決めました。
こういう食事何食おう大作戦を練るのも、くいしんぼの楽しみです。少しでも美味しく、一食一食を楽しむためのささやかな工夫です(^^)

麺類のジャンルで、時々、無性に食べたくなるのが、小諸そば。

新橋地区には、4店舗はあるのですが、今回、訪問したのは、SL広場前、ニュー新橋ビル一階にある
小諸そば 新橋店
CIMG2828 2

緑が少ない都心にあって、こういった幟の桜色は、季節感を味わせてくれる数少ない貴重なものです。

そこに書かれた「春」という文字が、ひときわヲヤジの目を引きます。また、今年も桜が見れるということで涙します。
さあ、こうしている場合じゃありません。 入りましょう。

ここの店内、壁際のL字カウンターは座れるようになっています。運良く、ひとつだけ左隅が空いていました。ラッキーと感じる瞬間です。

注文したのは、◇春摘み天そば 410円
CIMG2829 2
てんぷらが、汁を吸わないうちに、素早く撮影します。

筍と菜の花のつまみ揚げ
CIMG2834 2
春ですね。   昔、菜の花畑を見ながらの車通勤をしていた頃が懐かしい。

ごぼうと人参のつまみ揚げ
CIMG2833 2
歯ごたえがいいです。

CIMG2835 2
麺も美味い!

イトヨリ天は、残念ですが、旬の魚ではありませんが、高級魚ということですし、いいと思います。小ぶりながら、美味いです。

旬の食べ物によって、季節感を、身をもって知る
・・・・理想的な形だと思います。
※2015.7.22改訂

しっかりした組み合わせです@高田屋 新橋銀座口店


半年前に、リビングに設置したウォーターサーバーの調子がおかしくなりました。お湯が、全然注ぎ口から出てきません。これじゃ、すぐに焼酎のお湯割りを飲むために買った意味がありません(TT)

このために、月4000円弱を払うのは、もったいない気もしますが、業者に電話すると、サーバーを新品に交換してくれるというので、当分、継続することにしました。

この日は、ぶらぶらと、汐留方面へ向かいます。

せとうち旬彩館は、香川・愛媛の物産館ですが、500万人の来場者となった模様です。 この二階にあるのが、”かおりひめ”。 期間限定販売メニューにも、心動かされたのですが、1000円超は、きつい価格でので、今回はパスです。

seto
どこで食べよう?

・・・思案に暮れたところですが、そういうオヤジの目前に現れたのは、馴染みある「高田屋」の文字。 それじゃ・・・ひさしぶりに、入ってみることにしました。

高田屋 新橋銀座口店
taka
(急な階段。店は、地下)

案内されたのは、入口すぐのカウンター席でしたが、落ち着かないので、奥目へ移動です。メニューを眺めます。どれも、美味しそうなものばかり、迷います。
CIMG2622 2

ピンときたものは、天ぷらでしたので、これに決めました。

◇天丼とそばのセット 880円
CIMG2626 2

大好物のえび天が3本も乗ってます。逆立ちスタイルで(^^)
CIMG2630 2
尻尾もソフトだから、食べられます。硬いシッポは、喉にひっかかるので食べないんです。

今回選んだ温そばは、かなりの食べごたえがあります。汁の味は、少々辛めです。
CIMG2628 2
美味い!!!!

最後に持ってきてくれる温かいお茶で、オヤジ、ほっと一息です。 ごちそうさま。
CIMG2632 2

後で調べたら、ちょうど、4年前に、新宿三丁目にあった高田屋(現在閉店してます)で、同じメニューを食べていたことが判明。この時も、今と同じ値段で、3本の海老天が、そそり立っていました。

海老高騰の最中にも、値段を据え置いている高田屋を表彰したい気分です。今度は、ガッツリ系カツ丼で攻めたいと考えています。
※2015.7.22 改訂

贅沢なコロッケトッピングです@おくとね(新橋)

このところ、脂っこいものばかりだったから、たまには、そばにしよう

・・・そう考えて、ネットで評判のいい蕎麦屋を訪問することに。

向かったのは、新橋駅前ビル一号館 地下一階。ここに、目的の店があるのです。
CIMG1189 2

おくとね 港区新橋2-20-15
CIMG1190 2
立ち食いそばのお店です。”奥利根”かどうか、名前の由来は分かりませんが、一度聞いたら、忘れられません。
白い暖簾をくぐった先は、すぐに券売機があります。そばだけでなく、うどんもあります。

ネットで美味いという評判のまいたけ天そばは、すでに決めていたのですが、ボタンを一通り眺めていると、一番下の方に、”単品コロッケ”というのがありました。
oku
いいぞ! いいぞ!ちょうど、食べたかったんだよ!

渡りに船・・・ラッキーな流れに乗って、ボタンを押しました。

両壁際に、各一列、真ん中には、島状のカウンターが備わっています。セルフサービスの水を飲みながら、待っておりますと、数分で出来上がり。カウンターまで、取りに行きます。

◇まいたけ天そば 450円+コロッケ 110円
CIMG1198 2
まいたけ天の上に、コロッケが、ドカンと乗っています。衣の彩りがキレイです。

まず、汁を啜ってみたのですが、これが、驚きの味。甘汁(あまつゆ)が、とても、美味いんです。このように、レベルが高い贅沢さを味わったのは、久しぶりです。

そばは、ズーズーすするのが、お決まりです。
CIMG1199 2

まいたけ天は、油断すると、すぐに、汁を吸ってしまうので、とりあえず、半分食べてから、今日最大のイベント、コロッケ実食に挑みます(^^
kokoro2
このコロッケ、身がギュッと詰まっています。そばつゆで、ふやけることは、ありません。

俺は俺だ・・・ まるで、一本気な性格であるかのような貫禄さえ感じます。それでいて、一旦、口にすれば、じゃがいもの甘みが、すぐに伝わってきます。こりゃ、たまりません。

卓上の一味唐辛子を加えながら食べると、麺の美味さも増して、最後の汁一滴までも飲み干しました。
ごちそうさま。

あらためて、券売機のボタンを見ると、しっかり、”コロッケそば 380円”というのがありました。よく見てみるもんです。次回からは、これで十分です。

あれあれ、後から後から、入れ替わり立ち替わり、お客さんがやってきます。超人気店なのは、ずばり、美味さゆえ、一言に尽きます。待っている人に悪いので、早く引き揚げることにしましょう。
※2015.7.22 一部改訂
自己紹介です。

楽笑

毎日をどうしたら楽しく過ごせるか?を、日夜、追及しています。

趣味は、美味い煮込み探し、SF映画鑑賞、漫画を書くこと、園芸、テレビドラマ、80年代アイドル歌舞伎町定点観測、ご飯おかわり自由の店探しなど。 好きな言葉…根性 持ち歌…マジンガーz、オレンジの雨

飲酒開始まで、もうすぐだ!
ギャラリー
  • 毎年恒例の松茸土瓶蒸し@近くの築地日本海
  • 毎年恒例の松茸土瓶蒸し@近くの築地日本海
  • 毎年恒例の松茸土瓶蒸し@近くの築地日本海
  • 毎年恒例の松茸土瓶蒸し@近くの築地日本海
  • 毎年恒例の松茸土瓶蒸し@近くの築地日本海
  • 毎年恒例の松茸土瓶蒸し@近くの築地日本海
  • 毎年恒例の松茸土瓶蒸し@近くの築地日本海
  • 毎年恒例の松茸土瓶蒸し@近くの築地日本海
  • 毎年恒例の松茸土瓶蒸し@近くの築地日本海
ブログランキング、クリックしてね
メッセージ
記事検索
もしかして参考になるかも。
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ