煮込みは人生だ! 毎日を面白いばら色にする楽笑

人間、生きているうちが華 ・・・楽しんでこそ、人生です。 美味いものを、安く食べられるところを探します。

園芸

いくらなんでも食いすぎやろ!@日本海北前庄や吉祥寺北口店

昨年のブルーベリーは、こういう感じでした。
IMG_1714 2
しかし、 残念なことに、この後、実を付けることはありませんでした。子房が膨らむ前に枯れてしまったのです。原因は不明ですが、ブルーベリーは、異種の同時栽培が実を付けるコツということなので、これによるものかもしれません。

今年は、3月に植え替えをして、追肥をしました。毎朝、一回の水やりは欠かさずやっています。まめに、雑草も除いています。
CIMG0005 2

今度は、蟻んこも良く訪問しているようですし、葉にも張りがあるし、期待を持ちたいところです。

このように、少しだけ園芸を楽しんでいるのですが、庭周りの草むしりやら掃除をして、体を使っていますと、いいことがあります。

それは・・・とにかく 腹が減って、飯が美味い   これに尽きます。



この日は、快晴の吉祥寺です。左手に見えるのは、東急百貨店。
CIMG2553 2

すぐ右手、シダックスの先にに見えてくるのが、北前庄や吉祥寺店。空腹なので、ハナから、おかわりする決意で、訪問しました(^^)
CIMG2554 2

地下入口から入ってすぐ左手にあるのが、6席ほどのカウンター席。ここは常連さんが多いようです。何しろ、ここならば、他人の目を気にせず、集中して食べることが出来るからでしょう。
でも、自分の場合は、無意識に、店中央にある島状カウンターに座ってしまいます。広々としているから好きなんです。これは、伝説のすた丼屋と同じパターンです。

卓上メニュー。4月以降も、日替わり定食は値上げありません。税込値段です。ご飯、みそ汁おかわり自由、コーヒー・紅茶は、セルフで一回OK。
CIMG2556 2

注文から10分で着膳です。 ◇刺身三点盛りと鷄甘酢あんかけ 750円
CIMG2561 2
ごはんは、以前よりやや小さめの器に入っていますが、9分の入りですから、全然大丈夫。

唐揚げは、4ピースも入っています。甘酢が絡んでいい感じです。
CIMG2563 2

刺身は、ぶり、タコ、甘エビ
CIMG2562 2

おのずと、食がすすみ過ぎます。 「大盛りで」 と、おかわりオーダーです。
CIMG2565 2
届いたのは、蓋なしの器に、このような大盛りごはん。頼んだのはいいものの、意外なたべごたえでもあり、悪戦苦闘しました。 

ご飯粒を残したら、目がつぶれる

先祖代々、農家の血筋ですから、この言葉は、金科玉条。 破ったら最後、ご先祖様に申し訳が立ちません。かきこんで食べました。でも、苦しかった。

いくら、ご飯のおかわりが出来るといっても、今回ばかりは、食べすぎました。やはり、適量というものがあるのです。
CIMG2569 2
お腹がいっぱいですぐに動けそうにないので、アイスコーヒーを飲みながら、ここで、反省しながらも、なごみました。
※2015.8.16 改訂

土壌酸度計

園芸にとって、もっとも、大事なのは土ではないでしょうか?
雨でどうしても酸性に傾きがちな土を嫌う植物は多々あります。

それならば、土地のphを測ってみよう

というわけで、東急ハンズで買ってきたリトマス試験紙を用意しました。
IMG_5638 2


















それぞれ、100円です。
いろんなものの酸性度やアルカリ性を測ってみるのは面白いものです。

ただ、これでは、トマトに適したph6.5という数値を測ることはできませんので、amazonで、土壌酸度計を購入しました。
IMG_5635 2




















届いたばかりなので、まだ使用していませんが、とがった先端部分を土に差し込むだけで、ph値が一目でわかるという一品です。

前にも申しましたが、トマト栽培を科学的にやるという一環なのであります。
値段は、歌舞伎町で、焼酎キープして、二、三品頼んで飲むのと同じくらいです(笑)

頭の方から見た写真です。ph6から7のエリアが広く確保されております。一番大事なところですから、うれしいですね。
IMG_5637 2


















近く、まし土を予定していますので、大活躍してくれるものと思います。

プチトマトの発育については、まだ気温が上がりきらず、五月まで待たなければなりませんが、今までやっていた水やりを、手灌水に変えようと思います。
というのも、葉の上にシャワーでジャバジャバ水を浴びせるという野蛮な方法を取っていたからで、初心者そのもののやり方だったわけです(苦笑)

園芸は、情緒安定にいい

医者という仕事は、患者さんの話をよく聞き、最善を尽くすのが使命です。そのためには、こちらも、毎日、こころ穏やかにしておくのが礼儀というものです。

半農半医・・・自分の理想でありますが、毎日、少しでも近づけたらなと思うのです。

そして、このせせこましい世の中ですが、園芸で、毎日が少しでも楽しくなるという思いから、未体験の方にも、ぜひ、すすめたいと願うのです。

えんどうの花、間近?!

仕事を終えて帰宅する途中に気になることは、トマトやエンドウのことです。
・・・一日やそこらで、急に大きくなるというわけではないのですけど。

夕食を終えて、キャンプ用ライトを携え、庭(・・・狭いですょ)をパトロールします。

あれれ!!! 花が咲きそうだ!
c7fa6dce
キャンプ用ランタンを持つ手がガクガク震えました。
不審者と思われるといけないので、すぐに退散して、書斎にこもりました。

今朝、改めての観察です。 こんな風になっていたんですね。
71be9e52
えんどうは、スイトピーの仲間ですから、花が咲くのが今から、楽しみです。

我が家では、食べられるもの(トマト、えんどう、さやいんげん、ブルーベリー)は自分の担当で、ワイフは、花の担当です。お互いの領域には、決して、足を踏み入れません(^^)

昔、大学の先輩に、農学部のTさんがいて、いろいろと、良く可愛がってもらいました。もっと園芸のことを教えてもらえばよかったと思いますけど、今さらですね。

ともかく、まだまだ、園芸について、勉強することがたくさんあるのは、幸せです。
土壌のことを知るためのグッズを買いました。届いたら、記事にいたします。

※2015.6.7 改訂

トマト栽培は、理論だ!

しまちゅうに行くと、プチトマトのお手本となる鉢が飾ってありました。
・・・見ると、とわわに実ったプチトマトが鈴なりになっていました。

どうしたら、あんなに育てられるのだろう?

昨年は、第一花房でしか、満足なプチトマトを得られなかった自分にとっては、不思議でなりません。

実は、この日、トマトトーンを買いに来たのです。これは、実の付きをよくするホルモン剤です。ところが、園芸コーナーをくまなく探したのですが、見当たりません。

店員さんに聞くと、駆除剤コーナーという意外な場所に案内されました。
良かったぁ~   欲しいものを得た時の喜びを久々に味わいました。

トマトトーンを使うには、まだ早いのですが、スタンバイ状態に入り、一安心です。
72a9c573
ネットで調べると、トマト栽培には、いろんな条件をクリアしてこそ、いい結果が得られるものと知りました。

まずは、気温です。
最適温度は昼気温25~30℃、夜気温10~15℃ですから、まだ、今の時期は、満たしていません。こればかりは、自然に任せるしかありません。

地上部の温度は第1花房着果節位に影響し、低温下では、分化期は促進されず、着果節位は低くなるということで、昨年に比べ、低温ということが結果として表れているわけです。

次に、照度です。
トマトは光に対し敏感な作物で、照度が強いと葉数・葉面積の増加が大きく葉肉は厚く、茎葉量/草丈比の大きな強剛で充実した生育を示すのです。

昨年は、トマトの鉢を、東側の方に置いていましたが、ここだと午前中しか日が当たりません。それで、今年は南側に変更しました。

三番目は、受粉の方法です。
昆虫が来てくれるのが良いのですが、そううまくはいかないので、「振動受粉」をすることにしました。ただ、支柱を軽くゆすって、花房の受粉を手助けしてあげるのです。

まだまだ、やるべきことはありますが、トマト農家というプロでさえ、こういうノウハウを得るのには、長い年月を必要とするわけで、毎年改良をしていくしかないのです。

プチトマトの話ばかりになりましたが、ブルーベリーは、花をつけ始め、えんどうも実をつけ始めました。こちらは、後日紹介します。

※2015.6.7 改訂

トマト発育状況

少しずつですが、着実に育っています。脇芽かきも何もしていません。将来は、一本仕立てでいこうと思っています。
88e8e588

黄色い花が、きれいです。
b618c415

ここで、昨年のトマトと比較してみます。2011年4月20日の写真です。
9dbd168b
今年のに比べ、背丈が高いのですが、花をつけていません。実は、苗が小さいうちから、水をたっぷりやり、おまけに液肥までもあげていたのです。

それで、葉と茎が成長してしまったものと思われます。今回は、水も肥料も控えめにしています。

気象庁のHPを見ますと、昨年4月は、今年より気温がやや低めですから、単純に比較はできませんが、気温の影響ばかりではなさそうです。

昨年は、第一花房から何とか収穫は出来たのですが、第二、第三につれて、実が熟さず、満足に収穫が出来ませんでした。

今年は、第一花房に実がなるまでは、心を鬼にして(笑)、水を控えてみます。
第五花房まで実が付いてくれると、大万歳なのですが・・・

※2015.6.7 改訂
自己紹介です。

趣味は、美味い煮込み探し、SF映画鑑賞、漫画を書くこと、園芸、テレビドラマ、80年代アイドル歌舞伎町定点観測、ご飯おかわり自由の店探しなど。 好きな言葉…根性 持ち歌…マジンガーz、オレンジの雨

飲酒開始まで、もうすぐだ!
ギャラリー
  • 毎年恒例の松茸土瓶蒸し@近くの築地日本海
  • 毎年恒例の松茸土瓶蒸し@近くの築地日本海
  • 毎年恒例の松茸土瓶蒸し@近くの築地日本海
  • 毎年恒例の松茸土瓶蒸し@近くの築地日本海
  • 毎年恒例の松茸土瓶蒸し@近くの築地日本海
  • 毎年恒例の松茸土瓶蒸し@近くの築地日本海
  • 毎年恒例の松茸土瓶蒸し@近くの築地日本海
  • 毎年恒例の松茸土瓶蒸し@近くの築地日本海
  • 毎年恒例の松茸土瓶蒸し@近くの築地日本海
ブログランキング、クリックしてね
メッセージ
記事検索
もしかして参考になるかも。
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ