煮込みは人生だ! 毎日を面白いばら色にする楽笑

人間、生きているうちが華 ・・・楽しんでこそ、人生です。 美味いものを、安く食べられるところを探します。

女優・アイドル

吉野家の鰻重ばかりです。女優 Nさんのこと

今年7回目(数え間違いをしてました)のうなぎも、吉野家です。近くに店があるので、買いやすいのも理由の一つですし、値段も、うなぎ専門店に比べれば、リーズナブルです。
IMG_9804 2

IMG_9805 2

人数分を買って帰ります。山椒は、一人分に二袋ついていました。
IMG_9806 2

今回は、黒糖焼酎で合わせてみることにしました。鰻重は、いつもの二枚盛りです。
IMG_9816 2
ロックにして飲んだ黒糖焼酎は、まじ、美味くて、鰻との相性も抜群です。あー 美味かった。ごちそうさん。

家族は、鰻重なら、いつでも歓迎だそうです。
IMG_9818 2
領収書をもらいました(^^;)



最近、気になるのが、女優 Nさんのこと。

先日、ブログに、面白い変装写真をアップしておりました。若い女優なら、ちょっとためらうようなものでしたが、本人が自らすすんで載せたわけですから、これ自体は、つべこべいう気持ちはありません。

ただ、ドラマを制作する立場からすれば、「エキセントリックだな」という印象を与えたのは間違いないようです。本人の目指す方向が、こちらのコミカルさであって、これを活かしてくれる製作側がいれば、これはいいわけですが、逆に、シリアスなものや清純派を好む側なら、二の足を踏むかもしれません。

素質があるだけに、なんか、もったいない気がしてなりません。

この二年というもの、有村可純さんは、今や稼げる女優という存在を確立しました。映画「ビリギャル」は、興業収入28億という大ヒットになりました。これは、すごいことです。
広瀬すずさん、黒島結菜さん、芳根京子さんと新進女優も伸びてきています。

Nさんも、早く、自分の本領を発揮できるような代表作といえる、いい作品にめぐまれ、活躍することを祈るばかりです。

異例の親子配役かぶり、黒島結菜さん大出世

NHKで放送されている「ちゃんぽん食べたか?」を知ったのは、最近のこと。民放ドラマばかりチェックしていたせいです。

このドラマは、さだまさしさんの自伝をドラマ化したもので、主人公を演じているのは、
菅田 将暉(すだ まさき)
さんです。髪を長髪にしての熱演にはみいられます。
そして、長崎にいる父親を演じているのは、遠藤憲一さんです。こわもてながら、優しい性格です。

さだまさしさんのライブに毎年行っているワイフは、ドラマのストーリーの大半は知っているそうですが、自分は、初めてなので、極貧生活を送りながら、苦悩の日々を送っていたことに感銘を受けました。

まあ、そういうことはともかく、

先週、テレビ朝日で始まった新番組「民王」を見て、驚きました。

この中で、先ほどの「ちゃんぽん・・・」と同じく、
菅田 将暉さんと遠藤憲一さんが親子を演じているのです。

同じクールで、テレビ局は違えど、こういうことは、異例ではないでしょうか? 企画の段階で、キャストが決まり、ほぼ同時にドラマ撮りをしていたかどうかは分かりませんが、いささか、頭が混乱してしまう自分であります。

「民王」の筋は、昔からよくあるニンゲン入れ替わりものです。そうして、総理大臣の親とお気楽な息子が、お互いの立場になって、難問に立ち向かっていくわけです。

こういうドラマは、片手に、焼酎のグラスを持ち、見るのがいいと思います。

元の話に戻りますが、親子配役かぶりは、この二人は、今や、ドラマに欠かせない俳優だから起きたこその出来事でしょう。たまたまかどうか、クールもかぶってしまったわけですね。




「戦後70年 一番電車が走った」というNHK番組の予告がありました。

阿部寛さんに引き続いて、堂々とクレジットされていたのは、黒島結菜さん。
今年だけで、6本の映画に出演するというとても勢いのある女優さんですが、これほど、活躍するとは予想以上でした。

映画だけでなく、NHKでは、朝ドラ「マッサン」を始め、今の「花燃ゆ」では、高杉晋作の妻を好演しています。
そして、今回の「一番電車・・・」では、ヒロインとなったのです。どんな役柄でも、きっちりと演じられるというのは才能です。

この大出世には、本当に驚きます。同時に、嬉しくもあります。
実績を重ねて、大女優になることを期待するものです。

気軽にステーキ食べられます@カウボーイ(新中野)、 黒島結菜ちゃん大活躍

少々風邪気味ということもあり、精力をつけようと、新中野へ行ってきました。
メトロ改札口を出てすぐのエレベーターで地上に行き、青梅街道を中野坂上方面へ歩くこと数分
IMG_9295 2

カウボーイ新中野店
IMG_9320 2
食べログで、安くて美味いステーキがあるという情報をもとに訪問してみたわけです。GINDACOの二階ですから、右手にある階段を昇ります。すると、入口があります。

案内されたのは、窓際の席。ここは外の見晴らしも良くナイスポジションです。良かった(^^)

まずは、お決まりの ◇瓶ビール 580円(税込)
IMG_9300 2
空腹の胃にしみわたる泡は、いつもながら美味いです。

さっそく、メニューを眺めます。
IMG_9317 2
食べログの価格情報は、少し前のもの。それ以降、増税やら円安やらで、値上げされておりますが、これはいた仕方ないです。それでも、世間からすれば、安めと言えます。

今回は、◇カットステーキ(180g) 1300円(税込)でまいります。これには、ライス、サラダ、コーヒーが含まれています。

メキシカンサラダが先着です。
IMG_9299 2
スパイシーですから、ビールのアテになって有難いです。美味い!

しばらくしてから、メインの登場です。いきおい、食欲がそそられます。
IMG_9304 2
ライスは推定225グラム。ステーキの付け合わせは、もやし、コーン、グリーンピース。

ステーキ皿を横から見るとこんな感じです。食べやすい大きさにカットされた肉が7切れ、積み重なっております。
IMG_9307 2
かけられているソースは、生姜ベースで辛めですが、肉には良く合うものです。

IMG_9309 2
思っていた以上に、柔らかったのは、良かったです。肉の旨みも味わえます。

卓上には、いろいろな調味料が揃っているのですが、今回は、マスタードを使いました。
IMG_9313 2
このマスタード、自分的には鉄板の調味料。自宅でも良く使いますが、美味さは倍増します。おかげで、最後まで美味しくいただけました。

最後に、コーヒーが出てきます。
IMG_9315 2

お客さんは、カップルやら、一人客やら、友人同士やらさまざまですが、ライスの大盛りを注文する人が多いので聞いてみると、100円増しで可能だそうです。かなりの標高ライスが楽しめます。

ごちそうさん。次回は、ハンバーグ、ライス大盛りに挑戦しましょう。
休日に 録りためていた「花燃ゆ」合計8話を、一気に見ることにしました。

安政の大獄で罰せられた吉田松陰や桜田門外の変での井伊直弼のシーンは、さらりとながされたのは、ドラマの性格上、当り前のことですが、これが、大きな節目となりました。

今回の大河、言うまでもなく、「杉 文」を中心にしているわけですが、主演を演ずる井上真央さんはもちろん、出演している女優陣を楽しみにして見てました。

ここで、何と言っても、注目されたのは高杉晋作の妻を演じた黒島結菜さんではないでしょうか?
出番も多く、かなり重要な役どころですが、見事に演じています。

目鼻立ちがしっかりしていますから、洋風な感じになるのかなと思っていたのですが、実際は、和装も良く似合いい、驚きました。「花子とアン」で見せた無邪気な女の子とはまた違う魅力が発揮されていました。

この若い年齢ながら、出演者のテロップに、単独に乗るっていいのはすごいことです。
今後も注目ですね。

コメディエンヌの花咲いた伊藤歩 吉野家の牛カレー

NHK BSでやっているドラマ「その男 意識高い系。」

めちゃくちゃ面白いんですが、このヒロインを演じているのが、伊藤歩さん。

以前、彼女の記事を書いたのですが、意外にアクセスが多いものでした。
その時は、なかなか、清楚で綺麗な人だなくらいしか認識していなかったのですけど。

今回、彼女に素晴らしい才能を見出しました。

それは、コメディエンヌとしての魅力です。
実際、このドラマを見ると一目瞭然なのですが、喜怒哀楽を演じきる実力がないと、笑いはおきません。

「男はつらいよ」の初期作品で、渥美清さんが、全身を使って、ずっこけるみたいな演技に思わず噴き出しました。

喜劇ドラマというものは、いつの世も必要なんです。
それも、誰もが分かるような単純なやつです。

今の時代、喜劇を演じられる30代女優がどれだけいるでしょうか?

女優としては、格好いい素敵な役柄をしたいという気持ちは分かりますが、そういう役柄もこなしつつ、今回のおちゃらけキャラも出来るというのはすごいことなんです。

今後の活躍に期待です。


なんか 急に食べたくなるという食べものが、吉野家の牛カレー

ついふらふらと、自宅近くの店に行ってきました。

IMG_7951 2
寒いので熱いお茶が出てきたんですが、お冷をお願いしました。

いつ食べても美味いです。

バイスは発注禁止で、ホッピーのみ 昨年の本代

いつものように 「K」に、宅配の電話をしました。

「コダマ飲料のバイス 1ケースとホッピーリターナル 1ケースお願いします」

「恐れ入りますが、バイスは発注禁止になっています」

え?Σ( ̄ロ ̄lll)

今までは、なんとか都合してくれた業務用の(リターナル)瓶入りバイスが手に入らなくなったのです。
コダマ飲料は、2014年10月に家庭用バイスの販売を始めたので、その余波なのかもしれません。

とりあえず、ホッピーの方は届いたので、一安心しました。
IMG_7939 2
※一本飲んでしまいました(^^;)

最近は、ナカ(焼酎)抜きで、飲むことが多いですが、これはこれで美味いです。



大好きな「吉田類の酒場放浪記」の製作費が、30万と聞いて驚きました。

今や、他の追随を許さない超人気番組で、これほど低予算だとは。
ギャラが入っているのかどうかは分かりませんが、もっと、吉田さんのギャラを上げても良いんじゃないでしょうか? 吉田さんのおかげで、日本全国、酒場歩きの楽しさを知ったという方も多いでしょう(自分もその一人です)

10年近くも、コツコツとやり続けるというのは大変なことなのです。
 
吉田さん、体に気をつけて、ずっとこの番組続けてください。



確定申告の中身を見たら、書籍代は10万ほどでした。専門書やら買ったから、この金額になったんでしょう。

でも、本を読むっていうことは、楽しいものですから、書籍にはお金を惜しまないようにします。

書籍を買うのは、もちろん本屋さんですが、この4月から始まるのが
まゆゆと稲盛いずみさんW主演の「戦う! 書店ガール

この舞台が、吉祥寺なんです。

まゆゆは、3年前の「さばドル」で、素晴らしい演技力は実証済。
彼女は、まじめな役から道化役までこなせるという演技の幅を持っているので、このドラマを踏み台に、さらに女優業にはずみをつけて欲しいものです。

稲盛いずみさんは、昨年の「同窓生〜人は、三度、恋をする〜」で、くしくも、吉祥寺在住の美容師という設定でしたから、吉祥寺づいていると言ってもいいでしょう。

とても、楽しみです(^^)
自己紹介です。

趣味は、美味い煮込み探し、SF映画鑑賞、漫画を書くこと、園芸、テレビドラマ、80年代アイドル歌舞伎町定点観測、ご飯おかわり自由の店探しなど。 好きな言葉…根性 持ち歌…マジンガーz、オレンジの雨

飲酒開始まで、もうすぐだ!
ギャラリー
  • 毎年恒例の松茸土瓶蒸し@近くの築地日本海
  • 毎年恒例の松茸土瓶蒸し@近くの築地日本海
  • 毎年恒例の松茸土瓶蒸し@近くの築地日本海
  • 毎年恒例の松茸土瓶蒸し@近くの築地日本海
  • 毎年恒例の松茸土瓶蒸し@近くの築地日本海
  • 毎年恒例の松茸土瓶蒸し@近くの築地日本海
  • 毎年恒例の松茸土瓶蒸し@近くの築地日本海
  • 毎年恒例の松茸土瓶蒸し@近くの築地日本海
  • 毎年恒例の松茸土瓶蒸し@近くの築地日本海
ブログランキング、クリックしてね
メッセージ
記事検索
もしかして参考になるかも。
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ