煮込みは人生だ! 毎日を面白いばら色にする楽笑

人間、生きているうちが華 ・・・楽しんでこそ、人生です。 美味いものを、安く食べられるところを探します。

ヲタのネタ

ゴジラポスター狙いで、有楽町へ

一足先に、アメリカで公開されたハリウッド版ゴジラ2014が、好調な滑り出しだそうです。

ゴジラファンとしては、本家の日本公開が、遅くなったのは残念ですが、逆に、待つ喜びも出来るといいように考えることにしましょう。それじゃ・・・ということで、ポスター特典付き前売り券を買いに、有楽町・シネマズ日劇に、行ってきました。

新橋の金券ショップで、有楽町までのチケットを購入。通常料金140円、スイカで133円のところが、130円ですから、わずかですが得しました。相変わらず、セコイですが、こういうことが好きなんです。

有楽町に到着したら、まずは、北海道どさんこプラザで、お菓子とかつまみを購入。
CIMG0866 2
白い恋人」とか「じゃがポックル」はありませんが、ロイスなら、ありました。函館兄弟船600円も購入、自宅飲み用です。

この後、tohoシネマズ日劇へ向かいます。
CIMG0863 2

あれ、こんなところに信号ってあったっけ?
CIMG0869 2
車は、ほとんど通りません。必要なのかな? みなさん、ちゃんと、信号に従っています。

tohoシネマズ日劇、一階のチケットカウンターで、「ゴジラ前売り券ください」と言うと、「11階の劇場まで行ってください」ということで、出向きますと、ありました。

tohoシネマズ限定ムビチケ 1400円
CIMG0884 2
先着3万人限定ポスターをもらった後、オネエサンが気が利かしてくれて、チラシまでくれました。これも欲しかったから、二重の喜びです。

書斎では、お気に入りのSF映画のチラシを額に入れて飾っているんです。さっそく、ゴジラのポスター&チラシを飾ることにします。

帰宅後、先ほどの函館三兄弟をつまみに、青りんごサワーを飲んで、寝ました。一日でも早く見たいものです。
CIMG0877 2
※2015.7.23改訂(フォント)

円谷英二 特撮の軌跡展@新宿タカシマヤ

にほんブログ村 酒ブログ 東京飲み歩きへ
にほんブログ村” ヲタの記事です。よろしければ、クリックしてください

ヲタとしたことが、何やっているんだろう!!!

ネットサーフィンしていて、ぜひ駆けつけねばならぬ絶好のイベントがあるのを知りました。慌てて、クーポンをブックマークし、一路、新宿三丁目へ

CIMG3468 2


伊勢丹方面改札口にも、このようなポスターが、お出迎え。ますます、気分が盛り上がります!!!

フォフォフォフォ!
CIMG3472 2

ここから、タカシマヤまでの道は、駆け足です。だって、一刻も早く展示物が見たいですから 
ε=ε=┌(≧∇)┘

会場の催事場は、11階にあり、ユザワヤを抜けたところにあります。毛糸を持った女子が並んだレジの先が、目指すところ。

クーポン提示で、100円割引になり、入場料は、700円です♫

CIMG3478 2
円谷英二さんをバックに記念撮影。 あこがれの人は、どことなく凄味があります。

さっそく、入場となりましたが、場内は、撮影禁止となっておりますので、つたない文章でお伝えします。

まずは、円谷英二さんのひととなりを示す資料の数々、写真や手紙です。多くの人と関わってきたのは、これらですぐにわかります。

しばらく歩をすすめると、大きな暖簾があり、ここをくぐると、大衆酒場が再現されています。
煮込みファンとしては、「煮込み40円」というので、時を感じました。
ここでスタッフとかの打ち合わせをしたんでしょう。

ここから先は、特撮の神様がいかに偉大だったかが分かる陳列物のオンパレードです。

特撮というものが社会に認知されていない時代に、自宅の一室から、その歩みが始まったわけですが、まさに、アイデア勝負の毎日。ただただ、驚くしかありません。

こうして作られた作品は、数知れず。多感だった少年期に、これらに、生で触れることが出来たわけで昭和三十年代生まれは、ウルトラマン世代と呼ばれておりますが、これは誇りです。

まじで、ウルトラマンになりたかったのですから(笑)
IMG_5574 2

1df0a1e2

今では、さすがにウルトラマンは、あきらめましたが、特撮関係の仕事につけたらいいなあ・・・と思うことだってあります。

話をもどしましょう。

展示されているものでやはり目をひくのは、何といっても、怪獣の着ぐるみです。
人がいない薄暗い場所で見た怪獣のおどろおどろしさってすごいです。

あのカネゴンだって、今にも動き出しそうな感じで、迫力満点でした。

映像コーナーでは、円谷さんと怪獣の対談というのがありました。

怪獣たちが、「自分たちは、どうしたらいいのでしょうか?」と言うと、彼は「ただ怖がらせるだけじゃダメなんだ。もっと個性を出しなさい」みたいなことをアドバイスしていました。

なるほど。  怪獣たちが、時を越えて、愛されているわけがわかった気がします。
なにか、自分たちにも相通ずるものがあるからなのでしょう。

ちょうど、時間帯が良かったので、ゆっくり見ることができて、これは幸せでした。


展出口からすぐのところに、グッズコーナーがあります。
何を買おうかと迷ったのですが、結局、大好きなダダ星人のものを買いました。
CIMG0055 2
(定期入れ。裏にポケット)

最後にもうひとつ、ウルトラQの中では、大好きなのは、カネゴン。ケチという点では、ワガハイと瓜二つなんです(苦笑)

今回の目玉は、こちら。 グッズ売り場の近くに展示された金ぴかのカネゴン
お値段は、10,800,000円です。一見の価値はありますよ。
他に、ウルトラマン、ウルトラセブンも展示されています。
securedownload2

にほんブログ村 酒ブログ 東京飲み歩きへ
にほんブログ村”  ヲタの方は、クリックしてくださいねヾ('∀≦o)

壇蜜「地球防衛未亡人」 それから 龍馬(歌舞伎町)

新宿三丁目、角川シネマ新宿に、行ってまいりました。

目的は・・・壇蜜主演の「地球防衛未亡人」
CIMG1741 2

上映開始時刻に、ようやく間に合い、館内の暗闇に、目が慣れてくると、お客さんの多くが、ワガハイとほぼ同年代男子ばかりでした。何だか、ホッとします。

結論から先に言いますと
この映画、本当に面白いです。

ツッコミどころが多すぎて、何から話せばいいか分かりませんが、ストーリーのあらすじは、芸者出身のヒロインが、恋人を死に追いやった怪獣を、やっつけるために、JAPという地球防衛軍に入り、復讐するいうもの。

壇蜜の他に出演しているのは、まさに、役者ぞろい。

特に、ウルトラセブンを演じた森次晃嗣。防衛軍隊長として登場しているのだけでも、泣けてくるのですが、

彼が、壇蜜扮するヒロインに向かって、ゆっくりと呼びかける場面

ダン隊員!

これには、大笑い。 モロボシ・ダンが、ダンっていうわけですから。

怪獣シーンも、実に本格的でして、うまく出来ています。昔のウルトラマンに、全然、引けをとらないものです。逃げ惑う一般人とかも、ゴジラ映画を彷彿させて、秀逸です。

壇蜜の魅力については、いまさら、言うまでもないでしょう。実際、自分の目で確かめてください。コスプレとしても、とても、魅惑的ですし、ロマンポ●ノかのようなお色気な部分にも注目です。

最初から最後まで、まだまだ沢山、ずっと釘づけになる仕掛けがあります。一見の価値は、十分にあります。

CIMG1787 2

映画上映が終わっても、誰も席を立たないので、あれ?と思ったら、監督と、映画で医者を演じたモト冬樹が出てきて、フリートークを始めました。またこれが、かけ合い漫才みたいで、面白いものでした。  


興奮覚めやらぬワガハイは、散歩がてら、歌舞伎町へ向かいました。寒いので、体が凍えてきます。
CIMG1745 2

熱燗でも飲んで、あったまろう・・・自然な流れに乗っての「立ち呑み 龍馬」です。
CIMG1765 2

まずは、日本酒 熱燗です。冬には、これが一番。体も心もポカポカになれます。
CIMG1747 2

まるで、パチンコ機種のような名前の新作メニュー海物語に挑戦です。
SINN

イカ下足唐揚げに、魚肉ソーセージ、うずらの卵、ドリンクは、青りんごハイ
GESO
ワガハイは、この青りんごハイが大好きです。

やー、美味かった。ここは、やはり、心のオアシスです。

壇蜜見て、龍馬で飲んで、最高の夜になりました。

弁当売りのウルトラマンだよ。

IMG_3129 2
写真を整理していたら、こんなのがありました。

おべんとうの幟をもったウルトラマンです。

・・・実は、のぼりと手の形で、偶然に、そう見えるだけのことですが(笑)

※2006年3月 博多駅にて撮影 

楽しい映画チラシ集め♫ ロボコップ

大切な趣味の一つが、SF映画のチラシ集めです。
今回は、3月公開「ロボコップ」のチラシをゲットするために、新宿ピカデリーに行くことにしました。

出がけに、仮面ライダー鎧武 ソーセージで、元気出して行きます。
gaimu
オレンジアームズ 出た! 幸先がいいです。

新宿ピカデリーは、いつも、混雑しています。もちろん、チラシのコーナーにも、人が一杯。
CIMG0490 2
チラシ集めに欠かせない物といえば、クリアファイルです。曲がってしまうと困りますから。今回は、蓋付きのものを持参しました。

さっそく、「ロボコップのチラシがないか?」と探しますと、棚の片隅に、なにやら、ひとつだけ、一見、らっきょう形のようでもあり、団扇にも見える変わったものを発見しました。

あれれ?

・・・半信半疑で、手に取ると、間違いなく、ロボコップのチラシでした。

「チラシというものは、B5サイズ」という固定観念を打ち破った変形モノだったのです。

robo

さらに、この面白いところは、口の部分が切り取られるようになっていること。ひっくり返すと、こうなります。
まさしく、アイデア賞。宣伝部の熱い意気込みが伝わってきそうで、嬉しくなります。
robo2
今回のチラシは、棚に、最後に残っていた一枚。なおさら、嬉しくてたまりませんでした。

書斎の壁に、また、コレクションが追加されました。3月公開に向けて、気分を高めておきたいものです。

※2015.6.16 一部改訂
自己紹介です。

楽笑

毎日をどうしたら楽しく過ごせるか?を、日夜、追及しています。

趣味は、美味い煮込み探し、SF映画鑑賞、漫画を書くこと、園芸、テレビドラマ、80年代アイドル歌舞伎町定点観測、ご飯おかわり自由の店探しなど。 好きな言葉…根性 持ち歌…マジンガーz、オレンジの雨

飲酒開始まで、もうすぐだ!
ギャラリー
  • 毎年恒例の松茸土瓶蒸し@近くの築地日本海
  • 毎年恒例の松茸土瓶蒸し@近くの築地日本海
  • 毎年恒例の松茸土瓶蒸し@近くの築地日本海
  • 毎年恒例の松茸土瓶蒸し@近くの築地日本海
  • 毎年恒例の松茸土瓶蒸し@近くの築地日本海
  • 毎年恒例の松茸土瓶蒸し@近くの築地日本海
  • 毎年恒例の松茸土瓶蒸し@近くの築地日本海
  • 毎年恒例の松茸土瓶蒸し@近くの築地日本海
  • 毎年恒例の松茸土瓶蒸し@近くの築地日本海
ブログランキング、クリックしてね
メッセージ
記事検索
もしかして参考になるかも。
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ