煮込みは人生だ! 毎日を面白いばら色にする楽笑

人間、生きているうちが華 ・・・楽しんでこそ、人生です。 美味いものを、安く食べられるところを探します。

孤独の煮込み

孤独の煮込み #34 夕焼こ焼(鹿児島・天文館) 後篇

ようやくというかやっとというか、待ちわびた夜になりました。少し天文館界隈を散策をしてみました。

前回紹介したレディース居酒屋は、「居酒屋 湯2号店」ということが判明しました。
IMG_7605 2

昔は、ひっそりしていた裏路地の前には、パチンコ店が開店。軍国酒場も明るくなりすぎて、真っ青でしょう。
IMG_7611 2

細かく言えば沢山あるのですが、徐々に変わっていることだけは間違いありません。

今回は、20年ぶりではないかという老舗酒場を訪問です。
夕焼こ焼
IMG_7613 2
はやりすたりの多い中で、開業25周年とは素晴らしいです。

奥の方のカウンターが空いており、そこに着座です。冷えた体を温めるには、焼酎のお湯割りが一番です。

◇村尾 生(き)1合 700円 税込です!  突き出しは、みょうが
IMG_7618 2
焼酎の生(き)とは、瓶からそのまま注いだもののことを指します。

一緒に出てくるのが、少し温めのお湯の入ったポット。これがお約束。自分で好きなように加減して、お湯割りを作るのが鹿児島流です。誰にもじゃまされることなくマイペースで・・・・これが良いんです。

村尾は、鹿児島某地方都市居酒屋では1500円ちょっとで4合瓶キープ出来ていたのが、いつのまにか有名になってしまいました。それにしても、税込で、この値段とは良心的です。ロクヨンで、コップ三杯は飲めますしね。

ここで、東京以外で初めての孤独の煮込みをやります。
◇牛すじ煮込み 650円
IMG_7622 2
牛すじを醤油ベースの汁で煮たというシンプルなものです。薬味は、万能ねぎと白ネギです。辛子が添えられているのは、鹿児島の郷土料理、豚の角煮みたいです。

鹿児島の醤油は甘いので、同じ牛すじ煮込みとは言っても、東京のとは少々違います。
IMG_7623 2
焼酎に合うのは、間違いなく、こちらの方です。美味い!

鹿児島で、こんな逸品に出会えて、本当に幸せです。
ついでに、焼酎メニューを載せておきます。すべて税込価格です! 村尾以外可能なキープも2000円台でいいです。
IMG_7626 2

もう一品 鹿児島名物を頼みましょう。
◇きびなごの天ぷら(・・・値段失念です)
IMG_7630 2
塩とカレー塩が添えられていて、これを付けて食べます。またこれが美味かった。

ちょうど焼酎がなくなったころ、とてもいい気分になって、店を出ました。
会計は、2500円ほど。ごちそうさんでした。


前回は、メガネをどこかに置き忘れてしまうという失態を演じましたが、今回も、完全に危ない状況になりそうでした。

めげずに、前回楽しかった「竿どん」に立ち寄ることに。相変わらずの大盛況です。
IMG_7651 2

この日は、沢山のお客相手に、2人の店員さんが、忙しく仕事をしていました。
前も紹介しましたが、おつまみメニューは手がこんだものが多いからなんです。

結局、 ◇三岳のお湯割り250円だけを飲みました。
IMG_7652 2

三次会に行こうかと思いましたが、酔っぱらって、何をしでかすか分からないので、コンビニで買い物をして、ホテルでくつろぐことにしました。
IMG_7667 2

IMG_7672 2
おしまい

孤独の煮込み #34 夕焼こ焼(鹿児島・天文館) 前篇

今回は、JR特急 きりしまで、鹿児島入りです。
IMG_7591 2

IMG_7581 2
昨年の北海道旅行(網走・北見)オホーツク6号もそうでしたが、地方を走る、こういった電車に乗るのは、楽しいものです。しかしながら、珍しく素面で乗りました。というのも、二日酔いだった からです。 車内販売はないというのも一つの理由です(^^;)
IMG_7583 2

なんかかんやしたり、景色を眺めているうちに、鹿児島中央駅に到着しました。
IMG_7592 2
普段、緑の駅名標ばかり見ている身にとっては、こういったものは新鮮に映ります。
やっぱり地元のヒーロー西郷さんが、郷土色に花を添えています。


先ほどの二日酔いのわけは、前夜、宮崎の某スナックに連れて行ってもらい、飲み明かしたせいです。
IMG_7561 2
時間無制限、カラオケ無料、おつまみ付きで、ひとり2000円。ヘネシーキープは、15000円。

ママさんに会うのは、実は9年ぶり2度目。前回の様子です。
CIMG1380 2
あの頃は、カウンターメインの10人も入れば満席のこじんまりスナックでした。 この時もおごってもらったので詳しい値段は知りませんが、多分、2000円前後だったでしょう。

長渕剛さん「桜島コンサート」ペットボトルが印象的でした。
CIMG1385 2
改装したばかりの店は、100人は収容できるのではないかという大箱。しかも、とても綺麗なインテリアに囲まれ、ふかふかソファーに座ると気持ちは最高潮。とても良かったです。

ここで気になる家賃を聞いてみると、「70000円/月」ですとのこと。 ちなみに入居時の敷金や保証金はゼロだったそうです。 だから、ひとり2000円でも、やっていけるんですね。

クラクラした頭で、市電に乗り込みました。
今回、乗ったのは、9500系。現在、稼働中の車両数では、最も多いものになります。
IMG_7594 2

IMG_7595 2
多くの客が、この中央駅前電停から乗り込んで、大混雑でした。新型車両だと、対応はスムーズにいくんですが、どうしても、この系では難しいです。仕方はありません。

ここで、これから鹿児島市電に初めて乗ろうという方(特に県外)にアドバイスです。

必ず、170円を、ご用意してください。スイカもパスモも使えません。
時々、1万円札しかお持ちでないという方もおられますが、一気に注目の的になります(`∀´)

そうこうしているうちに、天文館に到着
IMG_7596 2
九州新幹線が開通した10年前までは、人混みがすごかったのですが、中央駅周辺の開発に伴い、さびしくなりました。

ただ、飲み屋街「天文館 文化通り」は健在です。
IMG_7598 2
残念ながら、昼間からやっているところはありません。
どうしても、昼飲みしたい方は、「まいどおおきに 天文館食堂」なら出来るでしょう。

IMG_7600 2
二日酔いでなければ、どうにかして飲んで待つところでしたが、ここは、日が暮れるのを待つことにしましょう。
・・・後編に続く
※2015.6.20 改訂(写真追加)

孤独の煮込み #33 ももや(中野) &  Mr.kanso

今年初めての孤独の煮込みは、中野です。

IMG_7248 2

年末ということもあって、ひとで一杯です。

本当は、ぢどり屋中野店で始めたかったんですが、満席で、ウロウロした挙句、ここに入りました。

mr.kanso 中野店

IMG_7251 2

缶詰バーです。棚に整然と並べられた缶詰は壮観。缶の裏には色付きシールが貼られていて値段が分かる仕組みです。キャッシュオンデリバリーで、手渡すと、レンジで温めてくれます。

今回は、 ◇生ビール350円 ◇いわしの昆布巻き250円

IMG_7258 2

サクっと飲んで食べてが美味い。景気づけには、いい店でした。

次へ参りましょう。

すぐ近くにあります。
ももや

IMG_7262 2

うまい具合に、カウンターが空いており、着座出来ました。

◇生ビール 450円(税込) お通し260円(タブン)

IMG_7267 2

粘り気のあるワカメは、ノドごしも良く健康にも良さそうで美味い。

次の品は、もちろん、煮込みです。
ここには、”もつ煮込み””煮込み大根””煮込み豆腐”と三つも揃っていて、しかも、税込350円という安さ。

◇煮込み大根 350円

IMG_7273 2

品書きには、「豚もつと牛すじを、特製合わせ味噌で味付」というようなことが書かれています。

IMG_7276 2

豚もつは、臭みがなく、甘めの煮汁が十分にまとっていて、美味です。牛すじは、見つけることが出来ませんでいたが、煮汁にエキスが溶け込んでいるのは間違いなく、これが味わいに深さを加えているのです。

薬味のネギとモツの下には、面取りされた大根が三つ入っていました。味がしみこんでいて、簡単に箸で割る軟らかさです。これも美味い。

IMG_7281 2

内容も量も価格も申し分ない逸品でした。

◇鳥天 430円

IMG_7284 2

塩でいただきますが、付けすぎ注意です。天つゆが欲しかったところです。

◇シークワーサーサワー 360円

IMG_7294 2

こういう甘いのが好きなんです。しかも、老化防止にもいいドリンクです。


全体的に、量も多く、味も良かったので大満足。ごちそうさん。

値段も安めで、しかも、10%引きクーポンを使ったので、1683円という有難いものでした。ここオススメです。

ノリに乗ってきたので、もう一軒いきましょう。

孤独の煮込み#32 PLAT STAND 酛(吉祥寺)

1ヶ月ぶりの"孤独の煮込み"です。 かなりの間、サボっていたわけです(:´ー`ア・・ハハ 


散髪の後に、ぶらりと立ち寄ったのは・・・
PLAT STAND 酛
CIMG0356 2
日本酒がウリのお店です。名前だけは知っていたんですが、立ち寄るのは初めてです。

店の半分を占めるのは、座れるテーブル席。
しかしながら、満杯だったので、奥の立ち飲みカウンターへ案内されました。ここの方が落ち着きますし、写真も撮りやすいです。

目の前に、日本酒ショーケースのあるレジまで出向き、注文します。ここで、品を受け取ることもあるし、席まで運んできてくれる事もあります。料金は後払いのシステムです。

手始めは、◇生ビール 琥珀の時間 680円(以下すべて、多分、税別)
CIMG0333 2
下面発酵で、コクがあって美味いです。

すぐに出るつまみということで、
◇山芋のわさび醤油漬け 280円
CIMG0335 2
これがまた美味。アテとしては、最高の逸品です。

日本酒の選択は、お店の人に任せることにしました。辛口をとお願いしました。
値段が明記されたメニューもありますが、それ以外は、値段は不明です。

◇寶剱(価格不明)
CIMG0345 2

気になるあの品を注文し、ここで孤独の煮込み成立です(*^ー゜)v

◇ピリ辛 牛すじ煮込み 580円
CIMG0342 2
最初に目を引くのは、何と言っても、薬味。こういった盛り付けだけでも、食欲が刺激されます。

味は、見ての通り、唐辛子を使った辛みのある味。ピリ辛というように、確かにそれほど辛くはありません。
牛すじには、程よい食感が残されており、歯ごたえが心地いいです。味が浸みていて、美味い!
CIMG0343 2

他の具と言えば、蒟蒻と大根。 これもそれぞれ食感が違っていて楽しめます。
CIMG0344 2

最初は、隠れて見えなかったけど、豆腐も入っています。
CIMG0348 2
日本酒のアテに、こういう煮込みもいいもんです。美味かった。
※日によっては、もつ煮込みも供される日があるそうです。



ここで、日本酒のチェイサーとして、水をもらいに行きました。

ついでに、店主に、何か、おめでたい酒をとリクエストしました。
◇龍力 特別純米酒 しぼりたて(価格不明)
CIMG0350 2
(見た目からして、ゴージャス)

この酒は、口に含んだ瞬間から、力強い風味が感じられます。それでいて、少しもしつこいさはなく、後味がさっぱりとしたもの。素晴らしいの一言。 


◇来福  480円
CIMG0353 2
今年の秋は、ひやおろしを買いまくり、日本酒の美味さを再認識したのですが、まだまだ、知らない酒も数多くあります。まだ勉強が足りません。

一時間ほどで、かなりいい気分になってきたので帰ろうとしたら、ここで知り合ったお隣さんが、「もう一軒行こう」と誘ってきたので乗ることにしました。 

会計は、あれ?という金額でしたが、値段を聞かずに注文したわけで、真相は不明ですσ(^_^;)?



前の店で知り合った人に連れて行ってもらったのは、とある居酒屋。 場所は、正直、よく覚えていません
CIMG0361 2
ビールは、いつもながら、美味かったです。

刺身も新鮮そのもの。2000円弱かな?
CIMG0365 2
酔っぱらっていて、いつどうやって店を出たのか、覚えていませんが、3000円ほど支払ったようです。

この後、ヨタヨタしながらも、電車に乗り、なんとか家にたどり着くことが出来ました。

この日は、孤独の煮込みのつもりが、全然予想も出来ない方向になって、なんだか、とても面白い日になりました。これだから、吞みはやめられません。

孤独の煮込み#31 クラフトビール ターコイズ(荻窪)

高倉健さんが、お亡くなりになりました。

御冥福をお祈り申し上げます。




久しぶりの「孤独の煮込み」は、荻窪駅北口です。 
ネットで見つけた逸品を食べにに参ります。

CIMG1232 2
(昭和の面影が未だ残る商店街)

今回の場所は、ここから、歩いて3分ほどの路地にあります。

クラフトビアスタンド ターコイズ
CIMG1274 2

「孤独の煮込み」で紹介する店のジャンルでバーというのは、新宿ばーる以来です。
バーの煮込みというものは、どうなんでしょう? 期待に胸が膨らむのは当然です。

中をのぞいてみると、カウンター端が空いていたので、入店しました。
勝手がわからなかったのですが、ここは、クラフトビールを気軽に楽しむ店です。

奥には、サーバーが備わっており、この日、用意されたビールの案内が置いてありました。
CIMG1243 2
ビールの量によって、小、中、大の3つが設定されています。
色々飲んでみたいところですが、2番は売り切れということでした。

新参者への配慮でしょうか? ここには、◇The 晩酌セットというお得なものがあります。
CIMG1236 2
クラフトビールに、二種のつまみがセットになっています。

今回は、 中 1350円を注文です。単純に計算したら、150円のトクになりますヽ(´▽`)/ヾ♪

◇5 志賀高原 其の十 280㏄ が出てきます。
CIMG1238 2
とてもフルーティーなビールで、香りがとてもよく飲みやすい。

◇究極の枝豆
CIMG1240 2

◇ジャークチキン
CIMG1246 2
まるで、ケバブみたいなスパイスが効いています。

最初のビールを飲み干したので、2杯目を頼みます。

◇1 アウトサイダー 大 430cc 950円
CIMG1248 2
店のおすすめということで、白ビールにしましたが、ほんとに飲みやすいです。
クラフトビールの楽しみ方は、いろいろありましょうが、今回は、味わいながら、少しずつ飲みます。

今回の目的の品を楽しみましょう。



◇トマ味噌もつ煮込み 500円
CIMG1251 2

CIMG1252 2
直径8センチほど、深さ5センチほどの器にて供される。
あくまでも、ビールのアテであるから、この程度というところだろうが、値段からすれば、もっと量は欲しい。

この煮込みは、ほぼ調理されてものを、注文を受けてから、鍋で温めなおすというもので、アツアツの状態。
これに、チーズがかけられている。

汁は、トマトと味噌という一見ミスマッチの組み合わせによるもので、変わり煮込みというジャンルになる。

実食することにする。

白モツに乗っているのは豆腐で、粉状に振りかかっているにが粉チーズ。
こういった珍しい光景を、初めて目にすることが出来たのは、幸福。
CIMG1254 2

汁の味は、断然、味噌の方がトマトを上回っているが、よく味わうと、確かに、トマトの酸味を感じ取れることが出来る。生まれて初めての味であり、面白いということは確かで、斬新さが光る。

具は、他に、人参と豆腐。薬味は、ネギ。 うまく汁に馴染んでいる。
CIMG1256 2
この後、具を全部食べた後、汁を飲み干したが、この時は、不思議なことに、トマトスープといった感じに変化していた。

この変わり種煮込みは、和洋折衷の創作系であり、煮込みの進化の可能性を示唆してくれるものだった。


滞在時間は、一時間強、気持ちも良くなってきたところで、店を出ることにしましょう。

会計は、2800円 ごちそうさんでした。
自己紹介です。

趣味は、美味い煮込み探し、SF映画鑑賞、漫画を書くこと、園芸、テレビドラマ、80年代アイドル歌舞伎町定点観測、ご飯おかわり自由の店探しなど。 好きな言葉…根性 持ち歌…マジンガーz、オレンジの雨

飲酒開始まで、もうすぐだ!
ギャラリー
  • 毎年恒例の松茸土瓶蒸し@近くの築地日本海
  • 毎年恒例の松茸土瓶蒸し@近くの築地日本海
  • 毎年恒例の松茸土瓶蒸し@近くの築地日本海
  • 毎年恒例の松茸土瓶蒸し@近くの築地日本海
  • 毎年恒例の松茸土瓶蒸し@近くの築地日本海
  • 毎年恒例の松茸土瓶蒸し@近くの築地日本海
  • 毎年恒例の松茸土瓶蒸し@近くの築地日本海
  • 毎年恒例の松茸土瓶蒸し@近くの築地日本海
  • 毎年恒例の松茸土瓶蒸し@近くの築地日本海
ブログランキング、クリックしてね
メッセージ
記事検索
もしかして参考になるかも。
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ