煮込みは人生だ! 毎日を面白いばら色にする楽笑

人間、生きているうちが華 ・・・楽しんでこそ、人生です。 美味いものを、安く食べられるところを探します。

変わり味煮込み

孤独の煮込み#31 クラフトビール ターコイズ(荻窪)

高倉健さんが、お亡くなりになりました。

御冥福をお祈り申し上げます。




久しぶりの「孤独の煮込み」は、荻窪駅北口です。 
ネットで見つけた逸品を食べにに参ります。

CIMG1232 2
(昭和の面影が未だ残る商店街)

今回の場所は、ここから、歩いて3分ほどの路地にあります。

クラフトビアスタンド ターコイズ
CIMG1274 2

「孤独の煮込み」で紹介する店のジャンルでバーというのは、新宿ばーる以来です。
バーの煮込みというものは、どうなんでしょう? 期待に胸が膨らむのは当然です。

中をのぞいてみると、カウンター端が空いていたので、入店しました。
勝手がわからなかったのですが、ここは、クラフトビールを気軽に楽しむ店です。

奥には、サーバーが備わっており、この日、用意されたビールの案内が置いてありました。
CIMG1243 2
ビールの量によって、小、中、大の3つが設定されています。
色々飲んでみたいところですが、2番は売り切れということでした。

新参者への配慮でしょうか? ここには、◇The 晩酌セットというお得なものがあります。
CIMG1236 2
クラフトビールに、二種のつまみがセットになっています。

今回は、 中 1350円を注文です。単純に計算したら、150円のトクになりますヽ(´▽`)/ヾ♪

◇5 志賀高原 其の十 280㏄ が出てきます。
CIMG1238 2
とてもフルーティーなビールで、香りがとてもよく飲みやすい。

◇究極の枝豆
CIMG1240 2

◇ジャークチキン
CIMG1246 2
まるで、ケバブみたいなスパイスが効いています。

最初のビールを飲み干したので、2杯目を頼みます。

◇1 アウトサイダー 大 430cc 950円
CIMG1248 2
店のおすすめということで、白ビールにしましたが、ほんとに飲みやすいです。
クラフトビールの楽しみ方は、いろいろありましょうが、今回は、味わいながら、少しずつ飲みます。

今回の目的の品を楽しみましょう。



◇トマ味噌もつ煮込み 500円
CIMG1251 2

CIMG1252 2
直径8センチほど、深さ5センチほどの器にて供される。
あくまでも、ビールのアテであるから、この程度というところだろうが、値段からすれば、もっと量は欲しい。

この煮込みは、ほぼ調理されてものを、注文を受けてから、鍋で温めなおすというもので、アツアツの状態。
これに、チーズがかけられている。

汁は、トマトと味噌という一見ミスマッチの組み合わせによるもので、変わり煮込みというジャンルになる。

実食することにする。

白モツに乗っているのは豆腐で、粉状に振りかかっているにが粉チーズ。
こういった珍しい光景を、初めて目にすることが出来たのは、幸福。
CIMG1254 2

汁の味は、断然、味噌の方がトマトを上回っているが、よく味わうと、確かに、トマトの酸味を感じ取れることが出来る。生まれて初めての味であり、面白いということは確かで、斬新さが光る。

具は、他に、人参と豆腐。薬味は、ネギ。 うまく汁に馴染んでいる。
CIMG1256 2
この後、具を全部食べた後、汁を飲み干したが、この時は、不思議なことに、トマトスープといった感じに変化していた。

この変わり種煮込みは、和洋折衷の創作系であり、煮込みの進化の可能性を示唆してくれるものだった。


滞在時間は、一時間強、気持ちも良くなってきたところで、店を出ることにしましょう。

会計は、2800円 ごちそうさんでした。

孤独の煮込み #8 はだか電球(方南町)

かつて、笹塚の「はだか電球」を訪問した時は、煮込みを食べ損ないました。

肉を食べ過ぎていたから・・・という理由からでしたが、あれから、あっという間に4年の月日が流れました。今回は、その姉妹店で、リベンジを果たすことにしましょう。

ヲタオヤヂ、一人で、がんばります!

はだか電球(ビルの2階です)

IMG_5221 2


ここには、999円で、「生ビール、枝豆、冷奴、好きな料理一品を選べる」お得なコースがあるのです。(※別途、席料が300円かかります。)

いいんじゃないですか、こういうのって。

着座してすぐ、生ビールをホッピーに変えてもらうというワガママ行動に出ました。無理を言いました(^^;)

IMG_5223 2

ホッピーは、いつもながら、美味いですね。

ほどなくして、枝豆と冷奴も、登場です。

IMG_5226 2

ちょい飲みには、定番の品です。テレビを見ながら、ぼちぼち、やります。

この店には、料理のランキングが掲げてあって、「自慢のすじ煮」は、第六位です。煮込み好きとしては、この微妙な位置が気になりますけどね。

「すじ煮 ください」

大きな声で、注文したのは、期待の証です。
主賓の登場を心待ちにしていたわけですが、よもやのドエライ一品が出てきました。


IMG_5231 2


IMG_5232 2

データファイル#8 はだか電球 方南町 居酒屋
        自慢のすじ煮 490円(単品の場合)


どんぶりに近い器にたっぷり入っている煮込みは、圧巻の体。
すぐに目に飛び込んでくるのは、堂々とした牛すじと大ぶりカットの根菜、人参と大根。
目を凝らせば、そこには、こんにゃくとごぼう。

汁の表面に、浮いている小さい脂が物語るのは、
この煮込みが、一般的なものと決定的に違うと教えてくれるようなもの。

・・・それが、汁のベース

一言で例えるなら、「がめ煮」の汁。砂糖、醤油、みりんが使われている少々甘辛い味。
鶏の味も、心なしかする。

この汁に、煮込まれた、とても一口では食べきれない牛すじ。
歯ごたえは、がめ煮の鶏肉とは全然異なるものであるから、パクリと、食らいつくのがいい。

醤油ベースで煮込まれることが多い牛すじを、あえて、この汁で煮るというチャレンジ精神には
敬意を表したい。また、二人以上で分け合ってもいいボリュームは、絆を深めるにはもってこいだ。

いわゆる煮込みとしては、やや亜流であるが、満足度の高い構成にしあがった逸品。


当時、笹塚店の記録を見ると、「すじ煮 560円」とあります。姉妹店といえど、店が違いますから、単純には比べられませんが、値段が下がっております。

これは、企業努力の賜物、そして、庶民感覚に近づいている証拠・・・好意的にとらえたいものです。煮込みの値段というものは、500円を超えると、とたんに「高いな」という印象になりますから。

世間には、「名は体を表す」ということわざがありますが、こと、煮込みに関しては通用しません。例えば、今回だけでも、「すじ煮」というだけでは、文字通りのことしか、わからないのです。

これが、「実際、食べてみないと分からない。食べたら、驚いた!」という魅力にもつながっていくのですから、本当に面白いものです。だから、煮込み探検、やめられません。ごちそうさん

※2015.7.7 改訂

自己紹介です。

趣味は、美味い煮込み探し、SF映画鑑賞、漫画を書くこと、園芸、テレビドラマ、80年代アイドル歌舞伎町定点観測、ご飯おかわり自由の店探しなど。 好きな言葉…根性 持ち歌…マジンガーz、オレンジの雨

飲酒開始まで、もうすぐだ!
ギャラリー
  • 毎年恒例の松茸土瓶蒸し@近くの築地日本海
  • 毎年恒例の松茸土瓶蒸し@近くの築地日本海
  • 毎年恒例の松茸土瓶蒸し@近くの築地日本海
  • 毎年恒例の松茸土瓶蒸し@近くの築地日本海
  • 毎年恒例の松茸土瓶蒸し@近くの築地日本海
  • 毎年恒例の松茸土瓶蒸し@近くの築地日本海
  • 毎年恒例の松茸土瓶蒸し@近くの築地日本海
  • 毎年恒例の松茸土瓶蒸し@近くの築地日本海
  • 毎年恒例の松茸土瓶蒸し@近くの築地日本海
ブログランキング、クリックしてね
メッセージ
記事検索
もしかして参考になるかも。
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ