煮込みは人生だ! 毎日を面白いばら色にする楽笑

人間、生きているうちが華 ・・・楽しんでこそ、人生です。 美味いものを、安く食べられるところを探します。

ご飯お替り自由

50円でライス食べ放題第2弾@壱角家(吉祥寺)

この日の吉祥寺は、曇り。今にも泣き出しそうな空模様です。
CIMG1534 2

ボージョレヌーボー解禁日というので、アトレで、まず一本買いました。その後は、ドンキホーテ吉祥寺店へ。
CIMG1537 2

ここには、日本一安いボージョレヌーボーがあるのです。税込なんと540円
酒売り場は地下なのですが、この日ばかりは、このワインは1階に置いてありました。

さあ、用事を終えたら、ランチです。

日替わり定食を安くて食べられるあの場所へ行くと・・・・
CIMG1540 2

値上げされて、540円が596円・゚・(ノД`)・゚・。
 
CIMG1541 2
最後の砦だったのに、残念です。 なんか気落ちしてしまい、他の店に行くことにしました。

そこで、目に付いたのが・・・この看板
CIMG1546 2

ライス 50円! 食べ放題 お替り自由

いいんじゃないですか。 
このシステム、今年3月の吉祥寺武蔵家以来です。あの時も、おおいに食べました。

店は、東京チカラめしの跡。階段を下りた先にあります。
壱角家 吉祥寺公園口店
CIMG1545 2

券売機で購入し、着席して、券を渡す時、「麺のかたさ」「味の濃さ」「脂の量」を伝えるのですが、面倒くさいので、全部「普通」にしました。

ここは店員さんが、全員女性という珍しいお店でもあります。なんか華やいでいますし、店内も綺麗です。
CIMG1561 2
(カウンターが高いので、対面の人も気になりません。)

◇ライス 50円 セルフで取りに行きます。
CIMG1550 2
きゅうりのかっぱ漬けとしば漬けが用意されているのも嬉しい。

まずは、ラーメン到着前に一杯目。
CIMG1553 2

ラーメンは、カウンター越しの手渡しでなく、女店員によって、運ばれてきます(^▽^)v

◇ラーメン並 680円
CIMG1555 2
濃厚な豚骨スープです。「普通」でも、このレベルってすごい。

低加水中太麺は、歯ごたえがあります。
CIMG1556 2

ここの店の特徴は他にもあります。

それは、卓上の調味料の豊富さ

タバスコだって二種もありますし、おろしにんにくとか、ごま、タマネギ・・・なんだってあります。

今回は、タマネギとおろししょうがを追加しました。
CIMG1558 2
アレンジしてみると、さらに美味いです。

さあ、ライスお替りです。
CIMG1559 2
すりごまをかけて食べたら、余計、美味くなりました。

吉祥寺、ドンキあたりの井の頭通り界隈は、家系ラーメン店がしのぎを削っております。
いろんな事情があるようですが、そういうことはともかく、こういった高いサービスで、喜ばせていただきたいものです。

ごちそうさん。

ご飯お替り自由の最強ワンコイン定食@西湖春酒家(新橋)

ランチを少しでも安くすませたい人は、このご時世、多いでしょう。自分も、その一人です(^^)

実は、今では夢のような4年間がありました。九州にいた頃で、昼食代はタダ。
繰り返しますが、自己負担金ゼロ 財布は必要なしの0円!

・・・というのは、部屋住みの仕事だったのが、その理由です。昼12時になると決まって、職員が、わざわざ部屋までお膳の料理を運んできてくれました。栄養バランスがよく考えられたもので、いつも美味しくいただいていました。
今、考えてみれば、極楽そのものだったのですが、その最中は、それがごく当たり前のことであり、有り難みが分かりませんでした。幸せというものは、その最中は気づかないものです(^^;)



この日の新橋は、秋晴れの清々しい天気です。
CIMG0435 2
ランチは、写真右手のニュー新橋ビルの地下に向かいます。先日のニューニコニコからの帰りに、ぜひ、行きたかった店があるのです。

西湖春酒家
CIMG0451 2
3回目の訪問ですが、前回までとは、ずいぶん様相が違っています。店内にわずか2、3人しかいなかった客が、今では10倍ほどになっていて、活気がものすごいんです。

この理由は、後で分かることになります。

今回は、大きく ”大サービス”と書かれた品の中からのチョイスです。

卓上のお茶を飲みながら待っていると、店員さんが「もう少しお待ちください」と声をかけてくれます。こういう心遣いというのは、嬉しいものです。 「写真も、どんどん撮ってください」との言葉にも、嬉し涙です。

◇チキンカツ 500円(税込)
CIMG0441 2
オー 500円にしては、立派な内容ですd=(^o^)=b
大盛りご飯、中華スープ、山菜の煮物、メイン、フルーツ

チキンカツは、中まで良く火が通っており、衣はサクサク。 ボリュームも、ジャンボ級です。
CIMG0443 2
チキンカツファンとしては、これくらいの揚がり具合は、諸手を挙げての大歓迎。最初は、醤油をかけて、その後は、ウスターソースをかけていただきます。美味いです。
小鉢の山菜煮物は、あっさりしているので、揚げ物の箸休めには、ちょうどいい一品です。

中華スープもいいです。
CIMG0445 2
一時、定食に付いてのが、味噌汁に変わっていたんですが、またランクアップです。

嬉しいのは、この定食、500円ながら、ご飯がおかわり自由なこと。

いいですか? もう一度言います。 ワンコインで、お替りできます!

二杯目は、弱気の半分盛りですけど。
CIMG0447 2

最後に、デザートのグレープフルーツまでいただきました。
CIMG0448 2
大大大満足です。 

この店の人気の理由がわかりました。充実した料理の質と量、徹底したサービス、激安価格、どれをとっても最高です。ごちそうさん。
※2015.4.1 一部改訂 ※2015.7.15一部改訂

お得なハンバーグ定食に大満足@ビフテキ屋まるり(荻窪)

北海道に行って、リフレッシュ出来たことは、本当に良かった

同じく旅から戻ってきたワイフに、こう告げると、「また行きなさい」と有難い言葉をもらいました。
旅人の気持ちは、旅人には速やかに理解されるものです。

旅というものは、何も遠くにまで行かなくても、自分が旅だと思えば、それでいいわけです。
近所の行ったことのない路地を訪問するのさえも、プチ旅になります。



今回は、荻窪駅北口前の狭い路地を探訪です。幸いなことに、まだ残っている素敵な場所です。

ここにあるのが、ビフテキ屋 まるり 杉並区上荻1-8-8
CIMG4058 2
実は、何回か、この前を通ったことはあるのですが、多少、面妖な雰囲気に、二の足を踏んでいたのです。

でも、この日ばかりは違いました。

行くぞ!!

ここを訪問することは、北見の雑居ビルにある初めてのスナックに飛び込むのに比べればたいしたことはありません。
CIMG3885 2
※初めてのスナックのドアは、とても重たかったですが、ママはいい人でした。90分で、4000円ほど。

勇気を振り絞り、日常の保守的行動から脱却しようとすることほど面白いことはないのです。


話を戻します。 店は、この階段を昇った先の三階にあります。
CIMG4082 2

意外と言っては失礼ですが、いかにも昭和のレストランといったくつろぎの空間が目の前に広がっていました。
案内されたのは、二人がけテーブル席です。

◇生ビール 500円
CIMG4065 2
こういうビアジョッキで飲むのも、オツなものです。

◇真心ハンバーグ定食 890円
CIMG4066 2

半分に割ると、こんな感じ。
CIMG4070 2
しっかりした下味が付いています。 ソースに浸して、口に運べば、めちゃくちゃ美味い。

ライスも、おのずとすすみます。
CIMG4068 2

ライスおかわり自由なので、二杯目は、卓上の漬物とガーリックチップを乗っけてから、かきこみました。
rais
お米は、いいものが使用されています。言うまでもなく大事なことです。

メニュー価格が税込というのも、現在においては、なんだか嬉しいものです。
ごちそうさん。また訪問したいお店です。

※2014.11.11 一部改訂 

旅の計画を、肉を喰らいながら練る@炭火苑(吉祥寺)

にほんブログ村 酒ブログ 東京飲み歩きへ

にほんブログ村” ←参加してます。よろしければ、クリックしてくださいね。


フーテン気質というものは、身にこびりついていますから、どうしようもありません。

暇さえあれば、どこかに旅行に行きたい
・・・そう気持ちでいっぱいです。 

かねてからのA国への夢旅行は、来年以降に持ち越しですが 、国内にもまだ行ったことがない県がありますから、そこらあたりから攻めていこうと思います。

旅の細かい計画を練るには、美味い物を食べながらに限ります(笑)
・・・というわけで、訪問したのが 


【炭火苑】
入居しているビルの入り口の立て看板(写真クリックで拡大)

44ad3c96-s
御多分にもれず、税込から税別に変わっています。

エレベータで三階にあがれば、もうそこは、店先。 扉を開けると、冷房がガンガン効いていました。
先日の”ぶぶか”のことがあったので、上着を持ってきて、大正解でした。

メニュー(写真クリックで拡大)
CIMG2998 2

前回、かなり満足度の高かった献立を、今回も注文です。
◇焼肉定食 カルビ 918円
042fe358

ライスは、推定 250g
62c9d7ec

肉が焼ける前に、キムチをお供に食べましょう。これだけで、どんぶり一杯いけます。
1359724b

このパンジャ、本当に美味いんです。

もちろん、おかわり。 これも、推定250g
c97a596a

われながら、よく食べるなと呆れるほどです。

ここの焼肉たれは、あっさりタイプですが、肉の旨みが引き出される絶品。
ウマウマと、二杯目も平らげました。 ごちそうさん。

ここに来た理由は、元気を付けて、旅行のプランを練るためです。
肉を食べると、前向きに、物事を考えられる気がするのです。

仕事関係で、全国の主要都市は、ほとんど行きましたが、それは県庁所在地ばかり。地方都市は、訪問していないのが実情です。

北海道にしたところで、14回の訪問のうち、札幌、釧路、旭川、函館、小樽、滝川※15回目の訪問で、北見、網走)を除けば、まだ、行ったことのない所ばかりです。

だんだんと体力の低下する年齢にさしかかるわけですから、今のうちに行っておかねば・・・と思うんです。
バスの時刻表や地元のグルメ情報を調べたりと、やることは山ほどあります。とても、楽しみです。

※2014.12.17 一部訂正(本文) ※2015.4.30改訂(写真)

【閉店】ごはんおかわり自由ほど素敵なものはない@東京チカラめし(吉祥寺)

!このお店は現在閉店しております。

この日も雨。 梅雨とは言え、こんなに降る年というのは久しぶりじゃないでしょうか?
CIMG2660 2
こんなひっそりした吉祥寺の風景ってレアなんですよ。

何を食べるかは、財布に入っている小銭の金額で決めます。ガッツリ系を求めて、一路、吉祥寺駅公園口へ向かいます。
CIMG2662 2

吉祥寺どんぶり”も捨てがたかったんですが、前回、唐揚げ定食でご飯お替りを楽しそうにやっていた中年男子の姿が目に残る東京チカラめしへ行くことにしました。

おやおや、いきなり、嬉しいお出迎え
CIMG2664 2
腹ペコ男子を取り込もうという作戦ですね。 乗ってやろうじゃありませんか(^^)

カウンター席には、あたかもオオグイという同志。猛者揃いです。
もちろん、今回もマイ箸持参で、食う気マンマンの定年世代男子です。
CIMG2669 2

◇焼肉唐揚げ定食 690円
CIMG2672 2
まず、サラダ、どんぶりのご飯、味噌汁、メインの順に届きました。目の前には、絶景が広がります。

ご飯は、推定285g 定食では最重量級です。嬉しい!
CIMG2673 2

唐揚げ 3個 肉もいい。
CIMG2679 2
食が進まないのが、おかしいくらいです♪

ここで、隣に座っていた強壮な体格の20代男子から、お替りコールです。いいですね。 ここは男子店員ですから、頼みやすいのも、好ましい点です。

自分も負けじと食べ進めていたのですが、その時です。

なんと、その男子が、
二回目のコールをしたのです。
・・・なんか、今まで、胸につかえていた疑問が一気に解けた気がしました。


お替り回数に制限があるのかどうか?
これが、長年の解くべき課題だったんです。少なくとも、二回出来ることが分かりました。


半分食べたところで、お替りコールをすることに。申し訳ないですが、少し変則的な頼み方をしました。


「6割がた、ください」

これが、お替り実物  推定180g
CIMG2681 2
これでも、けっこうな量があります。

でも、最後まで、美味しくいただきました。 味噌汁だけは、健康のことを考えて、少し残しました。ごちそうさん。
CIMG2682 2

ニュースによると、東京チカラめしは、ほとんどの店舗を、他店に譲渡された模様です。

6月以降、新メニューが登場したりしてテコ入れがはかられるかもしれませんが、せめて、この”ごはんおかわり自由”のシステムだけは残しておいて欲しいと願うものです。

※2015.6.25改訂
自己紹介です。

趣味は、美味い煮込み探し、SF映画鑑賞、漫画を書くこと、園芸、テレビドラマ、80年代アイドル歌舞伎町定点観測、ご飯おかわり自由の店探しなど。 好きな言葉…根性 持ち歌…マジンガーz、オレンジの雨

飲酒開始まで、もうすぐだ!
ギャラリー
  • 毎年恒例の松茸土瓶蒸し@近くの築地日本海
  • 毎年恒例の松茸土瓶蒸し@近くの築地日本海
  • 毎年恒例の松茸土瓶蒸し@近くの築地日本海
  • 毎年恒例の松茸土瓶蒸し@近くの築地日本海
  • 毎年恒例の松茸土瓶蒸し@近くの築地日本海
  • 毎年恒例の松茸土瓶蒸し@近くの築地日本海
  • 毎年恒例の松茸土瓶蒸し@近くの築地日本海
  • 毎年恒例の松茸土瓶蒸し@近くの築地日本海
  • 毎年恒例の松茸土瓶蒸し@近くの築地日本海
ブログランキング、クリックしてね
メッセージ
記事検索
もしかして参考になるかも。
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ