煮込みは人生だ! 毎日を面白いばら色にする楽笑

人間、生きているうちが華 ・・・楽しんでこそ、人生です。 美味いものを、安く食べられるところを探します。

カレーライス

ワンコインだけど、美味いカツカレー@マイカリー食堂(三鷹)

カツカレーが大好きだいう方は、世の中に、ごまんとおられるでしょうが、美味いものを食べようとなると、それなりの値段はしますし、交通のアクセスが悪かったりするから、労力も必要とします。

今回は、リーズナブルな値段でカツカレーを食べられる、アクセスのいいという二つの条件を満たした店を訪問することにしました。

その店があるのは、三鷹

1636


北口から、徒歩わずか数分で到着です。
マイカリー食堂

1637

あの松屋が経営している唯一のカレー専門店です。

店先のメニューをチェックしましょう。

1642

通常なら、640円のロースかつカレーが、ワンコインという嬉しい知らせに小躍りしました。

店内は、間口とほぼ同じ長さの長いカウンターが備わっていて、端の方に座りました。時間帯のせいかすいていたので悠々です。

まずは、 ◇ビール 300円で、ひとり乾杯です。

IMG_1372 2

スーパードライ小瓶です。効率を考えたら、缶ビールなんでしょうが、瓶の方が美味く感じるものです。美味い!

ここでは、無料で辛さ(三段階)が選べるのですが、店のオネエサンが、「私は、中辛が好きです」とのアドバイスに、迷うことなく従いました。

◇ロースかつカレー 中辛 500円

IMG_1378 2

おおお、500円にしては、綺麗な見た目じゃないですか! 同業各社に遜色はないですよ。

横から見たところです。

IMG_1382 2

カツには、中までよく火が通っています。

ルーは、ややどろりとした感じです。

IMG_1383 2

辛さが後からやってくるというようなスパイシーな感じであり、アドバイスに従って良かったと思いました。

カツを、カレールーに浸しても美味い!

IMG_1387 2


卓上に備わった福神漬けで、口直しをしながら、一気に完食しました。

IMG_1388 2

あー 美味かった。ごちそうさんでした。

ここで気がつきました。
自分は、松屋のカレーを食べたことがなかったんです。だから、比較は出来ません(^^;)

11ヶ月ぶりの訪問は、期間限定カレー@ゴーゴーカレー新宿東口中央通りスタジアム

歌舞伎町の方へはまめに行っていますが、新宿東口あたりをぶらつくのは久しぶりです。
あれれ! 新宿国際劇場跡が取り壊されておりますよ。
IMG_0651 2
このあたりで異彩を放つ場所だっただけに名残惜しい気もします。写真ファイルで、前風景を探ってみましたが、見つけることが出来ませんでした。

このあたりを散策していると、もうお昼時。どこで食べようかと悩んでいたら、ゴーゴーカレーを久しく食べていないことに気づきました。後で調べたら、11ヶ月ぶりのことになるんです。時間が経つのは早いです。

今回は、新宿東口中央通りスタジアムへ。
IMG_0678 2
きらびやかな看板が多い新宿にあっても、インパクトは抜群です。どこからでも分かります。

正面の入り口に入ると、すぐに、券売機があって、そこで購入してから、二階へあがります。
そこは、さすが、新宿クオリティーとも言える極小空間です。地方出身者が、初めて訪問したら、大都会を一瞬にして自覚できるものです。自分も、最初はそうでした。

案内されたのは、その狭小なカウンターの一番隅でした。まあ、ラーメンの一蘭だって似たようなもんですし、かえって、カレーと真面目に向き合えるというものです(^^)

◇期間限定 ハワイアン ロコモコ風カレー エコノミーサイズ 880円
IMG_0661 2
やってきました。これこれ、ゴーゴーカレーゴーカレー

ハンバーグを見ましょう。
IMG_0664 2
最近、格安ハンバーグばかり食している身ですが、ボリュームもそこそこあるし、固くもなく柔らかくもない食感がいいです。

それより気になったのが、カレールーの味。いつもより、ガツンとくる辛味が少ないように感じましたが、気のせいでしょうか? まあ美味けりゃいいんですけどね。
IMG_0666 2

目玉焼きを、真ん中に移動です。
IMG_0669 2
目玉焼きを二つに割ると、黄身がトロリ。 ハンバーグにまみれてきました。こういうの大好きです。
IMG_0670 2

キャベツのおかわりは、ここではセルフサービス。
IMG_0673 2
結局、二回おかわりしました。野菜を、たんと、取らないといけない年なんです。
あー 美味かった。ごちそうさん。

改めて店内を見渡すと、トッピングがパワーアップしていたり、ソフトサイズなるものが登場したりと、いろいろ工夫がなされています。ゴーゴーカレーの将来に目が離せません。
IMG_0675 2

美味すぎて、涙が出る洋食@でみぐら亭(中野新橋)、 菊正宗すだち冷酒

先日、荻窪で、美味いと評判のオムライスを目指して行ったところ、定休日で涙を飲んだことを書きました。
あれ以来、オムライスのことが気になって仕方ありませんでしたが、これは食いしん坊ゆえの宿命です。それで、どこか他にいい店がないかと探してみると、中野新橋に良さげな店があり、行ってみることにしました。
IMG_0626 2
駅からは、それ程遠くはありませんが、周囲に飲食店は、さほどなく、ぽつんと、看板だけがあります。
洋食や でみぐら亭
IMG_0629 2
外観を撮影してから入店すると、そこは、見るからに、これぞ洋食屋さんというたたずまい。飲食には、雰囲気というのも大事なんです。期待が持てます。

まずは、◇瓶ビール500円税込から。
IMG_0630 2
最近は、サントリーを置く店もチラホラみかけますが、今回は、プレモルではありません。でも、大好きなテイストで、美味い。ほぼ同時に出されたのは、福神漬と春雨サラダです。こういうのが、あると手持ち無沙汰にならずにすみ、ありがたいです。 美味いです。
IMG_0634 2
ノドを潤してから、じっくりとメニューを眺めます。どれも美味そうなものばかりで、目移りしてしまいますが、ここは、オムライスメニューの中から、
◇フワフワオムカレー980円をチョイスです。ビールを半分くらい飲んだところで、メインの登場、すぐに味噌汁も供されました。
IMG_0636 2
見事なオムライスの出来上がりです。なんでも、シェフは、あのたいめいけんで、腕をふるっていたそうですから、道理で、素晴らしいわけです。値段もリーズナブルなのも嬉しい話です。
もったいないですが、オムライスを割ってみると、中から、チキンライスが顔をのぞかせました。
IMG_0638 2
これぞ、洋食の中の洋食というものでしょう。

オムライスに程よくからんでくるのが多少甘めのカレーですが、デミグラスソースも入ったソースの感もあります。これもとても味わい深い。
IMG_0639 2
牛肉が見つかりました。さながら、シチューのようでもあります。美味い!

IMG_0642 2
あまりに美味いと目を閉じてしまい、嬉し涙が出るのですが、こういうことは、年に数回のこと。この日がそうでした。あっと言う間に、食べ尽くしてしまいました。
1490円で、この満足感なら、十分すぎるものと思います。あー 美味かった。ごちそうさん。 再訪必至です。


夕食で、ホッピーと芋焼酎のお湯割りを飲んだ後は、書斎で、ゆっくり飲み直しです。
セブンで氷を買ってきて、ロックで飲んだのは・・・
IMG_0679 2
IMG_0680 2
これは、うたい文句通りに飲みやすい酒です。日本酒というカラーは薄くなり、チューハイに近い感じです。これを飲みながら、「吉田類の酒場放浪記」を見ていると、新宿二丁目のやきとり屋が紹介されていました。世の中には、まだまだ知らない良店があるものです。

アテは、ワイフがくれたこの品
IMG_0682 2
意外に、日本酒に合いました。

酒というものは楽しく飲むのが一番です。あーだこうだと言う前に、こだわらずに、すべてを受け入れる・・・そういきたいものです。

洋風居酒屋 でみぐら亭オムライス / 中野新橋駅中野富士見町駅新中野駅

やはり、カツカレーは美味かった@キッチン南海 高円寺店

ワイフは、某アーティストのライブで、この日もお出かけです。ということは、夕食をどこかで食べることになります。

実は、我が家のキッチンは、男子立ち入り禁止なのです。食器から調理器具に至るまで、全てワイフの見立てです。先日は、ブナの汁椀 一客4000円を家族分揃えましたが、これで汁物を食べると、たちまちにして料亭気分になれるわけですから、そう考えれば安いものかもしれません。

さて、暑かったこの日のこと、どうしても体力を消耗します。こうなれば、何かガッツリとした食べ物でいきたくなり、頭をよぎったのは、カツカレー。有名ブロガーさん方ご推薦のこの店にまいりました。

キッチン南海 高円寺店
IMG_0316 2

IMG_0337 2
高円寺駅北口から、ナビを頼りに行きましたが、住宅街の細道をクネクネと歩き、やっとのことで到着。キッチン南海と言えば、神保町店には、約6年前訪問したことがあって、この時も、カツカレー700円を賞味しました。その豪快さと美味さに衝撃を受けたものです。 今回も楽しみです。

ちょうどタイミングが良くて、二人がけテーブル席に着座出来ました。この日は、この後、歩かないといけないので、酒なしです。ちなみに、生ビールは、540円です。水は、こまめに注いでくださるのが、嬉しいです。
IMG_0320 2

10分ほどで、お待ちかねの ◇カツカレーライス 790円 の登場。
IMG_0321 2
神保町店から想像していた黒いカレーとは見た目は別物です。これには、意外でした。

IMG_0325 2
千切りキャベツを背に、もたれかかるように並んでいるのカツは、食いしん坊の食欲を限りなく引き出すには十分なもので、素晴らしいの一言に尽きます。

そして、何より、このカレールーが信じられない位の美味さでした。とても素人では再現できない奥行きのあるものなのです。脳天の食欲中枢を巧い具合に刺激してくれてます。
IMG_0326 2

忙しいと、とかく揚げ置きになりがちなトンカツも、その都度、揚げてくれるので、アツアツの状態。「熱いから気をつけてください」というお言葉には、心遣いが込められているんです。
IMG_0327 2

千切りキャベツの下には、ボリュームたっぷりのライスが隠れています。これなら、ガッツリ飯大好き人間にも納得してもらえるのは間違いありません。普通のどんぶり一杯分は確実にあります。
IMG_0331 2

ブロガーとしては、写真を一通り撮り終えたら、安心しました。その後、一気に食べ進めました。こんなガツガツ食べる時だけは、若かりし20代に戻った感じになれるというものです。つまり、精神的に、若返り効果があるっていうことでしょうね。
IMG_0335 2
あー美味かった。ごちそうさん。また、ぜひ訪問したいお店です。

店を出ると、すぐに、夜風が吹いてきて、体全体に当たりました。この強弱ついたゆらぎの風というものは、本当に気持ちいいもんです。昼間の猛烈な暑さがあるから、余計に、そう感じるものなんでしょう。秋というものは、こうして、すこしずつですが、忍び寄ってくるもんなんですね。

気温の高い日中なら、とても無理であろう新高円寺駅までの散歩は20分ほど。風のおかげで、とても快適なものになりました。自宅に帰り、シャワーを浴びてから、キンキンのホッピーを煽り、就寝。いい日になりました。

祭りのあとは焼きカレー@星乃珈琲店(阿佐ヶ谷)

ワイフに誘われ、阿佐ヶ谷の七夕祭りに行ってきました。
IMG_0237 2

パールセンターもかなりの人出です。
IMG_0254 2

これが祭りというもんなんですが、人をかき分けているとノドが乾いてきて、泡の補給です。400円のものが、300円に値下げされていました。
IMG_0247 2
やー こうして歩きながら飲むビールっていうのは格別ですね。美味い!

アテに買ったのは、 ◇うなぎの肝焼 200円 ◇フランクウインナー 200円 
IMG_0257 2
肝焼は、その苦味が心地良い美味さで、2本なんて、ペロリと食べてしまいました。うなぎは、本当に美味いですね。

この日は、夜になっても気温が高く、人混みを避けたい気持ちもあって、涼しい所へ入ることにしました。
星乃珈琲店 阿佐ヶ谷店(外観撮り忘れました)

2階にあがり、 ◇瓶ビール(小)450円を飲みながら待っていると、15分ほどで運ばれて来ました。
◇窯焼きカレー 830円
IMG_0269 2
以前から言っているように、焼きカレーは大好物なんです。

IMG_0273 2
ライスは、硬め、これがドリアと違う点です。カレー自体は、多少甘口です。目玉焼きを崩せば、もっと甘くなります。

さりげなく、入っていたソーセージには、オドロキ。嬉しいです。
IMG_0276 2

残っていたビールと一緒に食べると、最高のものになりました。
IMG_0283 2
あー 美味かった。 ごちそうさん。 
自己紹介です。

趣味は、美味い煮込み探し、SF映画鑑賞、漫画を書くこと、園芸、テレビドラマ、80年代アイドル歌舞伎町定点観測、ご飯おかわり自由の店探しなど。 好きな言葉…根性 持ち歌…マジンガーz、オレンジの雨

飲酒開始まで、もうすぐだ!
ギャラリー
  • 毎年恒例の松茸土瓶蒸し@近くの築地日本海
  • 毎年恒例の松茸土瓶蒸し@近くの築地日本海
  • 毎年恒例の松茸土瓶蒸し@近くの築地日本海
  • 毎年恒例の松茸土瓶蒸し@近くの築地日本海
  • 毎年恒例の松茸土瓶蒸し@近くの築地日本海
  • 毎年恒例の松茸土瓶蒸し@近くの築地日本海
  • 毎年恒例の松茸土瓶蒸し@近くの築地日本海
  • 毎年恒例の松茸土瓶蒸し@近くの築地日本海
  • 毎年恒例の松茸土瓶蒸し@近くの築地日本海
ブログランキング、クリックしてね
メッセージ
記事検索
もしかして参考になるかも。
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ