煮込みは人生だ! 毎日を面白いばら色にする楽笑

人間、生きているうちが華 ・・・楽しんでこそ、人生です。 美味いものを、安く食べられるところを探します。

日高屋期間限定メニュー

スマホ機種変更してから、いつものレバニラ@日高屋荻窪南口店

スマホ二台持ちの身ですから、二年縛りの更新月をいい機会とし、一方をやめようと思っていました。仕事用とプライベート用を持つほど忙しい身分でもないですからね(^^;)

すると、自宅にハガキが届き、キャンペーンで、今までと同じ値段で、スマホの最新型に変えてくれるとのこと。販売店に行きますと、性能が格段に上がり、ワンセグのテレビ機能も付いているというので、更新することにしました。
ちょうど、高校野球も始まりましたし、これからは、大好きな大相撲も見られるというのは、好都合なのです。

スムーズに事が運び、新スマホを受け取った途端、腹の虫が鳴きました。猛暑が続く日々で、頭に浮かんだ食べ物は、レバニラ炒め。 それも、日高屋の慣れ親しんだものが食べたくなったのです。約二年ぶりになるんですが、月日が経つのは早いですね。

日高屋 荻窪南口店
IMG_0290 2
お好きな席をというので、一番端っこのテーブル席に着座です。荷物を置く棚が隣にあって大助かりです。

まずは、 ◇瓶ビール 430円(税込)
IMG_0294 2
もっと、キンキンに冷えていても良かったです。お疲れ様の一杯は格別。

ここで初めて食べるのが、 ◇やきとり 170円
IMG_0298 2
湯気が出ておりました。甘がらいタレに浸された鶏肉はちょいとつまむにはいいです。

すると、ものの数分で、 ◇レバニラ定食 650円 が供されました。
IMG_0301 2
テーブルに乗り切れないくらいになりました。

せっかくなので、レバの箸上げ写真(^^;)
IMG_0304 2
約束された味ですから、安心です。美味い。

食べ残っていたやきとりをライスに乗せて、焼き鳥丼風にしました。
IMG_0306 2
これって、意外に美味かったです。限られた条件の中で、どうしたら、楽しく食べられるかと考えてみるのは大切だと思いました。

レバニラっていうのは、熱いうちが美味いので、一気に食べ進めました。もちろん、スープの手助けは必要でした。
IMG_0308 2
あー 美味かった。日高屋が、この世にあって良かったです(^^)

なかなかのトマト酸辣湯麺@日高屋(吉祥寺)

にほんブログ村 酒ブログ 東京飲み歩きへ
にほんブログ村” ホッピー飲みたい・・・という方は、クリックお願いします


ひつまぶし御膳は、最高に美味しかったわ。 3000円くらいしたけど・・・

某アーティストの名古屋ライブから帰ってきたワイフが、教えてくれました。

名古屋か!? そう言えば、15年くらい行ってないな

・・・振り返れば、学会で数回行ったきり。あまり思い出というものがないワガハイですが、最近は発展著しいそうでもあり、ぜひ、機会を見つけて、名古屋メシを食べてみたいものです。



そういったワイフの事情もあって、夕食を食べて帰ることにしました。

日高屋 吉祥寺店
CIMG2687 2
ここは、期間限定の品を出してくれるので、これが楽しみです。1月は、五目あんかけラーメンを食しました。

この日は、かなり空いていたので、ゆっくりと、カウンター席を占拠できました。

まずは
◇ホッピー 370円でノドを潤しましょう。
CIMG2695 2
いつもながらの良いのど越しで、美味いです!  日高屋で、ホッピーを飲んだのは、本当に久しぶりです。

今回のオーダー品は、期間限定
 ◇トマト酸辣湯麺 570円
CIMG2697 2
思ってた以上に、ボリュームがあります。それは、酸辣湯麺につきものの、卵とじが多いからです。
野菜も一杯入っていて、プチトマト二つがいいアクセントになっています。


CIMG2702 2
卵のまろやかさのおかげで、味は、それほど辛くありません。おこちゃまでも、大丈夫です。

ホッピーを飲みながら、ハフハフ、食べるのもいいもんです。
CIMG2703 2

ここで、ラー油を投入です。
CIMG2707 2
辛さが増していい感じになりました。 これから、一気に完食です。
 
あー 美味かったd=(^O^)=b 

吉祥寺駅前に出来た憩いの空間で、夜風に吹かれ、酔いを少し冷ましてから帰宅しました。
CIMG2711 2

※2014.11.23 改訂(フォント)

五目あんかけラーメン、いいぞ@日高屋(吉祥寺)

吉祥寺を初めて訪問したのは、2007年のこと。

その頃、中央線には、まだ、オレンジ電車が走っておりました。

kitijyo

いかにも頑丈そうなガタイには、無条件に、この身を預けてもいい頼りがいを感じました。

一方、井の頭線吉祥寺駅の方は、ユザワヤが入った駅ビルが、印象的でした。
一旦、ここに足を踏み入れれば、どちらの方へ行けば出られるのか分からなってしまうのも、毎度のことでした(^^;)

このビルは、現在、建て替えられているところで、こういう感じになっています。吉祥寺大通りの突き当りにある、真正面に見える建物がそれです。

CIMG0457 2

こうして、街の変遷を見届けていくのは、面白いものです。そして、歩いた分だけ、お腹もすくので、食べ物も美味しくなるというものです。

今回は、日高屋の季節限定メニューを食べに行きます。

hida

例えば、新宿店と比べれば、かなり店は広いのですが、それでも、かなり多くの客が押し寄せるので、階段には行列が出来ています。こういう待ち時間だって、食べる品が決まっていると、気分悠々となります。

着座すると、すぐに、オーダーです。しばらくしての登場です。

◇五目あんかけラーメン560円

CIMG0462 2

とろりとした餡ということが、一目、表面を見ただけで、わかります。麺はもちろん、それぞれの具材に、まとわってくるのが、いいところです。

CIMG0465 2

餡が、十分に、熱さを保っていているおかげで、最後までアツアツの状態で、食べることが出来ました。
ラーメン業界において、この”餡”というモノを発明した人っていうのは、本当に偉いです。

サラサラスープでは、決して出来ないであろう技の数々、例えば、アツアツ技、ノドゴシツルツル技、ツツミコミ技・・・何でも、難なく、やってのけるというのは、実力者ならではのものです。

寒い冬には、もってこいの五目あんかけラーメン560円、ごちそうさん。

CIMG0464 2
※2015.7.15改訂

自己紹介です。

趣味は、美味い煮込み探し、SF映画鑑賞、漫画を書くこと、園芸、テレビドラマ、80年代アイドル歌舞伎町定点観測、ご飯おかわり自由の店探しなど。 好きな言葉…根性 持ち歌…マジンガーz、オレンジの雨

飲酒開始まで、もうすぐだ!
ギャラリー
  • 毎年恒例の松茸土瓶蒸し@近くの築地日本海
  • 毎年恒例の松茸土瓶蒸し@近くの築地日本海
  • 毎年恒例の松茸土瓶蒸し@近くの築地日本海
  • 毎年恒例の松茸土瓶蒸し@近くの築地日本海
  • 毎年恒例の松茸土瓶蒸し@近くの築地日本海
  • 毎年恒例の松茸土瓶蒸し@近くの築地日本海
  • 毎年恒例の松茸土瓶蒸し@近くの築地日本海
  • 毎年恒例の松茸土瓶蒸し@近くの築地日本海
  • 毎年恒例の松茸土瓶蒸し@近くの築地日本海
ブログランキング、クリックしてね
メッセージ
記事検索
もしかして参考になるかも。
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ