煮込みは人生だ! 毎日を面白いばら色にする楽笑

人間、生きているうちが華 ・・・楽しんでこそ、人生です。 美味いものを、安く食べられるところを探します。

生ホッピーが飲める店

最高品質 樽生ホッピーをとことん堪能@ホッピーハウス 美好(住吉)

生ホッピーが飲めると聞いて、以前から行きたくてたまらなかったお店に、親友を誘って、ようやく訪問することが出来ました。
場所は、江東区扇橋ですが、一番近いのは、メトロ半蔵門線と都営新宿線が乗り入れしている住吉駅。ここから、徒歩で7分ほどです。
ホッピーハウス 美好
住吉 美好
ホッピーのファンなら、泣いて喜びそうな目を引く外観です。自分も、雨の中に、これを見た途端に、テンションが上がりました(^^)

縄のれんをくぐり、扉を開けると、そこは、落ち着く空間です。こういう雰囲気は、一朝一夕には出来上がるものではなく、貴重なものです。店内には、カウンターとテーブル席が備わっていますが、予約しておいたので、一番、いい四人がけテーブル席に着座出来ました。

壁一面には、多くの短冊が所狭しと貼ってあり、ノンベエの心をくすぐります。
IMG_1041 2

さっそく、 ◇樽生ホッピー(白) 380円(税込、以下同じ)で乾杯です。突き出しは、キャベツです。
IMG_1026 2
一口飲んでみると、これが、実に、素晴らしい樽生ホッピー! いろんな店で、生ホッピーを飲んでいますが、間違いなく、最高品質でした。口当たりが、実にまろやかで、ノドごしが抜群にいいのです。こういう良品で、友と語らえるなんて、もう、ただただ嬉しい限りです。同時に、この樽生ホッピーを、ぜひ全国のみなさんにも、飲んでいただきたいと思いました。

アテは、いろいろ揃っていますたが、400円台が中心で、気安い品ばかりです。
◇にんにくの芽レバー炒め 420円
IMG_1028 2
◇川えび 420円
IMG_1029 2
どちらも、ホッピーに合うアテです。美味い!

ここで、◇樽生ホッピー(黒) 380円 をおかわりです。何しろ、美味すぎるので、ぐびぐび飲んで、すぐにジョッキが空になるのです。
IMG_1032 2

◇ゲソバター 400円 半生っぽい食感が心地よく、塩味が程よく効いて美味い。
IMG_1033 2
◇牛もつにこみ 400円 元にこけんですし頼みました。下町の食べやすい煮込みです。
IMG_1038 2

◇樽生ホッピー(ハーフ&ハーフ) 380円 ここには、この品まであるのですから、すごいです。
IMG_1036 2

◇ポテトフライ 400円
IMG_1045 2

楽しく語り合うと、ホッピーも、おのずとすすみます。一杯380円という気安さもいいし、女将さんの接客も最高なので、ここから、バンバンと、ホッピーを追加注文しました。親友も、この美味さが気にいってくれて、良かったです。

結局、二人で、計12杯くらい飲んだのではないでしょうか? 気持ちよく酔っ払っていたので、正確に覚えていません(^^;)

まあ、とにかく、楽しくて仕方のない、特に、ホッピーファンならば、ぜひ、足を運ぶ価値のある素晴らしいお店でした。会計は、ひとり 5000円ほど。あー美味かった。ごちそうさんでした。 また、行きたいお店です。

店のすぐ目の前は、バス停となっていて、住吉駅は、ふたつ目、錦糸町駅まで 四つ目で着きます。次回は、このルートを逆にして訪問すれば楽です。
結局、錦糸町駅まで行って、総武線に乗って、帰宅しました。いい夜になりました。

美好居酒屋 / 住吉駅菊川駅

生ホッピーでステーキとは贅沢な話@もつ焼き でんじろう(駒込)

都内で、生ホッピーが飲めるところをコンプリートしようと、ブックマークだけはしているんですが、ようやく、チャンスが巡ってきました。生ホッピーの、あのまろやかな口当たりが、とっても大好きなんです。

今回、訪問したのは、駒込。記憶をたどっても、この駅で下車したことは初めてではないかと思います。
IMG_0832 2

南口から、歩きますと、よさげな立飲み屋や飲食店がありますが、先を進み、5分ほどで到着。
もつ焼き でんじろう
IMG_0834 2

時間が良かったのか、カウンターのど真ん中に、ゆっくり座れました。こういうゆとりは望ましいですね。

まずは、お目当ての◇生ホッピー 400円(税抜)から
IMG_0836 2
キンキンに冷やされたジョッキで供されます。このように大事にされた生ホッピーの美味いこと美味いこと。体中にしみ渡ります。
◇ポテトサラダ 200円をアテにして、頼んだ品の焼き上がりを待ちます。シンプルな品ながら、ジャガイモの味を堪能できます。
IMG_0839 2

◇網焼き和牛ホルモン(タレ) 500円
IMG_0841 2
このコラーゲンの塊というような外観が、食欲をそそります。品名のように、網で焼かれた焦げ目がいいです。

一塊を、口にポンと放り込めるようなちょうど良い大きさなのも好ましいです。
IMG_0843 2
噛むたびに、口の中に、ホルモンの旨みが広がって、そりゃもう極楽。

ここで、生ホッピーを追加するしかありません。一杯400円だから気楽です。それにしても美味い!
IMG_0848 2

肉をもう少し食べたくなって
◇和牛鉄板ステーキ カイノミ 100g 950円
IMG_0851 2
まさか居酒屋さんで、フォークとナイフを使うことになるとは思ってもみませんでした(^^;)

長く生きてきましたが、生ホッピーとステーキを一緒に楽しんだのは、初めてのこと。
IMG_0852 2
この美味さをどう表現したらいいものやら(^^)

口直しに ◇オニオンスライス 200円
IMG_0858 2

おかげで、最後まで美味しく、食べられました。
IMG_0860 2
あー 美味かった。ごちそうさん。会計は、3000円にちょい足りないくらいでした。この内容なら大満足です。

今回は、生ホッピーが第一の目的で、この店を訪問したのですが、思いがけず、美味い肉に出会えました。こういう思ってもいない流れが、居酒屋探訪の面白さとも言えるのです。
いろんな場所で、ドリンクも料理も冒険心を持って臨みたものです。

でんじろう居酒屋 / 駒込駅田端駅

生ホッピーに、焼き鳥はよく合います@とり善(秋葉原)

先日の「吉田類の酒場放浪記」で、生ホッピーが飲めるという店が放送されており、生ホッピー愛好家としては、いてもたってもおられず、さっそく行ってきました。

場所は秋葉原、10年ほど前は、カプセルホテルに寝泊まりしていた場所でもあります。久しぶりに行ったので、迷ってしまいました。スマホが調子悪く、ナビが出来なかったせいもあります(言い訳がましいですが)。

ようやくたどり着いたのは、とり善
IMG_0101 2

入店時、一人ですと伝えると、カウンターを案内されましたが、肥満体にとっては、窮屈でした。
さあ、気を取り直して、生ホッピーを注文です。すると、「ナカはキンミヤでいいですか?」と聞かれ、もちろんそれにしました。

◇キンミヤ200mカップ 400円?が出てきて、客は、ホッピータンブラーに好みの量を入れ、店員さんに手渡すと、このサーバーに生ホッピーを注いでくれるという未だかつて経験したことのないシステムです。
IMG_0106 2

IMG_0136 2

これが、星二つ分、110mlのナカを入れて作ってもらったものです。
IMG_0107 2
いつもながらのまろやかな口当たりは、信頼の証です。美味すぎて、ぐびぐび飲んでしまいます。

◇お通し は、海藻の和え物というかお浸しです。ひじきとか、もずくに比べ、馴染みがない初めてのものをしみじみ食べました。
IMG_0110 2

間もなく、 ◇Bセット 750円が登場。焼き物です。
IMG_0119 2
左から、つくね串(160円)、しそ巻、チーズ巻、ぼんじり(各200円) ()は単品価格ですから、10円の得。最近、 10円ずつ値上げしたらしいですから、こうなったんでしょう。
おお振りで食べごたえもありますし、味もいいですから、満足です。

ここで、もう一杯、生ホッピーのお替りです。ナカの残りも、90mlでちょうどいいです。
IMG_0118 2
再び、美味しと唸ってしまいました。モタモタしていると、せっかくの焼き鳥が冷めてしまうので、パクパク食べました。

ふと、栄養バランスを保つために、炭水化物を取らねばと思い、 
◇じゃがバター 380円を注文。
IMG_0134 2
この時点で、お隣さんが店を出て、席に余裕が出来て、ゆっくりと食べることが出来、良かったです。

美味い生ホッピーを飲んで、幸せ気分。会計は、2500円ほど。楽しい夜でした。

とり善焼き鳥 / 秋葉原駅岩本町駅末広町駅

丸一年ぶりだけど美味い生ホッピー@ぢどり屋(中野)

なんだか、急に、生ホッピーを飲みたくなって、中野に行くことにしました。
いつもなら、予約して行くんだけど、今回は突撃訪問ということになります。前回からちょうど丸一年ぶりです。

ぢどり屋 中野店
IMG_8618 2
カウンター席が満席なので、二人用テーブル席に通され、これは良かったです。

まずは、◇晩酌セット 880円(税抜)から、生ホッピー(白)と炭火もも焼(ハーフ)を選択です。
生ホッピーが先着です。
IMG_8621 2
やっぱり、いつどこで飲んでも美味いです。幸せです。

少し遅れて◇豆腐丸ごと一丁アツアツ厚揚げ 290円と共に、もも焼が供されました。
IMG_8625 2
炭火もも焼は、見るからに美味そうです。実際、美味いんです(^q^)
IMG_8629 2

厚揚げも、表面カリカリ、中はクリーミーで美味い。
IMG_8633 2

生ホッピーのジョッキは、あっという間に空になってしまいました。
◇生ホッピー(黒) 390円を頼みます。これも、もちろんのこと、美味い!
IMG_8638 2

◇バリバリキャベツ 290円  野菜高騰の折、結構ボリュームがあるのは嬉しいです。
IMG_8640 2

最後に、もうひと品。 ◇月見つくね 390円
IMG_8642 2

見た目から想像できない柔らかさの中にも、軟骨のコリコリ感を味わえる逸品です。味も奥深いものです。
IMG_8646 2
いろんな食べものを楽しく食べるっていいですね。ごちそうさん。
※2015.7.26改訂(写真追加)

何度飲んでも美味い生ホッピー@太陽食堂(東高円寺)

ある日の夕方、急に生ホッピーが飲みたいという気持ちがわいてきて、4か月ぶりに、行ってきました。
カテゴリーに、「生ホッピーが飲める店」というのを設けていますが、その中から、今回は、一番行きやすかった居酒屋に決めました。

太陽食堂
CIMG1032 2
メトロ丸の内線東高円寺駅下車すぐのところですが、初めての人は、多少、戸惑うかもしれません。
この「太陽食堂 もつ煮込」と書かれた赤提灯が目印です。

この日は、あいにくの雨。 しかし、生ホッピー好きヲヤジには、あまり関係のない話ですε=(^ε^)プッ!

店内は8割がたの客入り。 一人でしたからカウンターに座ろうかとも思いましたが、ここには、仲良しカップルが肩を並べて座っていたので、二人掛けテーブル席に座りました。 

ここからはテレビも良く見えるし、ナイスポジションです。

まずは、迷うことなく、◇生ホッピー(白) 400円(以下税別) 
CIMG1033 2
生ホッピーは、都内屈指の美味さです。まろやかな味は、一級品の証。もう、幸せです。

前回は、煮込みを食べたので、今回は、別のものにしましょう。
◇タンのみそ煮 450円
CIMG1039 2
みそ煮といっても、それほどくどいものでなく、茹でタンといった面持ちです。

辛めのたれに漬けて食べます。そんなに飛び上がるほどの辛さではないです。
CIMG1042 2
硬くもなく柔らかくもない食感が持ち味。心地よい歯ごたえを楽しみながら、生ホッピーを飲む。この作業って、永久に続けていられる楽しいものなのです。

ここで、箸休めもかねて、◇キャベツ 150円
CIMG1047 2
この店は、お通しがないので、この代わりみたいなもんです。しゃきしゃきしたキャベツを手ちぎりで食べるという昔ながらのやり方も楽しいものです。

お次は ◇生ホッピー(黒) 400円
CIMG1052 2
生ホッピーだけでも有難いのに、こういった「黒」「ハーフ&ハーフ」までもが揃っているのが素晴らしいところ。もちろん、美味さは、白にも負けません。またもや、幸せそのもの。

実は、深夜食堂3 第2話で登場した豚バラトマト串を注文したのですが、あいにくの売り切れ(T△T) 気を取り直して注文したのが、焼き物です。
CIMG1054 2
◇バラ、豚ナンコツ、カシラ・・・ どれも 100円です♪

ここで、キャベツを、もっと食べたくなったので追加です。
CIMG1058 2
普段なら、こんなに大量に食べることのないキャベツが、すんなりお腹に収まったのは、美味い生ホッピーのおかげでもあります。
あー 美味かった。 会計は、1930円。 毎日でも訪問したいお店です。

※2015.1.18 一部改訂 ※2015.6.28 一部改訂
自己紹介です。

趣味は、美味い煮込み探し、SF映画鑑賞、漫画を書くこと、園芸、テレビドラマ、80年代アイドル歌舞伎町定点観測、ご飯おかわり自由の店探しなど。 好きな言葉…根性 持ち歌…マジンガーz、オレンジの雨

飲酒開始まで、もうすぐだ!
ギャラリー
  • 毎年恒例の松茸土瓶蒸し@近くの築地日本海
  • 毎年恒例の松茸土瓶蒸し@近くの築地日本海
  • 毎年恒例の松茸土瓶蒸し@近くの築地日本海
  • 毎年恒例の松茸土瓶蒸し@近くの築地日本海
  • 毎年恒例の松茸土瓶蒸し@近くの築地日本海
  • 毎年恒例の松茸土瓶蒸し@近くの築地日本海
  • 毎年恒例の松茸土瓶蒸し@近くの築地日本海
  • 毎年恒例の松茸土瓶蒸し@近くの築地日本海
  • 毎年恒例の松茸土瓶蒸し@近くの築地日本海
ブログランキング、クリックしてね
メッセージ
記事検索
もしかして参考になるかも。
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ