煮込みは人生だ! 毎日を面白いばら色にする楽笑

人間、生きているうちが華 ・・・楽しんでこそ、人生です。 美味いものを、安く食べられるところを探します。

エスニック料理

いつ食べても美味いガパオ@オールドタイランド(新橋)

まさか暑さのせいじゃないでしょうが、自宅インターネットが、突然、不通になりました。
うんともすんとも言いません(•••もともと、音出ませんけど)

さあ、困った困った!

何しろ我が家は、アイフォン、アイパッド、パソコン•••計7台が無線LANをフル活用しているヘビーユーザーです。

これがマヒしたのですから、ひとたまりもありません。叫び声が家じゅうに響きました。

幸い、大至急で修理してもらったんですが、古いルーターがいかれており、買い換えることに。おかげで、動画もサクサクになりました。

終わり良ければ、全て良しとはこのことです( ´ ▽ ` )ノ


なんか、ホッとしたら、ガパオが食べたくなりました。久しぶりに、オールドタイランドに行くことにしました。

おおお! 

近くには、いきなりステーキ新橋店が出来てます。

裏通りなんですが、ここばかりは、人であふれています。流行りの店には、勢いがありますね。この店は、宿題店に取っておきましょう。

さあ、オールドタイランドに入店です。
CIMG3351 2
足を一歩踏み入れたら、すぐに、タイに来た気分になります。店内には、スタッフのタイ語が飛び交い、さながら現地みたいで、いい感じです。

ランチメニューから迷わず
 ◇ガイパットバイガパオ  ラートカオ 980円を選択です。
CIMG3354 2
まずは、スープと生春巻が供されます。
ただ、これだけで、エスニック感に、どっぷり浸かった感じです。

しばらくして、メインの登場。

実は、これを食べるのは、2度目なんですが、前回と同じく、美味しくいただきました。

美味いもんは、美味いんです。そして、必ず元気モリモリになれます。

さあ、15回目の北海道旅行に向けて、プランを練りましょうか?それとも、行き当たりばったりにしましょうか?

熟年ヲタオヤジ一人旅・・・楽しみです。
※2015.7.18 改訂

いろいろ付いてくるタイ料理ランチ@スコータイ(吉祥寺)

この日は、なんとなく、タイ料理食べたい気分でした。特に理由はありません(^^;) 

向かった先は、ネットで探し当てたアムリタ食堂。東急裏手にあります。
CIMG1155 2
しかし、平日にもかかわらず、このような客待ちが出来ておりました。いい店は、こんなものものです・・・あっさりと断念です。最近は、こういうことばかりです。

さあ どうしよう? そう言えば、途中にも、タイ料理の店があったな
・・・引き返してみることにしました。

スコータイ  武蔵野市吉祥寺本町2-20ー10
suko
地下にある店に足を踏み入れると、さすが老舗という風格が漂ってきます。貫禄というものが一面に広がります。テーブル席について、カウンター近くのテレビに、目をやると、バンコクのPRビデオが流れていました。

異国情緒を少し味わいながら、お茶を飲みつつ、料理を待ちます。
CIMG1163 2

注文したのは、◇カオ・バット・ガイ 945円。鶏肉(ガイ)入りタイ風チャーハンです。

トムヤムクンスープとサラダが先着です。
スープには、当然ながら、小エビも沈んで入っております。これを飲むと、「ああ、やはりタイ料理だな」と思うのは、万人共通でしょう。なお、サラダにも、タイ風ドレッシングが、かけられています。
CIMG1164 2

しばらくして、メインの皿が出されます。
CIMG1169 2
長粒種(おそらくタイ米でしょう)が使用してあるので、パラパラ感が楽しめます。
タイ特有のスパイシーな仕上がりとなっています。 酸味のあるトマトと、3切れのきゅうりが、アクセントになっています。言うまでもなく、パクチーは、マストアイテムです。

おかげで、家庭では決して真似できない味を堪能出来ました。

最後には、アイスクリームも出てきます。
CIMG1174 2

食事には、流れというものが大事です。今回は、淀むことないスムーズなもの。気持ちが良く、タイごはんを食べられました。ごちそうさん

※2015.6.10 改訂

女子にはさまれ、ガパオを食らう@クルン・サイアム(吉祥寺)

タイ料理店の上得意客と言えば、おひとり様の若い女子!

これは、全国的傾向ではないでしょうか?

いいや、そうじゃないぞ! うちの地方は、オヤヂだって来るぞ!
・・・という方がいれば、ご連絡ください。ぜひ、お友達になりましょう^_^

自分は、ヲタオヤヂでありながらのタイ料理ファン(少数派かもしれない?)です。

大好きなのは、ガパオですが、これは、6年ほど前、川崎チャオタイで初めて食べ、強い衝撃を受けたおかげです。 それ以来、四谷ジャスミンタイとか、機会あるごとに、食べてきましたが、この料理には、まずハズレがありません。あの辛味が存分に効いた挽肉は、クセになります。

暑い日が続く中、突然、ガパオが食べたくなり、行ってきたのが、
クルン・サイアム吉祥寺店

814426a8
店は地下にあります。

左手が逆L字カウンターで、右手がテーブル席。もちろん、おひとり様オヤヂが案内されたのは、カウンターのほぼ真ん中という特等席でした。
予想通り、ほぼ大半が若い女性ばかりです。覚悟はしていましたが、ここまでとは・・・いささか呆然としました。

◇ガイ・バッド・バイ・ガパオ・ラートカオ(→ガパオで通じます。)950円を注文。
まず、スープと生春巻が出てきます。
aa9d4910
ええじゃないですか!こういうのって、まさに、タイらしいです。スープのお味もハーブが効いて美味いんです。

すぐに、メインの登場です。ライスの量は、無料で大盛りにしてもらいました。
7682a867

4e99e0e7
気がつけば、両隣は、麗しい女子で、オヤヂはサンドイッチ状態になっておりました。こういったアウェー状況下で、ガパオを食わねばならないわけです。
同じサンドイッチ状態でも、男子にはさまれた吉野家とは気分はまるっきり違います。

腹式呼吸を数回してから、食べました(^^;)

会計を済ませ、立ち上がると、見えてきたのは、思いもよらない光景でした。

カウンターの一番端の壁側、人目が一番つきにくい席に、50代サラリーマンらしき男子が、体を丸めながら、食べていたのです。

急に、涙があふれてきました。

分かるよ。よーく分かる。あなたが、その席で、ゆっくりと食べたい気持ち。
・・・なにか、他人とは思えない共感を持ちつつ、店を後にしたのでした。
※2015.7.15 一部改訂

食べ過ぎ注意のタイ料理@SIAM CELADON(御茶ノ水)

注)現在、ランチのシステムが変更されています(ランチビュッフェ廃止


その昔、合コンした美人薬剤師が「私、タイ料理が好きなの、うふふ」と、しきりに言っていました。しかし、タイ料理を食べたことがなかったので、ただ頷くしかなかったのでした(^^;)

遅まきながら、50過ぎてのタイ料理デビューになりました。

今回は、御茶ノ水ソラシティー地下にあるこの店です。
SIAM  CERADON
eb275e01
タイ料理店は、どこも女子比率が高いので、覚悟しての入店ですが、予想通り、90%が、うら若き乙女でした。これでは、写真も、うかうか撮れません。

実は、「ここに、美味いスープカレーがある」というので訪問したのですが、残念ながら、午後5時以降の提供ということ。 しかしながら、ランチビュッフェもある(→現在、廃止)というので、おとなしく着席です。

なるほど、奥のテーブルには、所狭しと料理が並んでおります。もちろん、食べ放題です。これは、料理一品注文に対してのサービスです。

◇カオ・ソイ(チキンカレーヌードル)1180円を注文してから、一回目のビュッフェ突撃です。
空腹なので、ついつい、取りすぎになります。
687edc78
カレーも美味しくいただきました。

腹も膨れてきたところで、メインの登場です。見た目のインパクトは大です。スプーンに乗ったレモンは、味の予測の攪乱要因です。楽しみです。

器からはみ出た揚げ麺を、おずおずと、スープに沈め、柔らかくなったところで、口に運びます。レッドカレーにしては辛くないなと思ったその後から、辛さが攻めてきます。
7ed704e3

水を飲み飲み、二回目ビュッフェのサラダで、舌を落ち着かせて食べ始めます。
d4f01db6

すると、底の方から、太いうどんのような麺が姿を現したのです。これには、二度びっくりです。サプライズというものは、いいもんです!
2aa6a9b1

三回目は、タピオカミルクを取りに行き、一息つきました。
IMG_3704 2

やー、食い過ぎ飲みすぎました。

この後、”あの場所”に向かったことは言うまでもないでしょう。

※2014.6.24 全面改定
※2015.6.21 改訂(写真追加)

ランチビールが通常サイズでいい@Thai's(お台場 ダイバーシティー)

ダイバーシティー初訪問です。

東京には、ニュースポットが続々と出来ているというのに、もったいないといえばもったいない話です。年に1、2回しか上京出来なかった往時の方が、あちこち見て回ったのは間違いありません。

今回は、ガンダム側入口からの入場です。強い日差しで熱中症リスク大ということもあってか、ここには、人けは、ありませんでした。
039a8e22

ガンダムのことには、正直、詳しくないので、ここから先は勘弁してください。

さあ、何を食べようか? 

館内のエレベーターに乗ったとたん、そわそわしてきました。

レストランフロアには、様々な業態の店が、軒を連ねていますが、ここは、暑さに対抗すべく、タイカレーでまいりましょう。

Thai's
67acfb39

戸外を行軍していたので、まずは、水分補給です。

メニューを見ると、期待通り、”ビール”の文字がありますd=(^o^)=b
しかし、良く見ると、ランチビールとしか書いてありません。これだと、通常は、小さいグラスで供されるのが世の常です。

こちとら、小容量では、納得できない乾ききった体です。

思わず、店員さんに「普通の大きさのビールないですか?」と聞いてしまいました。

すると、「普通の大きさです」と、なんとも嬉しくなるお言葉が返ってきました。

これが、◇ランチビール 300円
22662e8d
店員さん、今まで疑っていてすいませんでした。

確かに飲みごたえのあるサイズで、通常であれば、500から600円はするものでした。

肝心の料理はというと、オススメの ◇マッサマンカレー 1200円
89a5b060

ムスリム由来ということですが、詳細は分かりません。ただ、タイカレーで例えるなら、イエローカレーに似ています。ココナッツミルクがよく効いていて、これゆえ、全体的に甘さを与えて、辛さが抑えられているのです。
これならば、辛さの苦手な人にも、おすすめができます。

ここでは、サラダのお替りができます。
f5976331

さらに、ライスのお替りも出来るそうです。メニューに書いていないので、聞いてみるもんですね。

ランチビールながらも通常サイズ、お替り自由のライスとサラダ
・・・サービス満点でした。

ほろ酔い気分で、りんかい線に乗り込みました。

※2014.11.22 全面改訂
自己紹介です。

楽笑

毎日をどうしたら楽しく過ごせるか?を、日夜、追及しています。

趣味は、美味い煮込み探し、SF映画鑑賞、漫画を書くこと、園芸、テレビドラマ、80年代アイドル歌舞伎町定点観測、ご飯おかわり自由の店探しなど。 好きな言葉…根性 持ち歌…マジンガーz、オレンジの雨

飲酒開始まで、もうすぐだ!
ギャラリー
  • 毎年恒例の松茸土瓶蒸し@近くの築地日本海
  • 毎年恒例の松茸土瓶蒸し@近くの築地日本海
  • 毎年恒例の松茸土瓶蒸し@近くの築地日本海
  • 毎年恒例の松茸土瓶蒸し@近くの築地日本海
  • 毎年恒例の松茸土瓶蒸し@近くの築地日本海
  • 毎年恒例の松茸土瓶蒸し@近くの築地日本海
  • 毎年恒例の松茸土瓶蒸し@近くの築地日本海
  • 毎年恒例の松茸土瓶蒸し@近くの築地日本海
  • 毎年恒例の松茸土瓶蒸し@近くの築地日本海
ブログランキング、クリックしてね
メッセージ
記事検索
もしかして参考になるかも。
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ