煮込みは人生だ! 毎日を面白いばら色にする楽笑

人間、生きているうちが華 ・・・楽しんでこそ、人生です。 美味いものを、安く食べられるところを探します。

テレビドラマ

黒糖焼酎飲みながらドラマ見る。ブルーベリー

吉祥寺コピスに入っている書店が、ジュンク堂。
先日、ぶらりと訪問したら、ちゃんと、まゆゆと稲盛いずみさんのサインがありました。

昨日は、この黒糖焼酎を飲みながら、「戦う! 書店ガール」第3話を見ました。
IMG_8197 2
この酒は、今回、水割りで飲むことにしました。黒砂糖と米こうじから作られるこの酒は、意外にも、辛口と言われますが、口当たりがとてもよく酔い心地もいいものです。

ほろ酔いになってきたところで、ドラマを見るわけですが、この中で、まゆゆが演じているのは、普段の笑顔を封印した仏頂面での役どころです。何でもストレートな言動なので、周囲との摩擦を起こしてしまうという損する面もありますが、あくまでドラマですから、ここは素直に見ましょう。また、コイバナも多少あるのが救いです。

一方、稲盛さん演ずる副店長役は、モテます。
自分も彼女みたいな人だったら惹かれてしまうことでしょう。いまどき、少なくなってしまったタイプの女性です。

まあ、どっちにせよ、恋のウダウダ話が、ドラマのメインとなっていますが、こういったたぐいに日常、全く縁のない身には、ファンタジーとして見ることにしています。
IMG_8199 2
今まで、焼酎と言えば、芋ばかりでした。こんな美味い黒糖焼酎を飲む機会がなかったとはもったいない話です。また、近くの酒店で探してみることにします。

今朝のブルーベリーです。日ごとの変化というものはないんですが、毎朝、10分くらいは眺めています。
IMG_8210 2
昨年は、同様に、花の根元が膨らんでいたのですが、この後、枯れ落ちるるという事態になりました。今年は、粒状肥料を追加しております。強い雨の時は避難させようと思っています。

さて、どうなりますやら。

吉祥寺が舞台のテレビドラマ2つ  超隠居術

現在、奇しくも、吉祥寺が舞台のドラマが二本放送されています。

心がポキットね

戦う!書店ガール


吉祥寺にはしょっちゅう来ているので、ジモピーと言っても良いでしょうが、見なれた場所が登場するのは痛快です。

まずは、「心が・・・」の方から。

男2名 女2名がおりなすラブコメディーです。

このうち何と言っても華なのは、今年50歳の山口智子さんなのでありますが、昔と変わらぬ美貌を保っているのに驚きです。普通なら、人生の垢が付いていても良さそうなのに、まるでない清潔感があるのです。奇跡と言えましょう。
もう一人の女性は、水原希子。すっかりのやさぐれキャラは、彼女の持ち味でしょう。今後、和製マリリンモンローと称されていくんでしょうか?

対する男性陣は、女性陣に比べ、やや優しい存在であります。

全体的にソフトな仕上がりですから、あまり構えずに見れるものでしょう。

次は、「戦う! 書店ガール」

これは、まゆゆと稲盛いずみのW主演で、書店を舞台に、ふたりの価値観の違いがぶつかり合いながら、しゅくしゅくとストーリーが進んでいきます。

まゆゆ演ずるのは、若さと生真面目さゆえ、ただひたすら突き進んでいくタイプの店員
稲盛さん演ずるのは、大人の女性で、自分を抑えながら、話を進めていくやや古風な副店長

仕事だけでなく恋愛もいろいろ・・・これからといったところです。

二本とも今後の展開が楽しみです。


「酒つま」に出ていた坂崎重盛さんの本「超隠居術」を手に入れて読んでいます。
IMG_8130 2

隠居
・・・この響きには、独特のものがあります。

父の世代から言わせれば、55という年齢では定年退職し、それなりの退職金や年金をもらい、悠々自適生活・・・それほど珍しくはなかったのですが、現代の高齢化社会ではそんな悠長なことは言ってられないわけです。

しかしながら、気持ちの持ちようだけは、「超隠居術」からおおいに参考になるものがあります。

それは、心豊かに毎日を過ごすということです。

書斎倉庫のある段ボールを開けてみれば、かつてハマったジャンルの本やらヲタグッズがたくさんありました。それをシゲシゲ見ているだけであっという間に時間が過ぎてしまうものです。また読み返すと懐かしさと共に、往時の思い出がよみがえってきます。

株式投資にハマっていた時(25年くらい前)は、日経新聞の注目記事をスクラップブックに貼りつけておりました。ネットもなかったので、玄関前で、新聞が届くのを待っていたりしたのも懐かしい。

アーティストライブが趣味のワイフは、チケットをアルバムに整理してあり、見せてくれましたが、たとえば、オフコースのチケットが3500円とか今では信じられない値段に、大爆笑。時の流れを感じます。

共に一生懸命楽しんできたからこそ言い合えるのです。

いつかは、悠々とした隠居出来る身分になりたいもんです。
楽笑隠居

家呑みばかり。 朝ドラ「まれ」

自宅には、いろんな酒が揃っているし、ワイフの手料理も最高
・・・というわけで、外で飲む機会がかなり減ってきました。

酒飲みの心が分かっている彼女だからこそ、アテになるふくやの辛子明太子やカボチャの煮物が添えてあったりするんです。
おのずと、焼酎のお湯割りがすすみます。そして、バイスへという流れです。

酔っぱらったら、書斎に籠り、寝るのですが、この時刻は、午後8時半前という早さ。
我が家はみんな寝るのが早いんです(^^;)

このブログでも昔から取り上げてきた朝ドラネタです。

久しぶりの現代劇である「まれ」でしたが、これが、結構面白いんです。

今までも、何かの目標に向かっていくヒロインというのは、珍しいものではありませんでしたが、今回は、安定志向の極めて強い姿に、いまだ、そのひたむきさは感じられません。

感じられるのは、とてつもなく大きな元気です。

このヒロインを演じるのが、土屋太鳳ちゃん。

「花子とアン」で、北海道へ嫁いでいく花の妹役からすれば、まったく反対の役柄ですが、演技力は、すでに、お墨付きで、安心して見ておられます。

このドラマの魅力を支えるのが、脇を固める名優たち。
みんなそれぞれ、キャラが立っていますから、相関も、すぐに分かります。こういうのが、いいんです。

「あまちゃん」と同じで、ツッコミどころもありますから、こういう点も楽しみです。

まだまだ始まったばかり・・・毎朝が楽しみです。

NHKBS ドラマ「ラギット!」 てんや(高円寺)

NHKも実力を認めたんでしょう。
芦田マナちゃん主演のスペシャルドラマ「ラギット!」が放送されました。

前篇後篇にわたるこのドラマ、脇を固める陣容がすごいです。
50代くらいの人間からみれば、嬉しい顔ぶればかりです。

ドラマのストーリーは、リベンジものになります。

自動車工場の娘である主人公が、小学生ながら社長業を引き継ぎ、だまし取られた3億円を、相手から取り返すというものです。

全体的な流れとして、それほどジメジメしたものでなく、どちらかというと、コメディー仕立てになっています。
だから、見ていても楽しいのです。主人公が小学生だからこその展開もあります。

このドラマ、芦田マナちゃんを主演にするために作られたものと言っていいでしょう。
彼女の良さは、多少、ませた演技ですが、今回も良くて、またひとつ実績が出来たといってもいいでしょう。
将来が楽しみです。


雨が降る中、てんや 高円寺店に行ってきました。

ここは季節限定メニューを出してくれるから、嬉しいです。

記録をたどると、3年前に同じものを食べています。その時の記事は、こちら

◇桜海老天丼 790円
美味かったです。

実は、この日、傘を忘れて、ずぶぬれだったんですが、冷たい雨にまいりました。

春よ 来い!

と唱えながら、タクシーに乗り込んだのでした。

便利なタクシー呼び出しアプリ。禁酒1ヶ月(^^:)

最近は、飲んだ後に、電車に乗りたくないので、可能な限り、タクシーを使います。
ただし、人員と場所にもよるんですけど(^^;)

タクシーを拾う場所が、街中で、流しや待ちの車が多いのであれば、問題はないんですが、自宅に来てもらうとなると、なかなか厄介です。

こういう時に、探していたら、便利なアプリを見つけました。

それは、東京無線のアプリです。
images11111
HPに行くと、ダウンロード出来ます(アイフォンもアンドロイドも可です)

初めて使ってみたのですが、これがなかなかの優れもので、ちゃんと指定された場所に、車がやってきました。
迎車料金310円はかかりますが、いちいち電話する必要もなく、使い勝手はいいです。

皆さんも試してみてください。


禁酒をして、ほぼ1ヵ月。前の禁酒は、8ヵ月でしたから、それに比べれば、かわいいもんです。

言っておきますが、肝機能はいたって正常です。肥満体からすれば不思議に見えますが、これは、親譲りの遺伝による皮下脂肪貯留型体型のせいでしょう。 

油断すると、すぐに、ベイマックス体型になるのは今に始まったわけじゃないですが、脂肪肝にならないのは、とても有難いことです(^^;)



またまた、テレビドラマの話です。

○○妻」は、キャストもさることながら、肝心の脚本がいいです。

契約妻の秘密が、小出しに暴かれていく小気味いいスピード感、決して先の読めない予想を裏切る展開、登場人物の度肝を抜かれる豹変ぶり、それでいて、堅苦しくはなく、これは、ドリフかい?と突っ込みたくなる古めかしいギャグ

・・・見るものを決して飽きさせないのです。

銭の戦争」は、意外と言っては何ですが、面白い内容です。

主役の草なぎのクールぶりは見ていて気持ちいいし、大島優子が、良い味出しています。
ジュディーオングが未だ現役で出演しているところも嬉しい所です。

流星ワゴン」は、最初の話はスピード感もあり、面白かったのに、急に、別のドラマか?というようなスローな展開になりました。これは、いささか残念です。

まっしろ」は、第一話の5分を見ただけで、やめてしまいました。今、再放送中の「梅ちゃん先生」と被って見えたせいもあるかもしれません(^^;)

マッサン」は、正統派美少女の優希美青ちゃんと、自然体ながら存在感抜群の黒島結菜ちゃんのツーショットが見もの。将来を背負って立つ予感。

他にもいろいろありますが、この時代、視聴率15%を取るというのが、いかに難しいか分かります。
ドラマの一部に、なにか社会現象を引き起すものがない限り、望み薄かもしれません。
自己紹介です。

趣味は、美味い煮込み探し、SF映画鑑賞、漫画を書くこと、園芸、テレビドラマ、80年代アイドル歌舞伎町定点観測、ご飯おかわり自由の店探しなど。 好きな言葉…根性 持ち歌…マジンガーz、オレンジの雨

飲酒開始まで、もうすぐだ!
ギャラリー
  • 毎年恒例の松茸土瓶蒸し@近くの築地日本海
  • 毎年恒例の松茸土瓶蒸し@近くの築地日本海
  • 毎年恒例の松茸土瓶蒸し@近くの築地日本海
  • 毎年恒例の松茸土瓶蒸し@近くの築地日本海
  • 毎年恒例の松茸土瓶蒸し@近くの築地日本海
  • 毎年恒例の松茸土瓶蒸し@近くの築地日本海
  • 毎年恒例の松茸土瓶蒸し@近くの築地日本海
  • 毎年恒例の松茸土瓶蒸し@近くの築地日本海
  • 毎年恒例の松茸土瓶蒸し@近くの築地日本海
ブログランキング、クリックしてね
メッセージ
記事検索
もしかして参考になるかも。
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ