煮込みは人生だ! 毎日を面白いばら色にする楽笑

人間、生きているうちが華 ・・・楽しんでこそ、人生です。 美味いものを、安く食べられるところを探します。

新中野グルメ

キング・オブ・チャーハンです@東遊記 陳(新中野)

ワイフが、淡路町のステーキハウスに行ったこの日、都合が合わず、いつもの新中野で、ひとり飯です。
IMG_0185 2

ちょうど、この本を読んでいる最中です。ひとり飯の楽しさが、面白おかしく書かれているのです。さすが、孤独のグルメの原作者です。大したもんです。この本、オススメです。
IMG_0225 2

今回は、B級グルメを楽しみにして訪問しました。
東遊記 陳
IMG_0188 2
お好きな席をということでしたので、店員さんの死角になりそうな入り口近くに陣取りました。この時点で、すでに、お楽しみひとり飯が始まっているんです。誰にも邪魔されることない、テレビも見れないような隅っこで、背中を丸めて、ひたすら楽しむわけです。ヲタですから、全く平気です。

◇瓶ビール 450円(税込)からのスタートです。今時、この値段で中瓶が飲めるなんて素晴らしい!
IMG_0196 2

ほぼ同時に出されたのは、手羽先唐揚げ。全ての料理に付くようです。甘酢に浸されたもので、ぴりっとした辛味もあってアテにはぴったり。隣の家族連れが、追加注文していましたが、これだと、1本 150円です。
IMG_0200 2

メニューには、いろんな料理が並んでいるんですが、ありきたりのものでは面白くないので、この品を頼みました。
◇パイコーカレーチャーハン(スープ付き) 680円
IMG_0205 2
パイコー(排骨)と言えば、個人的には、すぐに思いつくのが、「肉の万世」のパーコー麺です。意外にも、パイコー飯となれば、提供する店は都内でも少なくなります。その点でも貴重な料理です。

ご託はそれくらいにして、料理を眺めます。横から見ると、このような標高。頂上におわしますパイコーは、溶岩を思わせる男性的なものですから、こりゃ、ワシワシと食べないとバチが当たります(^^;)
IMG_0207 2

パイコーのカリカリした食感がたまりません。中は多少赤みがあるので、まさに肉を喰らっている実感がします。
IMG_0210 2

カレーチャーハンはというと、多少、しっとりはしていますが、これは、カレーがしっかりまとわりついたからのこと。美味くないわけがありません。
IMG_0212 2

たまごスープは、優しいお味。カレーで少しだけ痺れた舌を洗うのにはいいです。
IMG_0214 2

今回の素晴らしい点といえば、質も当然ながら、その量にもあります。パイコーはもちろん、レタスの混じったチャーハンは、かなりのボリュームがあります。途中、一休みしたのは久しぶりでした。
IMG_0216 2

最後まで、美味しくいただきました。ごちそうさん。
IMG_0218 2

あー それにしても、この(世知辛い)時代、税込680円という価格にして、この素晴らしい内容には、ただただ恐れ入るばかりです。ワイフが淡路町のエイジング・ビーフ ワテラスで食べたのが竹コースで、ドリンク入れて、一人7500円ですから、この10分の1ほどで楽しめたということになります。

他の一人客がよく頼んでいたのが中華丼。大きめの丼にたっぷりの具が乗っていて美味そうな品が、580円とはまたまたオドロキでした。次回は、この品にしようと思いながら、家路を急ぎました。

楽しいひとり飯、次は、どこにしましょうか?

暑くなったので、タイ料理@ラーンチャン(新中野)

7月上旬は雨ばっかりでしたが、久しぶりに晴れとなり、本来の夏らしくなってきました。こうなれば、体が欲してくるのが、辛い料理です。特に、タイ料理が食べたくなるのは毎度のことです。

今回は、新中野にまいります(最近、訪問多いです)
IMG_9548 2

いつも通り、エレベーターで地上に出て、数分だけ歩いた先ににあるのが・・・
ラーンチャン
IMG_9581 2

一人でしたから、二人掛けテーブル席に着座しました。タイ料理のランチタイムは若い女性が多いですが、この時間帯はカップルとかが多かったです。

ブログネタとしては、タイのビールが良かったんですが、
◇キリン 中びん 580円(税別、以下同様)
にしました。
IMG_9557 2
久しぶりの一番搾りは、口当たりが、まろやかな気がしました。

待つこと、14分で供されました。正直、待ち長かったです(^_^;)
◇ガイ・ガパオ・ラー・カオ 880円
IMG_9560 2

ガパオと言えば、目玉焼きが特徴ですね。見た目も大事です。
IMG_9563 2

唐辛子マークは、二つですが、結構な辛さでした。意外にも、ライスは、タイ米ではありませんでした。
IMG_9565 2

やはり、ここは目玉焼きで、味を軽くしましょう。
IMG_9567 2
黄身がとろりと・・・いうわけではありませんでしたが、かき混ぜて食べたら、辛さはややマイルドになりました。

写真で分かりづらいんですが、正直な話、この料理は、小ぶりなサイズでした。美味かったのですが、お腹が一杯というわけにはいきません。

もう一度、メニューを見返しますと、こういうサービスメニューが・・・
IMG_9559 2

◇ビールセット B 680円 を注文。
IMG_9574 2

8分して、おつまみの登場です。生ビールと一緒に出されたら、もっと良かったんですけど(^^;)、
IMG_9575 2

会計は、2311円。ごちそうさん。

※後日談
この料理のせいか分かりませんが、胃腸が大いに刺激を受けたようです。症状は、上から下へ移動。香辛料の動きに従っているようで、正直な内臓です(^^;)

やみつきになる南ばん麺@南ばん亭(新中野) 小泉八雲集

吉祥寺東急で、日本酒の品定め。1万円ほど買いました。今の時期は生酒が美味いそうで楽しみです。

この後、お腹が空いてきましたので、食べログで評判のいい店へ行きました。新中野駅で下車です。
IMG_8558 2

地上に出て、青梅街道を中野坂上方面に8分ほど歩くと見えてきます。
南ばん亭
IMG_8561 2
面白く曲がりくねったカウンター席に着座出来ました。お客さんが多かったので、座れたのはラッキーです。

まずは ◇瓶ビール 500円から。ザーサイは、サービスの品。
IMG_8565 2
歩き疲れた果てのビールだったので、余計に美味いです。

券売機で購入するのが基本ですが、常連さんになると、どうも、現金後払いもきくようです。また、現金でしか買えないメニューもあったりするのが、個人経営の店の良い点でしょう。一番奥の数少ない禁煙席は、超常連さんぽい方のようでした。

今回は、この店の看板メニューで勝負です。
◇南ばん麺(辛さ ふつう) 750円
IMG_8566 2
水菜とニンニクは加減してくれるということですが、今回はデフォルトです。

スープは、インパクトがあります。一見、スーラータンメンっぽいですが、ニンニクが入っているので別ものです。
IMG_8567 2

麺は、こういった感じです。トウガラシがまとわりついているのがおわかりでしょう。
IMG_8568 2
食べると、すぐさま、額はもちろんのこと、全身から汗が噴き出してきます。そうなんです。これはスタミナを付けるためのものなんです。

その証拠に、ニンニクが、このような感じでたっぷり入っているんです。
IMG_8571 2
あー 美味かった。これは癖になる味です。舌を鍛えられまいた。日ごろから、いろんな料理を食べておかないといけないですね。
それはそうと、帰りの電車の中、はニンニク臭くなかったかな(^^;)



急に、小泉八雲の本が読みたくなり、購入しました。
あの有名な「耳なし芳一」「ろくろ首」から読み始めました。
IMG_8582 2
読んだことがある方はおわかりでしょうが・・・
猟奇的な内容がふんだんに出てきます

多感な青少年には、ちと刺激が強すぎるかもしれません(^^;)
※2015.7.3改訂

クラシックな空気がここち良い(^^)@銀龍(新中野)

荻窪の中華料理店コンプリートを目指しているのですが、たまには、他の地区にも行ってみようと、メトロ丸の内線新中野で下車しました。

目指したのは、駅からすぐにある
銀龍
588f7fde 2
勇ましい店名ですが、中に入ってみると、まさに昭和の雰囲気がそのまま残っている、ほんのりとした気分になれる場所でした。

この日は非常に寒く、体も芯まで冷え切っていましたから、酒の熱燗から、まいりましょう。

◇両関 550円
08b138a3-s 2
秋田県湯沢の酒で、日本酒度 ・ 酸度 -2.5 ・ 1.2
淡麗で後味スッキリ、非常に飲みやすく、すぐに、体が温まってきました。

店内は飾りっけなんかはありませんが、店の人が黙々と仕事をしているさまが、すぐ目の前にあり、これだけで十分です。メシを作る人とメシを食べる人が、同じ空間にある安心さが心地よいのです。

白菜の漬物を食べ、新聞を読んで待ちましょう。
1f1d3a51 2
これが美味いんです。これだけでも満足です。

すると、すぐに供されました。
◇チャーハン 650円
2c5b16c6 2
美味い! 正統派の味に、思わず頬が緩みます。

スープも美味いです。 これって、チャーハンにとっては大事なことです。
e52012bc 2
食事というものは、ホッとする雰囲気というものが、とても大事なことだと再認識しました。

ごちそうさんでした。


この後、鍋屋横丁付近を腹ごなしに散策してみました。

かねてから、行きたかった「やる気」は相変わらずの満席で入れず残念。
その後、飛び込みで入ってみた某居酒屋は、どうも店の雰囲気になじめずに、店を出ました。

一軒目の「銀龍」で、楽しく食べられたから、この日は良しとし、バスに乗り込みました。
帰宅して、酒を飲み(何を飲んだか忘れました)、爆睡しました。おしまい。

※2015.6.23 一部改訂(新中野グルメ、カテゴリー新設)
自己紹介です。

趣味は、美味い煮込み探し、SF映画鑑賞、漫画を書くこと、園芸、テレビドラマ、80年代アイドル歌舞伎町定点観測、ご飯おかわり自由の店探しなど。 好きな言葉…根性 持ち歌…マジンガーz、オレンジの雨

飲酒開始まで、もうすぐだ!
ギャラリー
  • 毎年恒例の松茸土瓶蒸し@近くの築地日本海
  • 毎年恒例の松茸土瓶蒸し@近くの築地日本海
  • 毎年恒例の松茸土瓶蒸し@近くの築地日本海
  • 毎年恒例の松茸土瓶蒸し@近くの築地日本海
  • 毎年恒例の松茸土瓶蒸し@近くの築地日本海
  • 毎年恒例の松茸土瓶蒸し@近くの築地日本海
  • 毎年恒例の松茸土瓶蒸し@近くの築地日本海
  • 毎年恒例の松茸土瓶蒸し@近くの築地日本海
  • 毎年恒例の松茸土瓶蒸し@近くの築地日本海
ブログランキング、クリックしてね
メッセージ
記事検索
もしかして参考になるかも。
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ