煮込みは人生だ! 毎日を面白いばら色にする楽笑

人間、生きているうちが華 ・・・楽しんでこそ、人生です。 美味いものを、安く食べられるところを探します。

旧シリーズ#31-40

旧#40牛たん屋、煮込みのお味はいかがかな@響や(熊谷)

仕事がひけて、熊谷まで遊びに行く。なかなか訪れる機会がなかった初めての街だ。
熊谷駅正門を左に折れると、飲み屋が姿を現す。そこでひときわ目立つのが、この店だ。店内に入ったらすぐに、炭火のにおいがしてきた。
燗酒を飲みながら、体を温めることにした。

牛たん塩焼きを頼む。ここでは目の前で、店長が焼いてくれる。
7063c3e3
見事な牛たんが、焼かれる様子はいいものである。これを、一口いれただけで至福の世界へと誘われるのだ。
00158d70
肉厚です。たまらないお味です。
 
もつ煮込みも頼んだ。牛たん屋のものは、初めてだ。
afdaa945
牛もつに、大きい大根とにんじんだ。残念ながら、味はしみてなかった。
それはそうとこれらの料理によくあう酒はなんだろうと考えた。だんだん、面倒になり、トマトハイを頼んだが、これが意外に相性が良かった。何事も試してみるものだ。
★制覇まで、213杯★    (2007.1.5訪問)
※2015.7.30移植

旧#39 おめでたや煮込みと麦酒@鳥ぜん(大宮)

大宮で、いつものようにぶらつく。ルミネに入ったら、若き女性ばかりで完全な場違いを感じ取って、この店を出た。すると、ここは銀座通りである。小腹もすいてきたので、店を探して行き着いたのがこの店だ。
焼き鳥、釜飯の店だが、昼は定食を出している。同時に、酒飲み用に煮込みを出しているのである。祝賀用ビールを飲むことしばし、出されたのがこれだ。
◇もつ煮込み 480円

325b6457
ご丁寧に下皿までもついた贅沢な供され方である。白もつがメインの味噌ベースあっさり系である。

この煮込みで特筆すべきは、中のこんにゃくだ。

8563b8b2
このこんにゃくは絶品である。なにしろ歯ごたえがいい感じなのだ。オレも忘れるな!という主張が、伝わってくる。一皿に、二個だけの存在が素晴らしかった。

ここのもつ煮込みは看板メニューらしい。何しろ、頼む人が多すぎて、すぐに売り切れるらしい。自分は最後から二番目の客であった。

正月のめでたい席で、祝賀のビールとともに煮込みを食べる。こんなメデタイ話はない。

403c1a3c

すがすがしい気分で、店を出た。★制覇まであと214杯★

※2015.7.30移植

旧#38初体験!ラーメン屋で煮込み@一代元(上尾)

注)昨年、計算間違いで、#37欠番になっています。

正月だからと、おせち料理を食べるわけでもない年である。例年ならば、親戚一同が集まって、おせち料理をつまみながら、日本酒を飲み続け(焼酎もビールも)、カラオケを歌い、最後にはお茶漬けで〆るパターンではある。玄関先には、日の丸を掲げるから、さらに正月気分となる。

しかし、今年は、何か普通の連休といった感じである。それで、旧中山道沿いをドライブすることに決めた。そのうちに、お昼時になり、立ち寄ったのが、この「一代元」だ。かなりの大型店舗でありる。カウンターに座り、メニューを見れば、品数も豊富である。まず、らーめんとマーボー豆腐を頼んだのであるが、メニューを見直すと
モツ煮込みがサイドメニューとして載っていた。らーめん屋の煮込みってどんなのだろう?と、オーダーした。

♪キマシタ   ◇モツ煮込み  400円

20842185
シロをメインにしたやわらかモツ煮込みである。味噌ベースであるが、甘口であるから唐辛子をかける位がちょうどいい。サイコロ状の豆腐は、脇役に徹している感じである。

煮込みをラーメン屋で食べるのも初体験ならば、昼間、それも酒も飲まずにというのもめったにない体験である。
いつもと、感覚が違う。

忘れていてましたが、もちろん、らーめんも食べた。

◇黒一味噌らーめん 780円
313e2e1b
もやしも大量に載っているのに、熱々の黒味噌スープが刺激的であった。
aa0d8c74
正月から、このような無謀な食べ方をしている自分が可笑しく思えてきた。この組み合わせを見たら、必ず痛風や高血圧にあると心配するお方もいようが、そんなことを考えたら何も食べられなくなってしまう。ただ前進あるのみだ。

★制覇まで、あと215杯★ガンバルゾ!(昨年9月に一杯漏れありました・・・)

※2015.7.30移植

【現状不明】旧#36 煮込みの道は困苦だね@華興(赤羽)

さいたま新都心のコクーンで映画を見るつもりが、湘南新宿ラインでなんと赤羽まで来てしまった。ウダウダいっても仕方がない。

今日は元旦だ。赤羽と言えども、チェーン店以外で開いている店は少ない。そんな中を、煮込みとホッピーを置いている店はないかと探し当てたのが、この中華料理店である。正直言って、うらびれているから迷ったのが入った。これも煮込み制覇のためである。

入るといきなり70くらいのおばちゃんの図太い声が・・・おおお、何じゃと思いつつ、ホッピー(個人用)を頼む。
それから、メニューに出ていた煮込みをオーダー。カウンターで待つことに。

白味噌ベースに、シロを中心に煮込まれた柔らか煮込みである。

90955e97
こんにゃくも、デシャバラズ黙々と自分の役割を果たしている。中華料理店と言いながら、なかなか本格派だ。

ここまでは、通常のパターンで全く言うことはなかった。ここからが問題だ。

着物姿の70過ぎの元祖自己虫御婆がやたらカウンターの席の紳士に絡んでいた。それがシツコイのなんのって、うるさいのだ。そのうち、ぼくにも絡んできた。いわゆる酒癖の悪い人なのである。マイッタマイッタ。

自分は単純に煮込みを食べにきただけである。一年前の九州居酒屋「○○なす」以来の不愉快な気分になった。

しかしである。煮込みを253件制覇するに当たっては、困難も付きまとうのが当たり前の話だ。そんなに順風満帆のことなんかないに決まっている。どんな気分でもあろうが、煮込みとしては、一杯は一杯だ。

★制覇まであと217杯★

気を取り直して、赤羽の町に繰り出した。

※2015.7.30移植

旧#35 真昼間から煮込みとホッピーのダブル堪能@もりちゃん(神田神保町)

昨年のネタですがご勘弁を。

天鴻餃子房で、お腹いっぱいになってから、神保町のアイドル専門古書店で暇つぶしである。飯島愛のカレンダーが結構な値段(8000円)もするのに驚いたら、急にホッピーが飲みたくなった。

神田神保町のど真ん中にあるわけないだろと、半ばあきらめていたら、飛び込んできたのが、この光景である。ホッピー提灯は赤々と点灯されている。


3b64de59
そりゃ行け!と酔いの勢いもあって突入した。中は、焼き肉がメインのようだ。店内には、昔のホーロー看板とか都電の走る神田界隈の写真が掲げてある。昭和ノスタルジックの世界で料理を楽しめるのである。

まずは、ホッピーである。
中国人らしい店員さんに、「ホッピーね」と頼んだが、ちゃんと通じた。マドラー、氷入りのグラスに運ばれてきた。謝謝。

次に、メニューを見たら、ありました。煮込みが・・・
◇味自慢 もつ煮 350円

9eb52295
驚くのは、このこってり具合である。もうとろとろになっていて、こんな煮込みには出くわしたことがないと思ってレンゲですくってみた。

91561728
実は、具材にじゃがいもが入っていて、とろとろの状態は、煮込まれて型崩れしたじゃがいものせいだったのだ。

そのほかには、モツはもちろん、ニンジン、こんにゃく、ねぎが程よく煮込まれていた。

年末のあわただしい真昼間から、神田で飲んでいるヒマオヤヂは、中を追加した。昼間のアルコールは、幸福感を増長する。店を出たら、かなりの赤ら顔だが、そのままで、東西線で森下へ向かった。
(2006.12.30)

★目標まであと 218杯★ 
※2015.7.30 移植

自己紹介です。

趣味は、美味い煮込み探し、SF映画鑑賞、漫画を書くこと、園芸、テレビドラマ、80年代アイドル歌舞伎町定点観測、ご飯おかわり自由の店探しなど。 好きな言葉…根性 持ち歌…マジンガーz、オレンジの雨

飲酒開始まで、もうすぐだ!
ギャラリー
  • 毎年恒例の松茸土瓶蒸し@近くの築地日本海
  • 毎年恒例の松茸土瓶蒸し@近くの築地日本海
  • 毎年恒例の松茸土瓶蒸し@近くの築地日本海
  • 毎年恒例の松茸土瓶蒸し@近くの築地日本海
  • 毎年恒例の松茸土瓶蒸し@近くの築地日本海
  • 毎年恒例の松茸土瓶蒸し@近くの築地日本海
  • 毎年恒例の松茸土瓶蒸し@近くの築地日本海
  • 毎年恒例の松茸土瓶蒸し@近くの築地日本海
  • 毎年恒例の松茸土瓶蒸し@近くの築地日本海
ブログランキング、クリックしてね
メッセージ
記事検索
もしかして参考になるかも。
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ