煮込みは人生だ! 毎日を面白いばら色にする楽笑

人間、生きているうちが華 ・・・楽しんでこそ、人生です。 美味いものを、安く食べられるところを探します。

旧シリーズ#61-70

旧#65 塩煮込みも、何もかもがただただ美味いっす@西口やきとん(浅草橋)

にこけん定例会は、今回の幹事coldginさん推薦の浅草橋・西口やきとんで行われた。

CIMG8735 2

一足先に浅草橋に到着したので、駅周辺を歩いてみたが、なかなか渋い店が多そうである。呑み助には、たまらんのです。時間通りに、この店で、にこけん定例会がスタートした。ここは入り口から中ほどまでが立ち飲みスペースである。
今回は、いつものメンバーに加え、蒼龍さんを迎え、五人・・・奥の方のテーブルという特等席である。まずは、ビールで乾杯、のどを潤してから、料理を頼んだ。

CIMG8736 2

”にこけん”ということで、いうまでもなく、この一品もである。お客の間を縫うようにして運ばれてきたのが、待望のお品の登場である。

◇塩煮込み 150円

ada015c4

珍しい”塩煮込み”では、またも竹の子という煮込みではレアな具を見ることができる。根菜類もかなり充実し、こんにゃくも、しっかり入っている。結構食べ応えのある ヘルシーな煮込みである。
いつもの通り、煮込み談義に花が咲く。そして、次から次へと話題はてんこもりだ。盛り上がっていくのは嬉しい。ビールの後は、◇ホイスである。

450e1f24

チューハイの元祖といわれるこの酒は、いろんなリキュールが入っているが、あのセレブな町”白金”で製造されているそうな。これを下町でいただくというのもオサレだ。飲みやすいので、ぐいぐいいってしまう。一杯280円なり。
ここは何を食べても美味い。出てくるものは、例外なく美味いのだから、思わず舌を巻いてしまう。

カシラ、気管、などなどやきとんは全て大振りでしかも肉のうまみが閉じ込められていた。

e54e6941

「山芋」も、焦げた醤油の香りが素晴らしい。こりっとした食感がまたいい。

78cb20ad

店の方は、客が引きもきらず、絶えず満杯の状態であった。人気の理由は、このような美味い一品の数々とお手ごろ価格のせいだろう。自分も、住まいが近くなら、しょっちゅう行くだろう。美味い酒、料理の連続で楽しく、一次会を終えることができた。皆様、ありがとうございました。

☆制覇まで、あと188杯☆にこけん定例会、万歳の一品

※2015.8.14移植

旧#64 じっくり牛もつのデミグラスソース煮込み@ダイニングバー程々(南浦和)

今度は南浦和駅西口に移動した。こちらに、ひときわおしゃれな店構えのダイニングバーがある。

CIMG8687 2

店内は若い人で、大賑わいである。自分は、大きなカウンターのど真ん中にすわる。酒は、黒糖焼酎「れんと」をお湯割でいただく。

CIMG8690 2

濃さをどうしましよう?と聞かれたので「普通目に」と頼むと、大き目のグラスに注がれてきた。これがまた程よい濃さなのであった。美味い。480円という値段もお手ごろである。


程よい酔い加減になってきると、美味い煮込みが食べたくなった。というわけで頼んだのが、この一皿である。
◇牛もつじっくりデミグラスソース煮込み 620円

3f1c6265

店長さんが、「ガーリックトーストが合いますよ」というので、早速これも頼むことにした。

254c6283

5594b028

ガーリックトーストを手でちぎり、煮込みにつける。何か、ディップソースにつける感じであるが、これがまたすこぶる美味い!思わず、トーストのお代わりをしてしまったのは、この煮込みを最後の最後まで楽しみたいという欲望のためである。この幸せ体験は、赤羽「七が瀬」の素晴らしい一品に比肩するもので、美味いデミグラスソースは、一言で表現出来ない深みがあるのである。

居酒屋探しの醍醐味というのは、思わぬ場所で、思わぬいい店に遭遇することにある。居酒屋の達人に言わせれば、「相性の合う店は三割あって良し」ということらしいが、そう思う。もっと最上級のものを求めるなら、「千三つ」だろう。
さて居心地を演出するのは、何と言っても、スタッフの人柄にある。ここは、その面でも言うことはない。居心地良し、料理良しの店に一度足を運んでほしい。
これの一品、「牛すじ」「煮込み」という名前が、含まれているので、煮込みの一杯にいれさせてもらった。

 ☆制覇まで、あと189杯☆まだまだ、先は長いです。
※2015.8.13 移植

旧#63 珍しい四角容器の煮込み@田舎亭(南浦和)

その気分の良さによって、大宮、赤羽、上野と目的地を帰るが、今回は南浦和にした。以前、yochyさんが南浦和を取り上げていたこともある。工事中の浦和駅で乗り換える。(完成すれば、浦和駅は、新宿湘南ラインの停車駅になる)

京浜東北線で、南浦和に下車、西口を歩く。そこで、見つけたのが、「田舎亭」である。

CIMG8671 2

中にはカウンターがなかったが、四人から五人座れる小上がりのテーブルに一人座るという贅沢な状況になった。 
◇もつ煮込み 420円

029d2491

もつ煮込みは、頼んでから出てくるまでに時間がかかった。大鍋ぐつぐつといったものではなさそうだ。白もつ、にんじん、大根、こんにゃく、豆腐 

うーん・・・これのコメントは差し控えさせていただきます。もつの大好きな方は、運ばれてきた時の香りに心奪われることになるでしょうが(^^;)

さて、ここの◇突き出し(450円)については、申し分ない。

CIMG8675 2

蛸、甘エビ、赤身・・・どれも美味い

ここには、いろいろ、変わったメニューがあって面白そうだった。試してみる価値はありそうだ。

☆制覇まで、あと190杯☆もつは、下処理が大事です。

※2015.8.13 移植

旧#62 煮込み、生ビール、林檎ハイ@杯一(東十条)

見知らぬ町で、酒場を捜すとなると、サケノミとしての自分の感覚を信じるしかない。

東十条駅前で、店先にある大きなタヌキの置物だけを信じ、店に入った途端、この判断が大正解だったことは、すぐに分かった。

38363716

なにしろ、アットホームなのだ。居心地がすこぶるいい。U字カウンターに座るお客さんはもちろんだが、カウンター内の愛ちゃんがいい。実に笑顔のカワイイギャルなのだ。彼女に生ビールと煮込みを頼むと、スマイルをしてくれた(ウレシー)
生ビールは、ほぼ一気飲みした(→のどの渇きで) 実はホッピーがあったのだが、後で気付くという大失態を演じたが、彼女は、カウンター内にある大鍋から、煮込みをよそおってくれた。
これぞ、煮込みのお手本だ。やはり、頼んで、即出てくるという吉野家的スピードは大事なのである。
◇煮込み360円 味噌ベースに、白もつ、こんにゃく、葱というシンプルなものだ。 

67c25aa3

 これにどんな酒を合わせようか?

e8a41374

中年オヤヂは企んだ。
愛ちゃんに、林檎ハイを作ってもらおうっと…こういった飲み物は、彼女が目の前で手づくりしてくれる。彼女のあまりの可愛さに、他のお客さんからも注文が入る。
最初に言ったように、ここは、アトホームな店だ。隣に座っていた Iさんと、すぐにすっかり意気投合した。
彼の紹介で、この後に、カラオケスナックへ行った。一時間飲み放題歌い放題で1600円。
楽しく歌っていると、埼玉への終電の時刻が迫ってきた。名残惜しく、東十条を後にした。
☆制覇まで、あと191杯☆一杯の重みを杯一で感じました。
※2015.8.13 移植

旧#61 オヤヂも感激!丁寧な仕事の煮込みだ@三貴(新小岩)

電車を乗り継いで、新小岩駅で下車だ。ここから、東京天然温泉「古代の湯」に向かうためだ。

しかし、ちょうどお昼時だ。腹も減ってきたし、酒も飲みたい。というわけで、駅からすぐの小道にあって、大きな看板が目立つこの店に入ることにした。

CIMG8565 2

ここは、午前11時から営業している大衆酒場である。すでに、地元のオジサマ方でいっぱい、カウンターへ腰を下ろした。突きだしをつまみながら、ビールを飲んでいると、頼んでいた品の到着だ。

◇煮込み400円

354953a2

豆腐を付ければ、50円増しである。ちなみに牛すじ煮550円というメニューもある。

来てみてびっくりしたのは、仕事が丁寧なことである。ニンジン、こんにゃく、大根が約1センチのさいころ状に切られている。これだけではない。モツも十分に煮込まれている。この程よい煮込み具合と言うのが絶妙で、珍しく最後の一滴まで完食してしまった。

にこけんの決まりごとで、SB七味唐辛子の瓶を目盛りにするというのがあるが、ここにはなかった。よく考えてみれば、この唐辛子がありそうでないのだ。今後は持参する必要があるだろう。

またさらに飲みたくなったが、あまり酔うと、温泉に入れなくなるからストップした。程よい気持ちで、送迎バスの場所へと急いだ。

☆制覇まで、あと192杯☆ようやく、1杯減りました。
※2015.8.9移植

自己紹介です。

趣味は、美味い煮込み探し、SF映画鑑賞、漫画を書くこと、園芸、テレビドラマ、80年代アイドル歌舞伎町定点観測、ご飯おかわり自由の店探しなど。 好きな言葉…根性 持ち歌…マジンガーz、オレンジの雨

飲酒開始まで、もうすぐだ!
ギャラリー
  • 毎年恒例の松茸土瓶蒸し@近くの築地日本海
  • 毎年恒例の松茸土瓶蒸し@近くの築地日本海
  • 毎年恒例の松茸土瓶蒸し@近くの築地日本海
  • 毎年恒例の松茸土瓶蒸し@近くの築地日本海
  • 毎年恒例の松茸土瓶蒸し@近くの築地日本海
  • 毎年恒例の松茸土瓶蒸し@近くの築地日本海
  • 毎年恒例の松茸土瓶蒸し@近くの築地日本海
  • 毎年恒例の松茸土瓶蒸し@近くの築地日本海
  • 毎年恒例の松茸土瓶蒸し@近くの築地日本海
ブログランキング、クリックしてね
メッセージ
記事検索
もしかして参考になるかも。
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ